Category: 読書

お釈迦さまの脳科学 3/4~大乗仏教には大天才が生まれた

当時の口語であるパーリ語で経を残した上座部仏教は正しいと言いました。しかし、上座部が忘れている事があります。そ […]

Read More »

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録 1/5~預金集めの毎日

日本経済は高度経済成長期とはいえ、戦後間もない時期で経済に厚みが無く、常に外貨が不足していて、すぐに「国際収支 […]

Read More »

ヴェニスの商人の資本論 1/3~利潤とは価値体系の間にある差異

サレーニオとサリーリオ、あるいはサリーリオとサレーニオ-お互いに取替え可能な名前を持ち、お互いに取り替え可能し […]

Read More »

お釈迦さまの脳科学 2/4~最先端の物理学、数学では神は否定された

1980年代以降、科学の世界では大きなパラダイム転換を迎えます。不完全性定理は、クルト・ゲーデルによって193 […]

Read More »

フェイスブック若き天才の野望 4/4~ライバルと協力者

ザッカーバーグの長期的枠組みと確実に議論の余地なく一致するビジネス戦略をまとめるために、サンドバーグ会議の参加 […]

Read More »

解任 マイケル・ウッドフォード オリンパス元CEO 4/4~改革失敗

結局のところ、ジャイラスおよび国内3社買収に関する巨額の支払いは、以前の経営陣から引き継がれてきたバブル期前後 […]

Read More »

お釈迦さまの脳科学 1/4 ~日本には仏教は伝わっていない

実は歴史を振り返ってみると、控えめに言っても、日本に「本当の仏教」が伝えられたことはなかったのです。ご存知のよ […]

Read More »

フェイスブック若き天才の野望 3/4~開放と公平性

自分自身をどこまで世間に見せるべきか。これはフェイスブックが我々に突きつけた重要な課題である。私はフォーチュン […]

Read More »

解任 マイケル・ウッドフォード オリンパス元CEO 3/4~報道

23日には「ニューヨーク・タイムズ」が佐川とアクシーズ・ジャパン証券の中川昭夫のジャイラス買収への深い関与を報 […]

Read More »

世界最大級プライベートエクイティ投資会社の日本戦略 カーライル 2/2

クオリカプスのどこに企業価値を上げる余地があったのか。旧株主の塩野義は日本企業の目線でクオリカプスをとらえてい […]

Read More »

臆病者のための株入門

橘玲好きなんだけどなぁ。この本はかなり酷い、本当に本人が書いたのかな? 株式市場に対して、素人が中途半端にモノ […]

Read More »

フェイスブック若き天才の野望 2/4~女は写真好き

「ぼくらが写真を見る時、何をまず一番気にするだろうって考えた。それは誰が写っているかじゃないかって思いついた」 […]

Read More »

解任 マイケル・ウッドフォード オリンパス元CEO 2/4~火種

解任された10月13日の2ヶ月前のこと・・・ 記事の見出しは、「オリンパス-『無謀M&A』巨額損失の […]

Read More »

世界最大級プライベートエクイティ投資会社の日本戦略 カーライル 1/2

米国では大企業の株主が非常に短期間、つまり1年か2年で企業を売却してしまう。極端なことを言えば、株主が所有者で […]

Read More »

フェイスブック若き天才の野望 1/4~大学内SNSとして

フェイスブックは75種類の言語で運営されており、活動中のメンバーの75%はアメリカ以外の国民だ。フェイスブック […]

Read More »

解任 マイケル・ウッドフォード オリンパス元CEO 1/4~生え抜き社長

私は21歳でオリンパス傘下のキーメッド社に入社して以来、オリンパスに30年の歳月を捧げ、思いがけなくもその社長 […]

Read More »

ハイエク マルクス主義を殺した哲人 3/3~平和的商業主義

お金の自由こそが幸福の源 貨幣はこれまで発明されてきた自由の道具のうち最も偉大なものだ 計画経済は独裁的な方法 […]

Read More »

武富士対山口組 3/3~株式上場へ

彼が大蔵省銀行局長時代はサラ金地獄が社会問題化していた。サラ金など百害あって一利なしとたたかれた時代に、サラ金 […]

Read More »

ハイエク マルクス主義を殺した哲人 2/3~民主主義下の独裁

民主主義と社会主義にはたった1つ共通しているものがあるという指摘も紹介されています。ド・トクヴィルのいう共通点 […]

Read More »

武富士対山口組 2/3~ファミリー企業群

武富士の暗部を最もよく知る男が元同社渉外部長の藤川忠政である。藤川は昭和50年3月、国士舘大学経済学部を卒業し […]

Read More »

虚構のアベノミクス

実質賃金の低下こそが、「アベノミクス」の本質だ。円安の負の側面のうち、とりわけ問題なのは電気料金の引き上げだ。 […]

Read More »

ハイエク マルクス主義を殺した哲人 1/3~全体主義とナチス

これ、日本人読んだほうがいいかも。 『隷属への道』の読み方 19世紀の後半からのおよそ100年間、世界で最も社 […]

Read More »

武富士対山口組 1/3~警察との癒着

武井保雄会長は広域暴力団山口組系後藤組の後藤忠政組長との交流と、彼に金銭を贈っていた事実を認める発言をしている […]

Read More »

ハイデガー 存在の謎について考える

シリーズ・哲学のエッセンス という副題を見るべきでした。著者の方はハイデガーを理解しているのかもしれませんが、 […]

Read More »

溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 4/4~お金の作り方

ウィンホテルのロレックスショップでド派手な時計(1個300万円もした)を10個一気に購入した。お代は締めて30 […]

Read More »

エンロン内部告発者 6/6~最後

エンロンが様々な会社への株式投資をヘッジするために作ったラプター(ファストウによる出資による)は、エンロンから […]

Read More »

ハイデガーの思想 4/4~現存在の時間化

存在了解にせよ世界内存在にせよ、現存在において現在・過去・未来といった時間の場(ホリツオント)が開かれることに […]

Read More »

溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 3/4~カジノの仕組み

最近の麻雀はデータの統計もしっかり取られていて、一発ツモの確率まで計算されている。一発ツモの確率とはある統計で […]

Read More »

エンロン内部告発者 5/6~電力自由化の下の悪意ある供給者《超重要、読め》

カリフォルニア州の市民の生活はダボール発電所があるインド・マハラシュトラ州のそれに似始めていた。停電は頻発し、 […]

Read More »

ハイデガーの思想 3/4~本質存在と事実存在

存在了解 存在とは何か。 ハイデガーは少なくともこの時点で、この問いへの-たとえ後に修正せざるを得ないものであ […]

Read More »

溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 2/4~経営者として

経営者として心がけたことの一面を抜粋すると、きわめて真っ当なことをおっしゃっており、非論理性=感情が支配する日 […]

Read More »

エンロン内部告発者 4/6~電力トレーディング

1998年第一四半期、トレーダーらは試行錯誤の果てに、トレーディングの規模を拡大すればもっと金が稼げるという感 […]

Read More »

ハイデガーの思想 2/4~書かれなかった下巻

アメリカの文学批評家ジョージ・スタイナーは1918年から1927年までの10年間にドイツ語圏出された一群のほん […]

Read More »

溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 1/4~疑惑の数学的センス

マリーナ・ベイ・サンズは単なるリゾートホテルではない。このホテルの中にあるカジノでは、ギャンブラーたちが大金を […]

Read More »

エンロン内部告発者 3/6~会計士と評価方法

アーサー・アンダーセンは1913年「真っ当に考え、率直に話す」をモットーに、監査法人を設立した。大恐慌の間、同 […]

Read More »

ハイデガーの思想 1/4~理解するために

「存在と時間」でハイデガーが何を言おうとしていたのか、未だ理解できずw まぁ予想通りだが、何冊か買ったので、何 […]

Read More »

グッドウィルで380億円を稼いだ男 3/3~ソチ人工島計画

クリスタルは昭和49年に林純一が設立した株式会社綜合サービスを前身とする会社で平成15年には主に人材派遣や業務 […]

Read More »

エンロン内部告発者 2/6~集まるスタッフたち

マークレベッカは、1982年にファースト・シティを退社、その破綻を予期していた。同行が潰れたときには、彼女はす […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 6/6~リギイ族の巨人

果たしてもう長く待つことはなかった。突然真鍮のラッパの鋭い音が響くと、それを合図に皇帝のポディウムの正面に格子 […]

Read More »

グッドウィルで380億円を稼いだ男 2/3~香港での監禁、強盗

2008年9月5日 「チャカ出せ、チャカ」中澤の盟友である澤田三帆子が、男4人を引き連れて香港にあった中澤所有 […]

Read More »

エンロン内部告発者 1/6~ガスビジネス

エキゾ予想。日本における電力自由化、電力の市場化は、日本に第二のエンロンを生むきっかけになるだろう。というわけ […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 5/6~囚われのリギア

> クリスト教徒が幽閉されていた「臭い窟」 エスクィリヌスの牢獄は、火災を阻止するために家々の穴蔵を利用して急 […]

Read More »

グッドウィルで380億円を稼いだ男 1/3~国税局強制捜査

「中澤秀夫の所得税法違反で一斉査察なんですが、いまどちらですか?」 まずい、私がいたマンションはマルサが狙って […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 4/6~十字架にかけられるクリスト教徒

> 宙釣りの刑 観物はクリスト教徒同士の格闘から始まるはずとなり、その目的でクリスト教徒は格闘士の装をして、職 […]

Read More »

徹底抗戦 4/4~ガバナンス体制

宮内氏らによる「お金の横領」が発覚したのである。 そもそも私は宮内氏を全面的に信頼していた。宮内氏を信頼してい […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 3/6~大火のスケープゴート

> 猛獣、犬に食われるクリスト教徒 さてプラエフェクトゥスは合図をした。するとさっき格闘士を死の場に呼び出した […]

Read More »

徹底抗戦 3/4~拘置所の暮らし

検察庁ではクレジットカードやら携帯電話を押収され、そのまま逮捕。拘置所へと護送されることになった。拘置所に連れ […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 2/6~キリスト教徒処刑。猛獣の餌@コロセウム

アフリカではティゲリヌスの要求によって、その地方の住民全体が参加しなければならない大掛かりな狩が行われた。アジ […]

Read More »

クオ・ワディス(下) 1/6~ローマの大火を見ながら歌を歌うネロ

ティゲリヌスはプラエトリア兵の全部隊を集めてから、近付いてくる皇帝に矢継ぎ早に飛脚を送り、火災がますます激しく […]

Read More »

クオ・ワディス(中) 2/2~ローマの大火

プラエトル軍の主力は兵営に待機して都内を警戒しその秩序を保っていた。それが通り過ぎると列になったネロの虎と獅子 […]

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes