中田宏(元横浜市長)とちきりんの対談

中田宏(元横浜市長)とちきりんの対談を読んでいました。聡明なお二人のお話はとても面白く、全部読んでしまいました。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1112/27/news004.html
私は恥ずかしながら、自分の住んでいた市の市長など、意識したこともなく、誰が市長なのか言えませんでした。それは誰がやっても市政が変わるわけではなく、生活に何の影響もなかったからです。その意味では国政も同じなのですが、報道はさかんにされるところが地方政治との違いです。
私が中田市長を知るきっかけになった事件、つまり、市民の一般生活にまで影響を及ぼした地方行政とは何だったのか? 
日本に帰って友人に
「おい、赤線行くぞ」
「もう、ねぇよ・・・」
「なに?」
「つぶされたんだよ・・・」
「つぶされただと? この俺がちょっと外に出ている隙に・・・姑息な。誰がやったんだッ!」(ワナワナ)
「ナカダってヤツ」
「どこのもんだッ!」(プルプル)
「市長だよ」
「え?・・・」
「今じゃ、あの辺り一帯、24時間パトカーとオマワリ配備してるよ」
ぐぐぐ・・・なんということを・・・。許せん! と思いつつも、誰も手が出せない治外法権地区。町の風紀が乱れるなどという戯言を言う人以外には、需要だけでなく供給もあり、、誰にも迷惑かけない素晴らしい産業で、それをつぶすというのは良い度胸。当時の赤線地区を知っている人はわかると思いますが、立ちんぼストリート、ちょんの間、風俗店とあらゆる形態のタイプが存在し、風俗店しかない歌舞伎町などとは一味違う発展をみせており、それに立ち向かうというのは大変なことだったと思います。私はそんなきっかけ、「横浜の赤線地区をつぶした中田市長」に興味がわいたのです。
このサイト かなり詳しいです。ハイ。
http://tokyodeep.info/2008/08/27/201405.html
さて、話はうってかわって恐縮ですが、ちきりんとの対談の中で、気になるポイントを一つだけ見つけました。(ちきりんの発言ですが)
○○ちゃんが持っているから、私もほしい
ちきりん:でもしっかりした家なら「○○ちゃんが持っているから、私もほしい」などと言うと、親に怒られますよ。「○○ちゃんの家は○○ちゃんの家。ウチの家はウチの家だ」と、私もよく親に言われました(笑)。
私が子供の頃、私も「ウチの家はウチの家」とよく親に言われましたが、子供心に「じゃウチは変なの?」と思うだけで説明になってないと思うのです。道理が通らないことで子供に接しているのに「しっかりした家」ですか?
投資一族の方針では、このように親は答えるのが理想的です。
「○○ちゃんが持っているから、は理由にならない。お前がなぜ欲しいと思っているのか? 俺は、それを聞きたいのだよ。」
一般に、「あれ欲しい」というおねだりは子供なら誰しも安易にしてくるものだが、そういう時は・・・
「なんで? 今、持っているおもちゃじゃ駄目で、それは、どれだけ楽しいのか? 俺にわかるように説明して欲しいな。」
欲しいと思う商品の素晴らしさを、子供なりにプレゼンテーションさせること。もう一つここにある重要なポイントは、反省です。今持っているおもちゃは親が自発的に買ったものではなく、過去のおねだりの累積です。なぜ、今のおもちゃに不満なのですか? 買えというから買ったのに、もう飽きてしまったのですか? 過去のおねだりに問題はなかったのですか? その点を十分に反省し、今回のおねだりに反映されてますか?
このように徹底して追及して、オヤジが買ってくれなかったのではなく、おもちゃを買わなかったのは、自分の要求が不適切だったからと、子供自身に納得させることです。プレゼンテーションだけなら成功率が高いが、過去のおねだりをつかれて、綺麗に逃げられる子供が居たとしたら、それは才覚ありますw。ちなみに一族家では、子供のおねだりを父が承認し、おもちゃを買い与えたことはありません。そこまでのプレゼンテーションと反省が見受けられないからです。しかし、もう一方の親が、安易に買ってしまうので、この素晴らしい教育方針も効果半減なのですがね・・・。
【治外法権領域】
2011.08.18: 実録アヘン戦争 2/4 ~貿易
2011.07.11: 父親の条件1/4 ~父の冷徹さと過剰期待
2011.04.15: 山口組6代目組長が5年ぶり出所へ
2010.11.11: 宗教から読む国際政治 ~アメリカ・ユダヤ人社会
2010.09.29: 世界四大宗教の経済学 ~イスラム教と仏教
2010.07.29: 闇権力の執行人 ~対検察
2010.02.22: マラッカ(マレーシア)旅行 ~マレー鉄道編
2010.02.15: 通信隊 それは陸のOff-Shore 
2010.01.28: 無法地帯は違法地帯。合法的な無法地帯とは? 
2010.01.14: 転がる香港に苔は生えない 
2009.08.17: インド旅行 前哨戦 Visaの取得 
2008.09.19: 大使館のあり方 
2008.04.15: 国境 ~統治権の狭間 
2008.01.12: Macau for Family ~香港に住む男のための同伴者と行くマカオツアー