Category: デリバティブ

初めてのオプション取引 1/2 ~口座開設・取引まで

個人投資家としてオプションを取引するのは初めてという、”ど素人エキゾ”です。こんばんは […]

Read More »

女帝 ドキュメンテーションのプロ

私の新人時代の話であるが、配属が決まった後、配属先の事業本部下の部課長が自分の担当の仕事について、新人向けに説 […]

Read More »

S&P500が1600を突破する確率50%超 確率を買うには?

記者が悪いのか、ビリニー氏本人の発言に問題があるのか? は不明だが結果としてできる文章がバカ丸出し発言になるか […]

Read More »

2013年の日本株 ファンドマネジャー、ストラテジストはこう見る

各社の予想であるが、これを記録して、来年に当たった外れたなどという幼稚な冷やかしは、素人諸君等にお任せしよう。 […]

Read More »

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 5/5 ~TreeのGreeks計算

Binomial TreeにおけるGreekの計算について 原則としてGreekは両側数値差分で計算するならば […]

Read More »

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 4/5 ~バミューダンのバリュエーション

ある時刻τと満期の2回だけ行使可能な最もシンプルなバミューダンをモンテカルロでバリュエーションしてみよう。 モ […]

Read More »

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 3/5 ~最適行使問題

バミューダン・オプションにおける最適行使判断を行うプロセスについてBinomial Treeを用いて解説してい […]

Read More »

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 2/5 ~Treeとモンテカルロの基本構造

では実際にBinomial Treeとモンテカルロを使い、幾何ブラウン運動を想定して、European Cal […]

Read More »

アメリカン・オプションをモンテカルロするのが難しい理由 1/5 ~ペイオフ・アプローチ手法・モデル

最近、アジア放浪記化しているので、たまには初心者向けにデリバティブでも書こうか。とはいえ、かなり気をつけても、 […]

Read More »

エース交易内紛の原因 新株予約権について

何やらもめごとかな? どうしたのどうしたのぉー? 第三者割当やってたんだ・・・ http://www.acek […]

Read More »

早期償還条項付 参照株式株価連動社債(パナソニック株式会社)銘柄概要

久しぶりに見たな、個別株のエキゾチックものPublic Offeringだ。設定日は9月5日らしい。わかるか? […]

Read More »

ファンド会計士の質問が素人すぎてワロた

日本語訳しちゃうと俺の作為的な意訳になってしまうので、原文のままの方が、素人ぶりが露骨に表れてていいだろう。 […]

Read More »

野村日本株投信(豪ドル投資型)1208設定日

8月20日が設定日のようだが、全国の営業マン達の努力により、たくさん集められたことをお祈りしよう。同シリーズ1 […]

Read More »

CMS CapはVega LongだがFloorは?

CMS CapはVega LongだがCMS Floorはそうとは限らないのは何故か? というのが私が問われた […]

Read More »

Calender Spreadのススメ3 ~期待通りの期待値曲面

Call Optionの素ロングとCalender Spread(CALD)を比較してみたが、そこで用いたグラ […]

Read More »

Calender Spreadのススメ2 ~株価と時間軸上の損益曲面

5月10日の記事で、Calender Spread(CALD)の有用性について書いたのだが、とある読者がツイッ […]

Read More »

アメリカン・オプションの早期行使

フィックスド・インカム(FI)、金利デリバティブのトレーディングをやっている後輩が、「投資でも始めるか」と言っ […]

Read More »

秋の夜長の東証デリバティブ祭り オンデマンドTV

http://www.tse.or.jp/learning/seminar/hasei/111130a.htm […]

Read More »

FIAに行ってきました

Futures Industry Associationなのだが、TFX(東京金融先物取引所)が日本語訳を作っ […]

Read More »

個人投資家オプションマニアの会

なんだか会について言及している非参加者の人がいました。 7階に上がると、開催されるセミナーの一覧がありました。 […]

Read More »

マドフ事件管財人がノムラとABNを提訴-約36億円

アービング・ピカード(Irving Picard)氏ががんばっています。 何を根拠に訴えているんだろう? ずー […]

Read More »

日本のオプションは最も割安な水準

割安ねぇ・・・相対的にIVが低いと言った方が良いね。日本のVolatilityは歴史的には欧米諸国より若干高い […]

Read More »

リソーのMSワラントファイナンス

何かと思ったら、12日に発行した新株予約権(ワラント)をドイチェが引き受けている。(笑 お手盛り、ポジショント […]

Read More »

%Gammaとは何か?

いわゆる、デリバティブの価格をf、Underlyingの価格Sとした時に、 デルタは、 (Share&#821 […]

Read More »

8/11 かば子決定 天才がデザインしたかば子

5月末日に応募を締め切り、6月末には発表とされていたかば子が、1ヶ月以上遅れて選定された。 その結果は下記の東 […]

Read More »

欧州銀行ストレステストとADRの株価

Jul 12 2011 バークレイズ、米コールオプション売買高急増-健全性審査の結果待ち 【記者:Jeff K […]

Read More »

アップル製品は利休好み?

ジョブズ氏が言う「つまらないものは捨てろ」の意味 抜粋しよう。 米アップルは米グーグルを抜き、世界で最も価値の […]

Read More »

東証マスコットキャラ「かば子」募集要項

「かば子」募集要項 東証に代わって、この俺が宣伝してやろう。 1、趣旨 株券オプション(通称「かぶオプ」)につ […]

Read More »

先物・オプションのブローカレッジリスクはトレーダブル

ひまわりHD新安値、子会社証券で決済損不足金80億円発生 – 11/04/08 ひまわりホールディ […]

Read More »

史上最大のボロ儲け ~ポールソンの追い討ち 6/6

2008年2月20日ポールソンはベアースターンズ最高執行責任者であり最高財務責任者であるサミュエル・モリナロか […]

Read More »

史上最大のボロ儲け ~一人で笑うポールソン 5/6

8月、金融市場はますます脆弱化しているようだった。ポールソンはその年100億ドルという驚異的な利益を上げていた […]

Read More »

史上最大のボロ儲け ~タイミングの違い 4/6

一方西海岸では、ジェフリー・グリーンが深刻な損失を被っていた。グリーンはポールソンがファンドをスタートさせる数 […]

Read More »

史上最大のボロ儲け ~懐疑的な投資家 3/6

ボストンのゴテックス・ファンド・マネジメントでヘッジファンド投資を担当していたリチャード・リーボヴィッチは会談 […]

Read More »

ButterflyはなぜVolga Longなのか?

2008年10月16日 Butterflyとは? Volatility Smileの存在理由  でコメントが集 […]

Read More »

史上最大のボロ儲け ~儲け損ねた男達の遍歴 2/6

マイケル・バリー 2003年、2億5000万ドルの顧客資金を運用し、年間500万ドルの利益を上げていた。200 […]

Read More »

Dupireのセミナーに行ってきた 1/2

聴衆を見た感じ・・・んーーーーー??? なーんかオタクな顔つきしてねぇなぁ・・・、女性がいるし・・・ いや、差 […]

Read More »

噂の真相 ドイツ銀:韓国でデリバティブ取引禁止処分

これなに? 誰か教えてぇん。 Feb 23 2011 ドイツ銀:韓国でデリバティブ取引禁止処分-4月から6カ月 […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~最高の投資機会

投資方針 税金と手数料を払ったら負け。 投資機会 馬鹿か金に困っているヤツを探せ。 以上。 これが私の思う投資 […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~天才たちの誤り特集

1998年の初め、ロングタームはエクイティ・ボラティリティを大量に売り始めた。ブラック=ショールズ理論をそのま […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~崩壊への序章

1995年、ロングタームのデリバティブ残高は6500億ドル程度だった。その後二年間で倍増し、1兆2500億ドル […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~彼らの投資戦略

ロングタームが認めようが認めまいが、債券アービトラージの秘密はもう秘密でもなんでもなかった。1990年代後半に […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~天才が描く収益設計

マートンが究極の理論家なら、ショールズは理論を実践で試す巧みさで賞賛を浴びた。マートンが控えめなのを裏返したよ […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~天才たちの傲慢

他の部門が苦戦する中、アービトラージはしだいに発言力を強めていった。ヒリブランドは会社を相手に投資銀行部門を廃 […]

Read More »

マドフ詐欺事件被害者に72億ドル返還へ

正義感の強い、良い息子さんだったのでしょう。ご冥福をお祈りいたします。 Dec 12 2010 マドフ受刑者の […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~天才たちの奇行

メリウェザーの試みは、ふたつの好環境に恵まれなければ、間違いなく失敗に終わっていた。 裁定機会がたっぷりあった […]

Read More »

最強ヘッジファンド LTCMの興亡 ~メリウェザー

ジョン・メリウェザー ギャンブルを好む一面があったが、賭けるとすればオッズにうまみがあって確実に儲けが見込める […]

Read More »

シブすぎデリバに男泣き ~たとえ報われなくても触れていたい

しかし、その真髄は デリバティブは愛だ。 理解できない読者のために解説しよう。 「デリバティブは愛、我が人生、 […]

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes