Category: デリバティブ

抵抗勢力、イノベーションを拒む人々

「価値はゼロではないが、明らかに手間暇に見合ってない仕事」は、ひとつひとつは小さくても、積み重なるとグループ内 […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 8/9~クレジットアーブ・割安状態の解消

バブルの歴史 これも日米の資本市場格差を見つめる上では、非常に参考になる本だ。 ウォールストリートの歴史 2/ […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 7/9~期待値負のギャンブルに挑め

P.52  筆者個人の話だが、チャート分析家の意見・コメントを気にしたことは無い。新聞では、そういったコメント […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 6/9~裏か表の確率は50%ではない

2-3 モンテカルロシミュレーションの悩み P.75 ~76  サイコロを振るとやめらない 確率計算ができる人 […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 5/9~トレーディング業務でのAI活用

ついでながらに、「にわか機械学習」病の俺の発言をさらに加えると、当時、ブロックのプライシングモデルは、市場デー […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 4/9~職人芸の非論理性

P.73~74 そもそも、オプションマーケットが存在していれば、取引価格から逆算されたボラティリティ(インプラ […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 3/9~正規分布と対数正規分布

2-2 ボラティリティは何を選ぶべきか? 20年以上前のことだが、会社の研修で米国人講師が”ボラタリティ”と連 […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 2/9~プレスリリースの奇怪な日本語

1-6 第三者評価機関の能力 P.43 新株予約権のプレスリリースにて 「割当先の権利行使については、モンテカ […]

Read More »

三田氏を斬るシーズン3 1/9~現金決済と現物決済のエコノミーの差

俺もしつこいねー。三田さんが本を出版されるたびにいちいちブログに取り上げることにしている。約1年近くブログは停 […]

Read More »

オプションの期待値は株より高いと思ってるの?

とある先輩と談義の中で。先輩は現在、株式の運用だけで暮らしている無職(失礼)だが、もともと金融業界というわけで […]

Read More »

日経レバ2(1570)アンダーライングのフォワードのバリュエーションについて

最近、日本市場では日経レバ2のETFが売買代金トップとなっているようだ。市場としての品位と参加者の質がうかがい […]

Read More »

GPIFデリバティブ解禁かお悩み中? 2/2 プロ向け曲解

株の自主運用認めず、GPIF巡り社保審、政府・与党で最終判断へ。 2016/02/09 日本経済新聞  公的年 […]

Read More »

GPIFデリバティブ解禁かお悩み中? 1/2 一般向け解釈

新聞記者がGPIFの真意を理解できているのか?というのは極めて疑問ではあるが、新聞経由の情報で、将来のGPIF […]

Read More »

2015年のオプション市場と私の戦略

オプションの損益とリスク認識の主観性について、前回述べたので、今回はもう少し具体的な取引、取引戦略にまで踏み込 […]

Read More »

2015年投資一族のオプション取引の成績

オプションのリターンやリスクの定義は難しく、多かれ少なかれ、主観的要素が入らざるを得ない。2015年の成績を振 […]

Read More »

オプション取引約2周年記念、トランザクション分析

S&P500のListed Optionの取引を始めて、約2年が経った。取引戦略については既に何度か […]

Read More »

一族アセットマネジメント採用試験 解答例=運用の実態

これは私自身の運用の結果なので、その実態もよく知っているのだが、細かいところまでは覚えていない。単純にグラフだ […]

Read More »

一族アセットマネジメント採用試験ヒント3/3~デリバ的米国市場解説

暴落対策であるダンシングドラゴンはただの戦略名であり、その収益は、私のトレーディングによって左右される。何度も […]

Read More »

一族アセットマネジメント採用試験ヒント2/3~私の手癖・収益源泉

博打は人間性(癖)があらわれるとよく言うが、トレーディングも全く同じである。 2013.04.04 投資・投機 […]

Read More »

一族アセットマネジメント採用試験ヒント1/3~手法のまとめ

勉強熱心なオプションオタクの個人投資家が多いようなので、一度まとめようと思う。また金融機関でデリバティブのトレ […]

Read More »

一族アセットマネジメントの公開採用試験・問題

デリバティブで作る暴落対策のその後として、2014年のデリバティブ運用の成績を見つめていたら、ちょっと自慢した […]

Read More »

バイナリーオプション取引講座(プロ用)

ちょっと美人が登場するとすぐに反応する馬鹿どもめ。って俺が一番反応してるかな? 2009.09.01 バイナリ […]

Read More »

アウトオブザマネーのプットは意外にヒットしない

下げに対する備えの難しさについて、前回書いたところ、いく人かの読者から、意見を頂いた。 先物の売りやプットの素 […]

Read More »

新オプション取引戦略の考案 3/3~時間と供に変化する損益曲線

カレンダー・プット・スプレッドの集合は結局、上がっても下がってもダメな典型的なガンマショートポジションなのに何 […]

Read More »

新オプション取引戦略の考案 2/3~基本はカレンダースプレッド

前回、暴落対策というのがプロ・アマともに如何に厳しいか示したのだが、長い上昇相場に耐える暴落対策はいかなる形に […]

Read More »

新オプション取引戦略の考案 1/3~暴落対策の難しさ

新戦略をダンシングドラゴンとする。このダサいネーミングセンス良いでしょ? 真面目っぽくて。当然だが、ダンシング […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 8/8~デリバティブを内包するエクイティファイナンス

第6章 第三者割当ビジネスの隆盛と衰退 第1節 MSCBとはMoving Strike Convertible […]

Read More »

外資系金融の終わり 1/2~ファンマネとセルサイド・トレーダーの違い

またイタい本です。なんかもっと真面目な本読めよ! 中国のエネルギー問題とかインドネシアの歴史とか… […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 7/8~理論値と期待収益に対する疑問

今日は三田氏を斬るステージ2のクライマックスで~す。トレーダー諸君(ネット・トレーダーじゃねーぞw)、特にデリ […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 6/8~現物株でもありえる怪しい評価益

スワップ取引をブッキングした瞬間に真の評価益が出るから、インチキが周囲にすぐばれるはずだ、と思うでしょう。いや […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 5/8~神がかった営業力・スーパーセールス

第5章 トレーディングの現場 第1節 上澄み液を吸うデリバティブとレーダー 証券会社のセールスは、強欲で顧客を […]

Read More »

続・オプション・トレーディングにおける個人投資家とプロの違い、グリーク(リスク指標)の見方

プットを買いまくって、金利リスクがえらいことにw 米国で得意の暴落待ちポジションを作る、Volatilityを […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 4/8~大崎さん、巻き添え食らわしてごめんなさい

第4節 日本で流行するか、ライツイシュー エクイティファイナンスの手法として、日本では公募増資が大半を占めてお […]

Read More »

オプション・トレーディングにおける個人投資家とプロの違い

金融機関のマーケット・トレーディング部門で働く諸君らにとって、私のオプションの取引手法は、想像に難くないつまら […]

Read More »

三田氏を斬るステージ2 1/8~信者が居るほどに偉大な三田氏

デリバティブ業界のことをまったく知らない人のために解説すると、三田氏はミタではなく、サンダと読みます。三田氏は […]

Read More »

日本市場のライツイシューの歴史(2014年5月時点) 2/2

4.ライツイシュー発行後の株価の推移 日経新聞の記者如きにライツイシューの説明は無理なので、この私が、実際に計 […]

Read More »

日本市場のライツイシューの歴史(2014年5月時点) 1/2

ライツイシューとは、増資に応じる権利の発行である。もう少し細かく表現すると、有償増資に応じる権利の無償発行であ […]

Read More »

第5次タイ攻略 後編 10/14~鬼の農協

リーラムのご家族の喫緊の課題はコーンの値段、政府(おそらく農協だが)買い取り価格が去年9THB/kgに対して、 […]

Read More »

2013年の投資一族 勝つこと、勝ち続けること、それが一番大事

あけましておめでとうございます。数値が出揃ったところで2013年の世界の株式市場を振り返ってみます。年末にも少 […]

Read More »

米国オプション市場で遊んでみた 2/2 ~市場特性

・激しいVolatility Term Structureと低ボラティリティ S&P500 Inde […]

Read More »

米国オプション市場で遊んでみた 1/2 ~実質的に狭いAsk/Bid

初めての米国市場のオプション取引なのだが、やはり実際にやってみないと、わからないこともあるので、それを書いてみ […]

Read More »

S&P500のオプションも、はじめちゃいました

東証・大証併合、Listed Option的には、行使価格が125円刻みになってからしばらく経った時期から、中 […]

Read More »

最適行使モデル主題による交響的変容 2/2 ~離散配当

1.離散配当 2.転換時期制限(これが無ければ全ての点で、行使価値と継続価値を比較するわけだが、一般に個別株の […]

Read More »

最適行使モデル主題による交響的変容 1/2 ~商品性と必要性

新株予約権、アメリカン・オプション、従業員ストック・オプションなど、最適行使モデルによるバリュエーションが必要 […]

Read More »

広報担当者必見、ストックオプションのプレスリリースのひな形を見直すべき

従業員の株式報酬型の新株予約権系、すなわちストックオプションのニュースは、ファイナンスが絡まないので素通りする […]

Read More »

プロが書いたブログを斬る、証券業界人は今日は読んで笑って

面白いブログを見つけました❤ 感情的にムッとしないでくださいね、私はファンですから。ちゃんと読み込んでいないと […]

Read More »

誰が見てる? 長期のボラティリティ

読者さんよりコメントいただいたので、説明いたします。貴重なご質問ありがとうございました。 長期のVolatil […]

Read More »

ボラティリティ・インデックス、VIXとは何か?

既に書いたことだが、あまりにも誤った記述が氾濫しているボラティリティ・インデックスについて、再度、書こうと思う […]

Read More »

新株予約権付社債のリパッケージとは(SONYソニー、2017年満期、転換価格957円)

新株予約権付社債=旧称・転換社債=英訳・Convertible(以降CB)ですが、CBの行使価格は2017年満 […]

Read More »

初めてのオプション取引 2/2 ~天才が作るオプション・エクセル

ここで言及している計算方法は、いわゆる業界標準の計算方法とかなり異なる。しかし、“いわゆる業界標準 […]

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes