中国の寛容性と不寛容性~VPNが死んでて一切ネットができない

中国、海南の海口に今居るのだが、ホテルの部屋に禁煙・喫煙という概念がない。全部の部屋が喫煙可能で、安いホテルなのに広いので、タバコ臭も残らない。喫煙者に寛容な態度だ。

緊急告知的に、安否確認という意味で、私は今生きている。

計算外の事態でVPNがワークしてない。Facebook,Twitter,LINE,プライベートのE-mailもg-mailからのリダイレクトなので通じない。ネット上のコミュニケーションで今、完全に孤立していて、誰とも連絡が取れない状態だ。現在唯一使えるのはSkypeとこのブログのみ!しかもこのブログは禁止サイトではないのでアクセスできるが、準嫌がらせの対象になっているのか、アクセスが非常に遅い。なので、これが中国にいる間、最後の投稿になるだろう。香港に戻るのは5月6~8日のどこか。

Skype上のお友達ユーザーはそれほど多くないので、事実上、連絡手段が一切封じられている状態だ。

Google,Youtubeができないのは織り込み済みだったのだが、Bloomberg.comまでアクセスできないのには閉口した。Yahoo Finance.comのアジア通貨の為替の確からしさって大丈夫なの? そのレートで取引するわけじゃないから、ちょっと変でも、旅行期間中の一時的な評価損益に過ぎないから、良いんだけどさ。

取引はできる。真っ先に確認してるからそれは問題ない。4/21のSoQでコールのカレンダーが満期迎えて、片割れのコールのネイキッドのロングが処理できてないのよねー。これ自慢話よ?わかるかな? トラディショナル(マンスリー)のS&P500のオプションはAMセトル(寄付き)なので、満期迎えた後、欲張って、残ったネイキッドのコールのロングを高めの指値にしてたら入らなかったの。それを今日、売っちゃうよ。全体でThetaもプラスだし、欲張って全部売らずにちょこっと売るかな、ハハハ。