オクシオーヌのドラゴン道中記 直線型・回廊型・平原型マップと龍軍団の兵法

1.直線型マップ 1章 第4戦 クリザローの町 
モルドバ・ゴースト・スケルトンを仲間に。モルドバは今回も高速モルドバで。
TO_CV2_v148_030.bmp
龍軍団が遅く、敵軍大将モルドバが速いので、自軍は桟橋を超えることなく、全部自軍の島にユニットが居る状態で最後まで・・・。いつもなら大将モルドバが桟橋を越えて逃げてそれを全員で追い詰めるという展開になるのだが、モルドバが桟橋を渡りきったところで龍二頭が桟橋をふさぐ。
TO_CV2_v148_033.bmp TO_CV2_v148_039.bmp
2.回廊型マップ 1章 第5戦 クァドリガ砦 ニバス君は前回同様、激弱スタートの高成長率。
ううっ、砦の一本道、迂回型マップは龍軍団に向かない。龍軍団がつまってしまって敵を捕らえることができない。
TO_CV2_v148_042.bmp
3.平原型マップ 1章 第6戦 ゴルホルザ平原
TO_CV2_v148_047.bmp TO_CV2_v148_054.bmp
4頭の龍が美しい。今回大将のオクシオーヌは休憩。広大な平原型マップを龍軍団が縦横無尽に龍軍団が・・・と言いたいところだがやっぱりドラゴン重い。動く万里の長城。かっこいい。
ニバス君のスペシャルはサモンアスモデ。確かにお洒落ですが無制限に使えると興ざめなので、必要Braveを15-10で制限。屍術師としてアンデッドの安らぎサッドソングも良いかと思いました。
スペシャルの性質:スペシャルは取得レベルがあるので、レベルが上がるたびに制限レベルを参照する。デフォルトでは、サモンアスモデとなっているスペシャルをサッドソングに変更することも可能である。ただし、サッドソングの取得レベルは20なので、レベルが上がると一度スペシャルが消える。参照レベルが取得レベルに達したレベルアップ時に取得可能である。
サモンアスモデ使ってみました。ニバス君は例のごとく、INTとMENの初期値を低く抑えてあるので激弱。
TO_CV2_v148_051.bmp