私のシンガポール日常生活

あんまり内容的に面白くない生活であるのだが、日常生活について知りたいという希望があったので、ここに記しておこう。
Byakuyakou-ep07-2041.jpg
1.朝、何時に起きるかは、前日のNY市場の動向によって、目覚ましをかけるかどうかを決める。
1-1)アジア時間深夜に、米国市場が最高値を更新して上昇している。逆に下落し続けている、あるいは年初来安値を更新している。
1-2)アジア時間で、売ろうと思っているアジア・日本株が最高値圏で取引されている中、夜に米国市場が上昇している。長い上昇相場で最近はほとんどないが、買おうと思っている株が最安値圏で取引されている中、夜に米国市場が下落している。
1-3)日本市場の先物・オプションについて、あえてSQのオーバーナイト・ポジションを取り、SQまたぎでロールしたい時。(あんまり無いケースだが)
以上3つの状況下では、東京時間9時、シンガポール時間では8時前に目覚ましをかけて、寄付からアジア市場に備える。ただ、こんな日はほとんど無くて実際は寝ていることが多い。堕落した生活をしているように思われるとムッとするので書いておくが、目覚ましをかけた日は、目覚ましがなる前に自動的に目覚める真面目な体質は変わっていない。会社に行く時に、二度寝している諸君らと一緒にしないように!ww


2.寄付を見た上で、発注を行う。
2-1)指値注文が残っている場合
2-2)流動性に対して大きな株数を注文しなければならない場合
前日、遅くまで遊んでいて、逆らい難いほどに眠い場合は、取引が成立、もしくは、現値、あるいは売り注文の場合はBid、買い注文の場合はAskが、Target価格を満たした場合にアラートをしかけて寝る。アラートが発動したら、その出来を見た上で、発注を行う。まだ、取引が残っている場合は、2. に戻る。
眠くない時は、新聞、新株予約権系のニュースなどを、証券会社口座・メール・ツイッターなどを通じて読む。お昼前後に、軽い朝食をとる。おもに引きこもりながら、コーヒー牛乳(インスタントコーヒー+牛乳の自作無糖)、クッキー・コーンフレーク・パンなど。たまに外に行って食べることもある。起床してから3~5時間で、初の食事、初の一服となる。それまでは、ひたすら水を飲み続けて、空腹をしのぐプチ・ラマダンは私には日常の行為である。こうして自らの欲、自制心をつちかっているのだ。
3.PLをつける。
東京時間15:15、シンガポール14:15に日本の先物・オプション市場が引けるので、それに合わせて、PLを確定させる。
米国株式の株価、米国オプション市場の時価、日本市場の株価、日本オプション市場の時価、為替。これを入力するとポートフォリオ時価総額、本日の収益が算出される。本日の収益の損得にかかわらず、日常生活で使うカネとの違いを認識しつつ、プラスの時はしばしニヤニヤする。また、この1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年、2年、10年で、金額ベースでいくら儲かり、年率ベースでいくらの収益を上げてきたかを見ながら、勝っていれば悦に浸り、負けていると「ほほぅ、けっこうぶっ飛ばしているな」と単に思う。ちなみに1ヶ月で損している時などしばしばあるが、その金額はけっこうデカイのに、「ほほぅ」で終わらせている俺の精神力を評価してね。
さらに気が向いたときは、過去10年に及ぶ、アセットアロケーション(日本株に何%、米国株に何%、日本円に何%、中国元に何%・・・)とポートフォリオ時価総額の推移が示されているグラフを見ながら、「勝つこと、勝ち続けること、それが一番大事!」と心の中でつぶやく。
頻繁に取引しているわけではないので、寝ていない時は、取引時間中でも比較的時間に余裕がある。当然、取引時間外はもっと時間に余裕があるのだがw 友人関係(とはいえほとんど真面目な市場関係の内容)、アジア各国落下傘部隊(アジア一国一愛人構想の継続と拡大)、シンガポール・ドメのアポイントなどを、メール・Skype・Facebookなどで行う。ブログの原稿を書いたり、編集したりする。
4.部屋飲みをはじめる。
大体、16:00から17:00くらいに、毎日プールに行きたいなと思っているのだが、毎日夕立が降るので、あきらめる。また朝飯のボリュームがあまり多くないので、空腹が少し襲い始める。ここで、ビールを飲み始める。
4-1)アポがある時、アポの時間に合わせるが、大体18:00に出れば間に合う時間のアポが多いので、そこまでビールを数本。
4-2)アポが無い時、20:00くらいまでゆっくりビールを飲み、そこから近所で夕食。それからウイスキーを飲み始める。
帰ってきてから、もしくはウイスキーを飲みながら、ニューヨーク市場をチェックして・・・ 冒頭に戻る
これを繰り返し、繰り返し・・・。つまらない生活でしょう? あー、でもこれ、シンガポールじゃなくて、どこでも同じだ。シンガポールの生活というより私の日常生活というのが正しい。4の部屋飲み以降が毎日、国・ところにより変化していくだけの生活なのだ。
【私の愛するシンガポール】
2013.09.05 シンガポール6年目にしてジョホールバルに初めて行きました
2012.03.09|タイ旅行 11/11~在住国を見直す
2012.01.11: マクリッチーとスンガイブロウ
2011.10.04: Ubin島にサイクリングに行ってきました
2011.08.25: ブキティマ山に登ってきました
2011.04.21: Facebookのむかつく広告
2010.04.15: オラ日本さいくだ from SGP
2010.03.05: 何をやっても中途半端なシンガポール
2010.01.12: シンガポールスタイルの結婚式に行ってきました 
2009.06.10: 所得税不服申し立て成功 油断も隙もありゃしねぇ 
2009.04.29: ファーストフード店に見るシンガポールの社会構造 
2009.03.19: Noと言えない日本人、Yesとも言えないシンガポール人 
2009.01.27: Globalに通ずる現地化度Check試験設問 
2008.09.17: Singapore的美的感覚