第二次フィリピン遠征 1/10~幸せの国

アジア一国一愛人構想、現在のところ、最新参入国であるフィリピンは、去年から潜伏活動を始めている。シンガポールに住みながら、日本、中国(香港含む)、タイ、インドネシア、フィリピンの5カ国をフォローしているが、各国1ヶ月使うと、これだけで5/12はシンガポールに居ないことになり、かつ各国1年1回のペースであるため、これ以上増やすと、せっかく構築したネットワークの維持が難しくなる。
日本人がフィリピン人に学ぶべきことは、「底抜けた明るさ」である。国の豊かさを示す幸福度指数なる指標があるが、アジアで最も高いのではないかと思えるほどに(正確にはベトナムの方が高い)、彼らは幸せそうである。去年に引き続き登場するマニラ香里奈などは、所持金=全金融資産で、300円しか持っていないようなヤツだが、止めようが無いほどに幸せそうなのである。わずかな収入の差を気にしたり、贅沢な悩みを持っている日本人は、一度、フィリピン人と対峙すれば、日本人が抱きがちな”悩み”のあまりのくだらなさに気づくであろう。失うことが怖くて、小さな一歩すら踏み出せない人にもお勧めだ。私が「金を失うことが怖くない」と言ってもあまり信憑性を持たないようだが、典型的なフィリピン人の振る舞いを見れば、誰もが納得するであろう。
幸福度指数 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E5%BA%A6%E6%8C%87%E6%95%B0
1位はコスタリカ76.1と上位は南米系の国々が多いが、東アジア・東南アジアでは
5位 ベトナム 66.5
14位 フィリピン 59.0
16位 インドネシア 58.9
19位 ラオス 57.3
20位 中国 57.1
33位 マレーシア 54.0
39位 ビルマ 51.2
41位 タイ 50.9
49位 シンガポール 48.2
68位 韓国 44.4
75位 日本 43.3
80位 カンボジア 42.3
84位 香港 41.6

最下位 143位 ジンバブエ 16.6
幸福度指数の定義や計算方法は知らないが、感覚的には合っているような気もする。いわば非グローバル化指数、非アメリカ化指数?、うーん、ちょっと違いますかね…、フィリピンは英語が公用語だし、超アメリカ植民地なんですよ。資本主義が浸透するとこの値が下がるような気もしないでもない…。緯度の絶対値、小さいほど幸福度が高いという相関はありそうだけどね。


smoky-mountain-girl.jpg
カネは無いけど、毎日楽しいよ
なーんてセリフ言ってみたいだろう? 聞いてみたいだろう? フィリピンにはそれがある。それがフィリピンの最大の魅力だ。正直、私も所持金100PHP(250円)未満のフィリピン人に比べたら、莫大なカネを持っているが、持っていても消費に使わなければ、同じ水準で暮らすことになる。まー、さすがにフィリピンの民よりは良い生活=贅沢という無駄な行為をしているのは否めないが、私の言葉で言うなれば「消費などしなくても、毎日楽しいよ。生まれ育った実家よりも遥かに狭く汚い家に住んで、時計もiPhoneも車も持たずに生活していたとしても、勝つこと、勝ち続けること、それが一番大事!」
アジアで一番の富豪・李嘉誠の名ゼリフ「思えば息子たちとアイスクリームを頬張りながら散歩した時が、最も幸せだった
http://www.ichizoku.net/2010/05/LiKaShing.html
悲しいのぅ。金と力は持てば持つほど、幸せと自由から遠くなる。エッチェーホッモゥ、持たざる者こそが、社会的責任も一切無く、自由に幸せに生きているのである。金と力か、幸せと自由か、どちらか選べ。日々の努力と研鑽、真実と合理性の探求のために、常に疑いと疑問を持って、全ての事象に当たる生活。それよりは、ただテレビを見ながら、飯を食って寝て、思考を拒否するある種の信仰を持って、生活するのが幸せなのは間違いない。私はフィリピンに来て、フィリピンの民を見るたびに、自由で幸せな”ある日本人”のことを思い出さざるを得ない
シンガポールからマニラは、往復20000円強で最安値チケットが手に入り、4時間程度のフライトなので、比較的気軽に行ける。マニラ潜伏部隊であるマニラ香里奈に、シンガポールから「格安マンスリーアパート物件を探せ」との指示を出すも、忠誠心は高いものの、今ひとつの能力値のマニラ香里奈は、要領を得ない返信が来る。ホテルと大して変わらないような値段の高級コンドを扱う不動産屋のメールアドレスなど、「おい、人の話を聞け。ワンダフルプレイスとか要らねぇ。立地と価格、ワンダフルじゃなくて良い!」という超基本的なところから指導である。ホテル泊をゼロにして、いきなりアパートに住もうという計画で、空港に迎えに来てもらって、そのままダイレクトで物件探しをしようとしたが、マニラ香里奈に頼んでも無謀すぎるので諦めた。
最初はアモーソロ(日本人カラオケがあるパサイ・アモーソロ通り)のホテルを予約し、空港お出迎え案は廃止。細かいフライトナンバーなどはマニラ香里奈に伝えていなかったが、驚くべきことに空港に迎えに来ていた。朝の5時着予定のフライトだったが、1時間ほど遅れた。マニラ香里奈は飛行機に乗ったことが無いので、空港にも不慣れだ。フィリピンなので英語はどこでも普通に通じるが、タガログ語はフィリピン現地人の証明なので、ぼったくりに会い難いというメリットがある。空港2階(3階だったか?)からメータータクシーが走っており、交渉は不要(マニラ香里奈が付いているからというのもあるが)、ニノイ・アキノ空港からアモーソロまで110PHPで到着してしまう。(去年はPボロゴスまで770PHPという脅威のぼったくりwにあっている)
ホテルに追加で850PHP払ってアーリーチェックイン。一眠りしたところで、マニラ香里奈が「服を取りに帰る」と言うので一度お別れ。
シンガポールから仕事で出張に来ている先輩と合流し、お食事に行くことに。
牛門
Creekside mall 2F, AmorsoloSt., Legaspi Vill, Makati
TEL :02-819-0361
営業時間 :16時30分~23時 
焼肉屋だが、場所が場所だけに客は100%同伴である。普通に食べて、カパカパ飲んでも一人1500PHP弱(3500円程度)なのでシンガポールの半額なのが嬉しい。
マニラ香里奈の店へ
1年ぶりだが、ママは私のことを覚えている。「エキゾ先生、おなーりー」状態である。店の子は、マニラ香里奈を除き、ほとんどが全とっかえ状態なので、歩留まりは悪い。先輩が一緒だったので、「飲み放題にはどんな酒があるんだっけ?」と聞いたのだが、「あなたウイスキーでしょ?」と返されてしまい、何があるのかよくわからないが、多分、焼酎もある。0時前くらいに先輩がお帰りだったが、店の前で、「もう一杯飲みましょう」とつかまったので、リクエストにお答えする。一人になれば、三人付け。しかし、今回は、私が選んだのでもなく、マニラ香里奈の友達でもなく、嬢の意思による乱入だ。
この手の店で乱入は初だが、その日の飲み方の成功と言える。嬢たちに「あの席で飲みたい」と思わせる雰囲気作りができたということだ。
【世界ランキング・比較 暮らし】
2014.03.17 日本全土落下傘計画 九州編 1/8~日本の買物
2014.01.27 バンファイパヤナーク観測計画 9/11 ~サコンナコンへ移動
2013.10.28 東京が3位に後退、外国人の生活費番付-円安で日本住みやすく
2013.01.24 世界オフィス賃貸市場ランキング 2012Q3
2012.08.27 世界で最も生活費高いのは東京
2012.01.18|日本はほぼ中産階級だけで構成される類稀な国家
2011.11.15: 米ハーバード大が2位に転落、カルテックが首位
2011.04.12: 東大が世界の大学トップ10入り、上位はハーバードとMIT-英調査
2010.12.21: 良い女ランキング ~その辺のお嬢さんでは、いやなんです
2010.09.13: 外国人にとって世界一住居費が高いのは東京
2010.04.01: アジア人が暮らしやすい都市、1位はシンガポール
2009.10.19: 世界の大学ランキング 
2008.08.15: 世界各都市生活費指数 Part2 
2008.04.21: 世界各都市生活費指数