ウルフっぽく髪を切ってみました、今時のウルフって

ウルフというと皆さんどのような髪形を思い浮かべますか? 私と同じ世代の人はおそらく・・・
Jambo-Ozaki.jpgChono-Wolf.jpgTatsuyoshi-Wolf.jpg
こんな髪形をイメージしたのではないかと思います。一方、それをGoogleに聞いてみると・・・
Wolf-Google.jpg
な・・・なんですか? これ?? 時代??
ウルフカット 芸能人でぐぐると、なんと女性ウルフなるものまで存在し、藤原紀香の名前が上がってくる
という驚愕の事実。正直驚きを隠せません。私が髪形や服装に気をつけていたのは中学校までで、かれこれ何十年もその世界から遠ざかっているのではありますが、時代は刻々と変わり、古臭いウルフは姿を変えて、現在も存在しているようです。
写真を載せるのはキモいので控えますが、私のウルフは近現代のヴィジュアル系ウルフとは言い難く、残念ながらクラシカルなウルフに限りなく近いです。とはいえ、前者の3名ほどガラが悪いわけではないのですが、整髪をしないで家に籠っている時など、最も似ていると思う有名人は、愛沢連合の愛沢君です。(我ながらちょっと悲しいですが事実です) 
ushijima3.jpg
でも整髪すると意外に普通で、「ウルフです」って主張しないと気付かれない程度の髪型です。
炎上してしまいそうですが、私が意識しているのはジャンボ尾崎でも愛沢君でも無く、ちゃんとモデルがいるのです。私が中学校時代、当時はビジュアル系なんて言葉もありませんでしたが、近現代ウルフの原型を当時からやってた人がいるのですよ。もう、おわかりですね?
Himuro-Wolf.jpg
これっすよ。かっこいいっしょ? 後ね、さらに古くすると、こんな人も居ます。
tamura-masakazu.jpg
うーん、二人とも良い男過ぎのナルシスという意味では共通してるな。ついでだから、外人ですがこんな人もいましたね。
CheGuevara-Wolf.jpg
僕が意識しているのは、ジャンボ尾崎、愛沢連合の愛沢君 ×
僕が意識しているのは、氷室京介、田村正和 ○
です。
「服のセンス古いな。40代後半か? 昔流行ったワンレンボディコンだっけか?」
年取ると一番イケてたスタイルに執着すンだろ?
闇金ウシジマ君 より
私には耳が痛い台詞です。服も全然買ってないし、スーツはダブル(シャツもダブルカフスってのがこだわりなんすけどね)、カラオケで歌える曲も壊滅的に古いし、ファッションセンスは中学校時代から一歩も前進していない。当時としては、中学生なのに、麻のスーツ着たり結構お洒落中学生だったのですよ。段々オタク化が進んで、今じゃ見る影もありませんが、ファッションセンスに少し面影残ってるかな。最近、中学校時代から着ていたズボンが今年3つもシャカってしまい、人からもらった服に変わっています。タダでもらったので、文句は言えないのですが、正直、僕の感覚で思うところ、”ダサい服”です。
紫禁城の写真ですが、サンダルと眼鏡以外は全部もらいもの。俺のセンスじゃねぇっすよ、こんなの。ズボンが特に、股上浅めで緩いね。
http://www.ichizoku.net/2012/08/forbidden-city.html
20年着ていたズボンが、シンガポール私服生活で酷使して全部御釈迦になりました。すごいズボンでして、よく見ると裾の近傍に折り目がついているズボン。つまりまだ現在の身長になる前、成長過程で買ったズボンをこの年になるまで着ていたのです。バフェットもびっくりのドケチっぷり?? 実に20年ぶりに服を買うことになるな。当時、まだ中学生だったから、正確にいえば、人生で初めて自分の金でズボン買うことになる。俺みたいな人間ばかりだとユニクロの時価総額限りなく0に近づく・・・。俺が次にズボン買うのは還暦か・・・、20年着ると思えば熟考するでしょう?
今度タイで買い物しようかと計画中。俺のセンスが光るレーヨンの白いスラックス売ってるかなー? キュプラ、テンセルでもええな。東南アジアっぽく麻も苦しゅうない。
【昔の思い出】
2012.10.02 目が逢う瞬間 近代派歌謡曲の音節と歌詞について
2012.02.10|東電OL殺人事件 2/2 ~容疑者と現場
2011.06.15: 名作ドラマ 高校教師
2010.08.12: アルツと私 ~病魔の果てに辿り着いたところ
2010.02.15: 通信隊 それは陸のOff-Shore
2010.01.06: ミゼラブルキヨシ
2009.10.28: 女の好みも時と共に成長する
2009.04.08: 試験の評価がスペシャリストを殺す
2009.02.13: 女系家族の掟
2009.02.06: 博打における女性誘致
2008.08.07: 子供のための動物園だよね
2008.08.06: 老後もアマくない日本の現実
2008.08.05: 一族の素敵な仲間たち