わが闘争 下 国家社会主義運動 4/7~ナチスの展開

オーストリアとプロイセン
我々は歴史に中に次のようなことを見る。すなわち、かつてドイツ問題の解決のために取ることができた二つの道-そしてその主な代表者であり主張者であったものは、オーストリアとプロイセン、ハープスブルグ家とホーエンツォレルン家であったが-は多くの人の考えによればもともとひとまとめにされねばならなかった。彼らの考えによれば、両方の道を一つに結合した力に託すべきだったのだ。けれどもオーストリアの意図は決してドイツ帝国を建設することにはなかったはずである。そしてこの上も無く強力なドイツ統一の帝国は、まさしく幾百万のドイツ人が断腸の思いで、我が兄弟牆にあいせめぐ最後の、この上なく恐ろしい徴表を感じたことから成立したのである。すなわちドイツ皇帝の冠は、本当はケーニヒグレッツの戦場(普墺戦争)から得られたものであって、後世考えるようなパリ全面の戦い(普仏戦争)において得られたものではないのだ。
 そのようにドイツ帝国の建設それ自体は何かある共通の意図が共通の道を進んだ結果ではなく、むしろ意識的な、しばしばまたヘゲモニーを求める無意識的な格闘の結果であり、その格闘から最後にプロイセンが勝者として登場したのだった。200年前には後日新ドイツ帝国の胚細胞となり、建設者、教師となるものはホーエンツォレルン家のプロイセンであり、ハープスルブルクではないだろうということを、ドイツ連邦のうちで誰かがはっきり本気に信じていただろうか!
Hohenzollern.jpg
前線の兵士に対する恐怖
1918年11月7日以後に突然、革命の製造者として我々の前に現れたあの大きな犯罪者的組織を作る手助けをした。前線自体は、本来それとまったく無関係であった。もちろん前線にいるものたちはみんな平和への憧れだけは感じていた。だがこの事実こそ、革命にとっても非常な危険があったのだ。というのは、休戦後ドイツ軍が故国に近づき始めたとき、当時の革命家たちにとって心配な問題が常に唯一つあった。すなわち前線部隊は何をするだろう!野戦に居た兵士はこれを許すだろうか。ドイツの革命は、若干のドイツ混成軍団によって突然電光石火のように打ちのめされるという危険を犯したくなかったとき、この数週間に少なくとも外見的にはやわらげられたように思えたのだった。というのは、当時、ただ一人の軍団長が、自分に忠誠を尽くしている軍団でもって赤のボロぎれを引きずりおろし、「評議会」を窮地におとしいれ、万一抵抗した時には迫撃砲や手榴弾で打ち破る決心をしたならば、この混成軍団は4週間足らずに60個軍団の軍隊にふくれあがったであろうからだ。ユダヤの張本人は、他の何者にもましてそれを恐れたのだ。そしてこれを阻止するためにこそ、革命にある手心を加えねばならなかった。革命はボルシェヴィズムに堕してはならず、事態に即応して「安寧秩序」を見せかけねばならなかった。共和国を旧官吏の手から奪い、革命というハゲタカの鉤爪にあえて引き渡したのだ。そうしてのみ人々は、旧将軍や旧官吏をペテンにかけ、彼らから起こるかもしれない反抗を新しい状態の見せかけの無害さと平穏さによって、はじめから敵対心をくじくことを望みえたのだった。
1918年の11月革命の革命政府を、前線の軍部にいたヒトラーはかなり歯がゆい思いで見ていたようだ。この恨み節は、わが闘争の中で数回出てくる。革命後新政府、軍の最高司令官の変更、旧政府軍と革命新政府軍への微妙な移管時期。主戦力が前線で戦う中で、わずかな武装勢力が中央政府を打ち倒して新政府を樹立し、旧政府軍を反乱軍扱いしたとしたら、その恨み骨髄だろう


整理隊->突撃隊->防衛隊 私設軍隊の考え方(彼曰く、軍隊という言葉は不適切で突撃隊という名称が適切なのだろうが・・・)
ドイツの防衛組織は自分の一定の政治思想を持たなかった。それらは目的にかなう訓練と組織をもった自己防衛団に過ぎなかった。それらの本来その時の国家の合法的権力手段の非合法の補足であった。その義勇団的性格は、ただその形成の方法と当時の国家の状態によって基礎付けられただけであって、だが決して自由な自己の確信のために闘う自由な部隊としてのそういう肩書きにふさわしくなかったのだ。というのは、高い意味で確信について語ることができるためには、現存の状態劣等さについて確信を持っているだけでは十分でなく、新しい状態について知っており、そして人々がそれに到達すべき必然性を感じ、その実現のために力を尽くすことを人生の最高の課題と見て、その状態を内面的に看取する点にのみ根ざしているのだからである。
国民の防衛で、国家の防衛ではない。整理隊ははじめはただ会場防衛の性格だけを持っていた。すなわちそれは集会の開催を可能にすることであり、整理隊がなかったならば敵によってやすやすと妨害されたであろう。整理隊は当時既に闇雲に攻撃を行うように教育されていた。しかし、愚鈍なドイツ民族主義の仲間の中で言われているように、ゴムの棍棒を最高の精神として尊敬したからで無く、歴史上では事実、最も優れた頭脳の持ち主が最もつまらない奴隷たちの殴打の下に果ててしまったことも稀でないように、最も偉大な精神というものは、その担い手がゴムの棍棒によって叩き殺されるならば排除されてしまうということを彼らが知っていたからである。彼らは暴力を目標だと言明しようとするのではなく、精神的な目標の布告者を暴力による圧力から守ろうとするのである。そしてその場合、彼らは国民になんら保護も保証しない国家の防衛を引き受けることを義務とするのではなく、反対に民族と国家を滅ぼそうと脅迫したものに抗して、国民の防衛を引き受けることを義務としているのだ、ということを理解していた。ミュンヘンのホーフブロイハウスでの集会における闘いの後、整理隊は当時のわずかな人数での英雄的な突撃攻撃を永久に記念するために今後永久に突撃隊の名を得たのだった。
自衛隊にして、「防衛隊」にあらず。 この頃私は既に国家社会主義ドイツ労働者等の突撃隊を、いわゆる防衛隊として育成させることをなぜ極力防いだか、ということは次のような考慮に根ざしているのである。ある民族の防衛訓練は、最も巨大な国家的手段による助力が無ければ、私的団体の手では実行できない。いわゆる「自発的な訓練」によって一定の規模以上に軍事的な価値をもつ組織を作りうるということはとんでもないことである。ここでは命令権の最も重要な支柱、すなわち刑罰権が欠けている。団体が大きくなればなるほどそれだけ規律は低下し、人々が個々人に求める要求も小さくても良いことになる。そしてそれだけ全体が昔の非政治的在郷軍人会や古兵会の性格を持つようになるのである。確固たる絶対的命令権無しで自発的な軍務教育をすることは大人数では決して実行できないであろう。軍隊で自明のことであり、突然のことであるとされているような、服従への強制の自発的に喜んで従う覚悟のあるものは常にほとんど無いのである。
それはまた秘密組織であってはならなかった。秘密組織の目的は、違法のものでしかありえない。しかしだから、そういう組織は規模は自ら制限するものである。特にドイツ民族の饒舌さを考慮すれば、若干の大きさの組織を作り上げ、同時にそれを外部に秘密にしておいたり、あるいは単にその目的を隠したりするだけでも、できないのだ。我々が必要としたもの、また必要としているものは、100人や200人の大胆な共謀者ではなく、我々の世界観のための何十万という熱狂的な闘士であったし、また闘士である。秘密の信徒集会において仕事がされるべきなのではなく、力強い大衆行進においてなされるべきなのであり、そして運動はその道を、短刀や毒薬、あるいはピストルによってではなく、街頭を征服することによって開くのである。国家社会主義はいつか国家の支配者になるだろうが、それと同じように未来の街頭での支配者が国家社会主義者であることを我々はマルクシズムに知らせるべきだ。
目印と公然性 突撃隊がはじめからいかなる秘密的性格をも避けるために、誰でもすぐわかる服装をすることは別として、原因数を多くして自らその道を示し、運動に役立たせ、そしてすべての世間の人々に知らせなければならない。突撃隊は隠れて集会してはならず、自由な大空の下を行進し、それによって「秘密組織」というような全ての伝説を決定的に破壊する活動にはっきりと導いていかなければならない。また精神的にも小さい謀反くらいでその行動主義を間属させるようなあらゆる試みを引っ込めさせるために、突撃隊はそもそものはじめから、運動の大理念に完全に引き入れられ、この理念を擁護すべき任務のために徹底的に訓練されねばならなかった。すなわちはじめから視界は広くなり、各人は個々の使命を大悪漢や小悪漢を片付けることにあると考えるのではなく、新しい国家社会主義的民族主義国家の建設のために尽くすことにあると考えたのである。
ミュンヘンにおける最初の行進 1922年晩夏ミュンヘンのケーニヒスプラッツにおける全愛国同盟の共和国保護法に対する一般的大デモンストレーション。ミュンヘンの愛国的諸同盟は、当時、共和国保護法の施行に対する抗議として、ミュンヘンで巨大な示威運動を挑むという檄を発していた。国家社会主義運動もこれに参加することになった。党のまとまった行進は、6組のミュンヘンの百人隊によって導かれ、その後に政党の部隊が続いた。私自身、今や6万人を数える大衆を前にして、演説者の一人として語ることが許されるという名誉をもった。この催しの成功は圧倒的だった。特にあらゆる赤の脅迫をものともせず、国家主義的もミュンヘンで街頭行進ができることが、はじめて実証されたからである。行進している縦隊に向かってテロで立ち向かおうとしていた赤の共和国防衛の徒党は、数分の間に突撃隊百人隊によって、頭を血だらけにして追い払われた。国家社会主義運動は、その時はじめて今後もまた街頭へ出る権利を主張し、それとともにこの独占権を国際的な民族の裏切り者や祖国の敵の手からもぎ取る決意を示したのだった。
1923年のはじめの数か月内に起こったフランスのルール地方の占領が、その後の突撃隊の発展に重大な意味を持った。ルール地方の占領は、今や決定的に譲歩の臆病な政策が打ち破られ、それと共に防衛隊に完全にはっきりした任務が与えられるかもしれない、という最もな期待を生ぜしめたのであった。また当時既に数千の若い元気旺盛な人々を擁していた突撃隊も、この国民的奉仕に除外されてはならなかった。1923年の春と盛夏に、軍隊的闘争組織への転換が行われた。当時の突撃隊の改造は、この改造に導いた前提、つまりフランスに対する活動的な抵抗が行われなかったならば、運動の観点から有害だったのだということである。1923年の結果は一見したところ恐ろしく思えるかもしれないが、大所高所からみれば、ドイツ政府の態度によって根拠の無いものになり、運動にとってむしろ有害だった突撃隊の改造を一撃で終わらせ、そしてそのためにかつて正しい道を去らねばならなかったその場所から、他日再建する可能性ができたという限りにおいて、ほとんど必然的であったのだ。
彼は、あくまで自分は民主的に選ばれたのであって、革命・テロ行為によって新政府を樹立したのではないと主張したいのだろう。私設警備隊を事実上の私設軍隊にまで発展させている過程を彼の言葉で説明しているわけであるが、革命軍の扇動をしたとは認めたがらない彼の姿勢がうかがえる。
【外国の国家権力】
2013.04.09 わが闘争 上 民族主義的世界観 3/7 ~議会制民主主義批判
2012.11.09|もっと知りたいインドネシア 1/3 ~歴史となり立ち
2012.08.23|ジャカルタに行ってきました 1/9~空港から中心部へ
2011.08.05: 金賢姫全告白 いま、女として2/6 ~今、君が嘘をついた
2010.08.24: 中国の家計に約117兆円の隠れ収入、GDPの3割
2010.05.20: 秘録 華人財閥 ~独占権、その大いなる可能性
2008.09.24: 俺の欲しいもの
2008.09.23: 被支配階級の特権
2008.07.18: Olympic記念通貨に見る投資可能性