Category: 読書

ロシアとユダヤで解く世界最終経済

NHKでロシア特集を扱ったのでしょうか? なかなか日本人には縁遠くて、調べにくい国家です。 また本を読んでみた […]

Read More »

孫子の兵法

孫子の兵法―ライバルに勝つ知恵と戦略 (知的生きかた文庫) 守屋 洋 おすすめ平均 興味がある人はう〜ん低価格 […]

Read More »

ニッポンの黒幕

日本で本を、鬼買いしてしまった。道中、重かったが、理由は以下の3点。 105円モノと漫画以外は、明日のタイムセ […]

Read More »

イラン 世界の火薬庫 ~イランの周辺諸国との関係

インド・パキスタン イランはインド亜大陸とイスラム誕生(700年)以前から交流を持ってきた。しかし、イギリスが […]

Read More »

イラン 世界の火薬庫

イラン 世界の火薬庫 (光文社新書) 宮田 律 おすすめ平均 不思議で不安定な国、イランの今後イランを通じて正 […]

Read More »

ユダヤで解けるロシア

またちょっと古い本です。1996年初版。 ユダヤで解けるロシア―1996年「ファシズム政権」へのシナリオ 宇野 […]

Read More »

ユーゴスラヴィア現代史 ~国家崩壊への道

1944年に連合軍によってベオグラードも解放され、45年には、共産党を中心とする人民戦線が 圧倒的支持を受けた […]

Read More »

ユーゴスラヴィア現代史 ~Titoという男

かなり有名人らしい。ドイツ人が聞いてきた。「それ何の本だ?」 「ユーゴスラヴィアの歴史だよ。」 「こいつ、Ti […]

Read More »

ユーゴスラヴィア現代史

ユーゴスラヴィア 世界最新の国コソボやモンテネグロが生まれた国家の原型であり、 Tactics Ogreの背景 […]

Read More »

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図3

第4次中東戦争 1973年 ラマダン戦争10月戦争 1973年10月、エジプト・シリア両軍がイスラエルを奇襲し […]

Read More »

アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図2

やはり、金融->ユダヤ->イスラエルという流れで、誰しも行き着く問題ようです。  http://blog.li […]

Read More »

アラブとイスラエル―パレスチナ問題の構図

アラブとイスラエル―パレスチナ問題の構図 (講談社現代新書)高橋 和夫 講談社 1992-01売り上げランキン […]

Read More »

ユダヤが解ると世界が見えてくる

1986年 初版の本なので、多少言葉遣いに古さが感じられますが 今につながることを言っている部分をいくつか抜粋 […]

Read More »

東インド会社とアジアの海2

とても勉強になる歴史でしたので前回の続きを。ここ最近読んだ中で一番面白かった本です。 世界初の会社、栄華を極め […]

Read More »

東インド会社とアジアの海

世界史を一度も勉強したことの無い私にとってはとても新鮮な内容でした。 東インド会社とアジアの海 羽田 正 講談 […]

Read More »

最強のMarket参加者

こんな時にフル稼働できるバフェット先生もすごいですが、こういう参加者も居ましたね。 ライブドア監査人の告白田中 […]

Read More »

3人の文学少女

飲みの席でのことだ� 私の周りに座ったのは、3人の女性。ここまでは悪く無い展開なのだが、 こともあろうに話題は […]

Read More »

久しぶりに小説を

何年ぶりでしょうか。小説を読んでみました。金融と全く関係ない本は久しぶりの気がします。 屍肉の聖餐 (集英社文 […]

Read More »

挑戦巨大外資

挑戦巨大外資 高杉良 出だしは、ライブドアのニッポン放送株取得から始まり、「おっ?」と思わせますが、 中身はそ […]

Read More »

パートナーと気持ちが通う? 無理!

クダラン本だが、イテェといえば痛いところをついてる・・・。 言ってることは正しいと思う。だけど解決になってない […]

Read More »

サロメ

オスカー・ワイルドの戯曲です。 ヘロデ王に求めた踊りの褒賞。 「銀の皿に載せて�ヨカナーンの首を!」 「そなた […]

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes