タイ全土落下傘計画2015 2/15~安心のオーダーメイド服屋

2日目、おしっ、まずは銀行だっ! その前に日本のクレジットカードを忘れてしまったので、SGDを両替しておこうとタニヤ・スピリットへ。タニヤの酒屋ですが、店の奥で両替に応じてくれる有名店です。ちなみにその日のSGDTHBはインターバンクで24.5に対して、店の提示額は24.4なので、約0.4%のスプレッド。まぁ、シンガポール・ラッフルズプレイスのアーケードが0.25%だったのでそれより悪いですが、店にとっての自国通貨売りレートだと考えるとまずまずといったところ。
激安ホテルにセイフティーボックスは無いですが、私のセイフティーボックスは入れるとどこでも使える優れもの、俗に言う銀行のATMサービスだ。これさえあればセイフティーボックスのない激安ホテルでも全く問題ない。しかし1年ぶりのタイ。暗証番号を忘れてしまい、3回間違えてATMでカード没収。しょうがないので、窓口で預金をして、さらにパスポートを出してカード再発行。再発行手数料は無料でした。これで札束君とお別れ。すっかり軽くなって買い物だッ!
お昼ごはんは、タニヤの和風中華料理の桃太郎。わかりますか? 日本で食べるノンリアル中華で、レバ野菜炒め130THB+ご飯50THBです。ここ、味が良いので気に入ってます。
まずはズボンをオーダーメイドするために、スクンビット、ソイ8のサイアム・エンポリウム(日曜休業)へ。実は昨日の日曜日、店が休みでがっくりしていたら、店の前にいたトゥクトゥクが「ボスは今別の店に居るよ」と言って無料で店に連れて行ってくれました。Siam Armaniにという店でソイ3の奥にあり、私が知っているのはソイ8とアソークの2店舗だけ。でも彼のシャツに「Emporium」ってロゴまで見せられて、「俺のボスなんだ」という言葉に信頼性があったのですが、やっぱり偽者だということが判明しました。なんだかちょっと強引な感じで、値段も怪しいのです。
siam-emporium-tailors.jpg
ここSiam Emporiumは、そういったことは一切無く、価格交渉は不要。「化繊のレーヨン、テンセル系でズボンを」と言えば、無駄に違う高い生地を薦めてきたりはしません。生地を選んでズボンの形を選んで、価格は2200THBと2400THB。ちなみに昨日のアルマーニはこの4倍の8000THBが提示額でした。そこから1/4までしつこく交渉するの面倒でしょ? 信頼のSiam Emporiumはスクンビット・ソイ8、日曜休日です。ズボンはT+4でしたが、急げといえば早くしてくれると思います。
バンファイパヤナーク観測計画 2/11 ~バンコクのオーダーメイドシャツ


次はサンダル。サンダルはスクンビット・ソイ3です。店は全部で6~7店舗だと思いますが、私がいつも買っていた店はなくなっていました。ここに来ればお洒落サンダルありますので、サンダルにこだわる諸君はソイ3へ。私は500THBと900THBのサンダルを買いました。頑張ればもう少し安くなったかもしれませんが原則、言い値が1200THBだとしたら900THBくらいまでは簡単に下がります。ここはSiam Emporiumと違い、少し交渉が必要です。
ナナは撤退。シーロムに戻って、スリウォン通りの眼鏡屋さんへ。
春のタイ 前編 ソンクラン前 2/9 ~タニヤのチイママ
2013年時点では、レンズに色入れると300THBアップでトータル1409THBであったが、今回1500THBで乱視を入れると2500THB。う~ん、日本で作ったほうが安そうだ・・・。ということで眼鏡は諦めました。
夜はナコンファノム三姉妹のうち、ファノム姉とファノム妹とタニヤプラザの前で待ち合わせ。ファノム大姉はナコンファノムに居るらしい。
バンファイパヤナーク観測計画 7/11 ~Nakhon Phanomへ
ホテルからタニヤプラザに向って歩いていたら、
「エキゾさぁ~ん」
「おっ、久しぶり。どこの店?はい。今日はダメだからFBでまた連絡頂戴。」またもハーレムナイト構成員から声をかけられました。タニヤの嬢たち、何人知ってるんだ! というほどの顔の広さですね。そして、ファノム姉妹と遭遇し歩いていたら、また知ってる客引きが、
「エキゾさぁ~ん、お久しぶりですぅ~」
と声をかけてきたが、タイ人2人連れなので、勧誘はしてこない。まずは夕飯ということで
UOFUKU タニヤの居酒屋
塩辛、冷奴、ししゃも、マグロの刺身、焼きイカ、焼き茄子 と彼女らがオーダーしました。私が頼んだのは 里芋の煮付け。やっぱり私が頼んだ里芋は彼らは手を付けず。
「塩辛? 食べられるの? 日本人でも嫌いな人多いよ」
と言っていたら、普通に頼むと日本の塩辛なのですが、タイ語でゴニョゴニョ言うとタイスタイルの塩辛が出てきます。塩辛+唐辛子+にんにく+レモンで、タイの味になった塩辛を堪能しました。ウエイトレスに彼女らがタイ語でオーダーするので、タニヤなのにタイ・タイ語の世界。それから焼き茄子もタイスタイルで出てきていました。「かつおぶし+しょうが+葱+ナス」、ここまでが日本式ですが、これにまた、唐辛子+にんにくで、これまたタイの味w でも塩辛も焼きナスもタイと日本の味がうまく融合しているので、試す価値はあるでしょう。特にタイスタイル・塩辛は、けっこうおいしいのでトライしてみてください。ビール一人2杯ずつ飲んで、3人で2600THB。
ファノム妹の勤めるタニヤのキャバへ
ファノム妹はキャバ嬢ですが、ファノム姉はカタギの衆。しかしなぜか二人同伴でキャバに向います。ボトルにするかセットにするかですが、セットにするとファノム姉の飲むものが無いのでボトルにしました。発生しているのは、ファノム妹の同伴代+ボトル代で、ボトルを全員で飲む形となりました。それでは3人で「かんぱ~い」。ファノム姉が「選ぶか?」と言い出し、指名室に全員集合~! レディースドリンクだけ1杯200THBで良いというので、一人指名しました。なぜか、選んでないのに勝手にもう1人参加して、4人付けで飲み会開始! 完全にこれ知り合いの飲み会をキャバ使ってやってる感が・・・。
いつものハーレムナイトと流れは同じですが、違いは日本語の曲もあるってことです。一応日本人なので少しは日本の歌も歌っておきました。初日もそうだったのですが、ハーレムナイト軍団とは、国境を超えた付き合いであり、時間的にも付き合いが古いので、関係ができているのに対し、指名した子にとっては初めて会う人なので、不平等感があります。深い踏み込みができるハーレムナイト軍団に対し、一見さんである彼女らは若干の遠慮があります。でも私に遠慮しているのではなく、あまり積極的に行き過ぎると、彼女らの世界のご法度、「他人の客を横取り」に抵触する恐れがあるからです。そんな事情を私も理解しているので、一見さんには、私から積極的にセクハラしないと、彼女たちは自分からは何にもできません。
私たちはメインスクリーンの前で5人で歌って踊って大暴れ。店は個室ではなくオープンスペースだったので、他のお客様や他の嬢たちも居ますが、全員「ぽか~ん」。すげー客居るな・・・、と思っているのが分かるぞ。エキゾ流キャバクラナイトは最低でも二人付けが基本です。バブリーな金遣いではなく、経済合理性に則った考え方で、ショボショボ嬢と飲むくらいなら、ホテルの部屋で一人飲みした方がマシ。中途半端は一番、カネの無駄です。圧倒的な存在感で衝撃を与えれば、嬢たちも覚えてくれるというものです。4人付けでお持ち帰り料も1人分払い合計7700THBでした。
店を後にし、ファノム姉妹と私たちは近所でビリヤードでもしようかってことになりましたが、暴れすぎ、飲みすぎで無理。あれだけフル回転したらきついわ。ボトル4/5くらい一日で空けたし。しかし、私も食い下がります。「買い物だけ付き合って」と屋台街に繰り出します。屋台で売ってるアジア風・空手着風のズボンとシャツが欲しかったのです。イメージ150THBくらいで買えそうと思っていたら、350THBの言い値でしたので、ファノム妹に交渉してもらい250THBまで下げました。多分、これでもまだぼられてると思う。
【日常生活のValuation関連記事】
2014.12.11 第二次フィリピン遠征 6/10~セブ・シティ
2014.03.12 第5次タイ攻略 後編 11/14~チェンマイ入り
2013.08.21 ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 8/16 ~KOSTの生活
2012.12.26 第二次ジャカルタ攻略 11/11 ~2時間160円のキャバ
2012.11.08 北京・ハルビンに行ってきました 10/13 ~頤和園・ハルビンへの列車
2011.10.11: IKEAの机は無事完成しました
2011.08.24: 体重のイントラデイ増減
2011.03.14: ガンダム1年戦争 ~を読む前に 0/4
2010.03.08: プーケット旅行 ~Luxuryなホテルに安く泊まる
2009.11.09: 子育て1人3000万円 その下限値に挑戦
2009.07.01: 人が気付いていないささやかな私の贅沢
2009.06.03: バス料金はPath Dependent Option
2009.05.29: TAXI やめました
2008.12.29: Singaporeで買ったもの 半年間の固定資産消費総括
2008.01.22: 流動性プレミアムは誰が払う?