Category: 読書

イスラーム国の衝撃 4/4~インターネットメディア利用

電脳空間のグローバル・ジハード 「イスラーム国」の知名度が世界的に高まったのは、巧みなメディア戦略の影響が大き […]

Read More »

「孫子」の読み方 1/3~ビジネスへの応用は疑問

経営の指針もしくは参考に兵書や戦記物を読み、さらに『作戦要務令』まで研究する、また「海軍式経営法」などという雑 […]

Read More »

イスラーム国の衝撃 3/4~超国家的存在へ

アル=カイーダ関連組織の「フランチャイズ化」 アル=カイーダ中枢は、パキスタンとアフガニスタンの国境地帯に潜伏 […]

Read More »

餃子の王将社長射殺事件 3/3~色々な問題

ゴルフ場に異常融資した理由 王将と王将が100%出資している子会社の「キングランド」(05年に解散)が極めて不 […]

Read More »

統計学が最強の学問である

なぜ統計学は最強の武器になるのだろうか? その答えを一言でいえば、どんな分野の議論においても、データを集めて分 […]

Read More »

中国の正体 5/5~独裁者の権力への固執

大躍進政策が描いた夢想 1958年の共産党八全大会二次会議は第二次5か年計画を決定し、工業と農業の飛躍的発展を […]

Read More »

イスラーム国の衝撃 2/4~アフガニスタンにおけるアメリカ

追いつめられるアル=カイーダ ターリバーン政権が瞬く間に崩壊していく中で、アル=カイーダも主要な人員を失った。 […]

Read More »

餃子の王将社長射殺事件 2/3~九州地縁

王将は1967年、福岡県出身の故加藤朝雄氏が京都・四条大宮に1号店を開いたことでスタートし、順調に業務を拡大し […]

Read More »

池上彰と考える、仏教って何ですか? 2/2~日本で

日本ではまず国づくりのために仏教が導入されたため、国家の体制の安定や天皇の安寧を祈ると言う役割が求められました […]

Read More »

中国の正体 4/5~独裁者への批判

勝敗を分けた戦略-隠された社会主義の汚点 戦略上見逃せないのは、内戦の帰趨を決定した満州の軍事状況である。満州 […]

Read More »

イスラーム国の衝撃 1/4~グアンタナモの報復として

指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーは、2010年に「イスラーム国」の前身組織「イラク・イスラーム国」 […]

Read More »

餃子の王将社長射殺事件 1/3~殺害現場の状況と警察

事件は2013年12月19日午前5時40分頃、京都市山科区西野山射庭ノ上町の「王将フードサービス」本社前で起き […]

Read More »

池上彰と考える、仏教って何ですか? 1/2~中国へ

仏教では人間の持つ根本的な煩悩を三毒(貪り、怒り、愚か)としています。貪りというのはもっと欲しい!と欲張る心で […]

Read More »

中国の正体 3/5~形式的な農地解放

中国の労働運動をめぐる不可避的対立 中国の労働運動は、国民党員や共産党員たちにより、国共合作が成立する以前の1 […]

Read More »

三陸海岸大津波 3/3~太平洋を越えた津波の伝播

三陸海岸に明治29年の津波につぐ大津波が来襲したのは、昭和8年3月3日であった。この大津波の来襲前には、明治2 […]

Read More »

聖書の常識 6/6~キリスト教と暦の関係

ユダヤ教三派の中で、一番進歩的で柔軟性があったのはパリサイ派だった。三派の中でキリスト教と最も多くの共通性を持 […]

Read More »

中国の正体 2/5~マルクス->ボルシェヴィズム->毛沢東主義

マルクス主義の宗教的性格 マルクスの予言は、資本主義社会の矛盾を克服する救済の道筋として、人々の感性に強く訴え […]

Read More »

三陸海岸大津波 2/3~現在と変わらない被災後の惨状

岩手県南九戸郡野田村駐在巡査 遊佐左仲がいる。午後8時20分頃、野田村駐在所から1キロほどの地点まで来た時、か […]

Read More »

聖書の常識 5/6~律法体制

律法は現代も生きている たとえば、食べ物についての規定などでも、外部からみると「掟の上に掟を立てる」でどんどん […]

Read More »

中国の正体 1/5~建国当初最高位は毛沢東以外にもう2人いた

幹部と呼ばれている共産党員たちは、1980年代半ばまでは、一級を最高位とし24級を最下位とする等級制度に区分さ […]

Read More »

三陸海岸大津波 1/3~津波の不気味な前兆

明治29年(1896年)6月-「前例を見ない大漁だ」 当時の大豊漁については現在87歳の高齢で岩手県下閉伊郡田 […]

Read More »

聖書の常識 4/6~旧約聖書はいつ完成したか

南王国を滅ぼしたのは、北を滅ぼしたアッシリアではなく、それに代わって興隆したバビロニアであった。そして、それか […]

Read More »

金融工学、こんなに面白い 2/2~デリバティブとは?

現実の金融取引の中には、「オプション」と名づけられてはいないが、これと同様の機能を持つものがある。例えば、保険 […]

Read More »

ハイデガー=存在神秘の哲学

またも失敗だ。最初に読んだ、木田元氏の「ハイデガーの哲学」はまあまあ良かったのに・・・。2冊続けて失敗です。難 […]

Read More »

聖書の常識 3/6~イスラエルとヘブライは同じか

イスラエルといい、ヘブライ(ヘブル)ともいう。またユダヤという言い方もある。これらは同じ意味なのか、違うのか。 […]

Read More »

金融工学、こんなに面白い 1/2~新しい経済学として

人々はランダムを信じない チャートや罫線の有効性が実証分析で否定されるにもかかわらず、これらが一向に廃れないの […]

Read More »

ロベスピエールとフランス革命 4/4~議員特権

金融界のスキャンダルによって、ジャコバン派の大義にさらに害が加えられた。このスキャンダルに、ジャコバン派の幹部 […]

Read More »

聖書の常識 2/6~歴史書として

20世紀で最も進んでいる学問 聖書学 聖書学という学問があり、これは聖書考古学、聖書史学、聖書文献学、聖書語学 […]

Read More »

しんがり 山一證券 最後の12人 5/5~JR売出価格高騰のため大蔵省の陰謀

「『飛ばし』は、損害保険会社の頭のいい人が考えたアイデアなんだよ「と言い出したのである。そして、三木は損保業界 […]

Read More »

ロベスピエールとフランス革命 3/4~恐怖政治

ロベスピエールは生まれつき平和な人間で、暴力と流血を憎んでいた。彼は国王の処刑ののち、これ以上死刑はあるべきで […]

Read More »

アメリカ覇権という信仰

ドル崩壊論、日本国債・日本円暴落論者とは基本的な考え方が合わないのかなー。超つまんねー本だったw FRBが保有 […]

Read More »

聖書の常識 1/6~聖書は一冊の本ではない

現在の日本聖書協会発行の「旧・新約聖書」の目次を見れば、旧約は創世記からはじまって39冊の本、新約はマタイによ […]

Read More »

ロベスピエールとフランス革命 2/4~ジャコバン派

1791年夏のロベスピエールの下宿移転は、彼の生き方に変化をもたらした。家主のモーリス・デュプレイは繁昌してい […]

Read More »

しんがり 山一證券 最後の12人 3/5~飛ばしの管理人

2600億円の簿外債務を、実際には誰が管理しているのか、という根本的な疑問である。「簿外債務」という塊がポンと […]

Read More »

ロベスピエールとフランス革命 1/4~王政と憲法

まもなく革命によって解体されようとしていたフランス社会の古臭い構成において、僧族および貴族の二特権身分と、特権 […]

Read More »

孔子 日本人にとって論語とは何か 2/2~宗教と慣習の違い

孔子が最も具体的に偉いところは「子は怪・力・乱・神を語らず」に要約されると教えていただいた。紀元前500年とい […]

Read More »

しんがり 山一證券 最後の12人 2/5~黒幕の行平会長

三木「次の会長は君に頼みたいんだよ」 五月女「え、こんなところで突然、言われましても・・・」 三木「わが社の状 […]

Read More »

孔子 日本人にとって論語とは何か 1/2~本場中国と解釈の違い

論語が決定的な影響力を持つようになったのは、言うまでもなく江戸時代です。当事は四書(大学、中庸、論語、孟子)、 […]

Read More »

しんがり 山一證券 最後の12人 1/5~小池隆一

「なぜ自主的に廃業しなくてはいけないんですか!どうして会社更生法はだめなんですか。営業権譲渡など、他に生き残り […]

Read More »

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 5/5~日本郵政社長の苦闘

郵便貯金の預入限度額は金融自由化への対応を理由に、なし崩し的に拡大され、1988年には300万円だったのが3年 […]

Read More »

皇族に嫁いだ女性たち 4/4~皇室スキャンダル

醜聞 宮家の古着 敗戦後、天皇家は温存されたがその権限は縮小された。直宮ではない宮家皇族や家族なども多くの特権 […]

Read More »

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 4/5~銀行再編

1998年には大和銀行から難題が持ち込まれた。しかし私は内心期待に胸を膨らませた。発端は大和銀行の救済だった。 […]

Read More »

皇族に嫁いだ女性たち 3/4~華族から平民へ

夫と実子を亡くした北白川宮能久親王妃富子 能久親王は戊辰戦争において輪王寺宮公現親王と称し、旧幕府側に担がれた […]

Read More »

ヴェニスの商人の資本論 3/3~「見えざる手」を「見る」

スミスの言う「見えざる手」とは、市場における価格の需給調整作用のことであるのは言うまでもない。スミスの文章を現 […]

Read More »

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 3/5~住専と赤字決算

1994年になると、株価や不動産価格が下がる一方で、住専の危機が社会問題化していた。そんな切迫した状況になって […]

Read More »

皇族に嫁いだ女性たち 2/4~女王の婚家 女王の嫁ぎ先

「維新以後の女王」71人の女王すべてが結婚したわけではない。夭折・早世して適齢期までその生涯を全うできなかった […]

Read More »

お釈迦さまの脳科学 4/4~日本で浄土教は念仏を唱える宗教に

すべてのお経は漢語訳されたときに道教や儒教の思想が混入しています。特に奈良時代や平安時代に中国から輸入された浄 […]

Read More »

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 2/5~磯田一郎の時代

イトマン事件については既に当ブログで取り上げているのでこちら↓ 2011.01.11 http://www.i […]

Read More »

ヴェニスの商人の資本論 2/3~中央銀行券発行は富の形成

英語のどの受験参考書にも例文として載っているように、”The proof of the puddi […]

Read More »

皇族に嫁いだ女性たち 1/4~皇室典範改正

男系男子による皇位継承問題は、過去に小泉純一郎内閣において皇室典範改正の動きがあり、男女に関わらず出生順位によ […]

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes