Category: 小さな贅沢・観光

東南アジア横断 ~Sapi Island

Sapi Island・・・コタキナバル中心地から船で約10-20分と非常に近い。
ガイドさんとお話したところによれば、マレー語も派生がたくさんあるので、現地人は、
マレー現地語、マレー標準語、英語の3つは最低でも話せることが多いそうな。
カブトムシはいるの?と聞いたら
昔は一杯いた。木を揺らすと落ちてくる。だけど食べちゃったから少なくなった。
幼虫じゃなくて成虫も揚げて、腹の部分だけ食べるそうな。
Real 「哀川翔のカブトムシ食わすぞ」 実写版 だ。
Sapiの海は綺麗だ。
SapiSea.JPGSapiSeaView.jpg
スノーケリングで見るクマノミ・ディスカスなど実に美しい。
Real 「ファインディングニモ」 実写版 だ。
残念ながら、私は、救命浮輪付きにもかかわらず、海の深さと、口に入ってくる塩水にビビッて沖合いに出れず、
ディスカスなどは見れたものの、主人公のニモには会えずに敗退した。
上記の写真を良く見て欲しい。海は浅い。
潮の満ち引きが鑑賞でき、干潮時には島から島へ海を越えて移動できるという。
Real 「ファイナルファンタジー10」 実写版 だ。

↑これをTV CMで見たとき、あまりのCG技術に驚いたのは私だけだろうか?
*注:ゲーム画像にリンクしているのでお仕事中の方はお気をつけください。
ただ、この島渡りを実践するには、サピ島ツアー半日ではなく、泊りがけになろう。
夜な夜なこいつら ↓ と格闘できる腕っぷしに自信のある貴君は、是非泊りがけに挑戦して欲しい。
餌をあげるのに失敗すれば、指は肉ごと、かじられてしまう。
また尻尾でポイとたたかれるだけで、たちまちミミズ腫れになるという。
SapiLizard.JPGSapiIsland.JPG

Read More »

東南アジア横断 ~Kota Kinabalu2

Rasa Riaについて、もう少し触れておこう。
Luxuryと言っても家族向け施設も充実しているため、子供・家族が多い。というよりほとんど!
アバンチュールを追求したい貴君は注意が必要だ。
プール・プライベートビーチ・ゴルフコースなど色々ある。
RasaliaPrivateBeach2.JPGPool2.JPG
楽しいのだが、調子に乗って丸坊主に散髪してから遊ぶと、頭皮まで日焼けしてつらいので髪は切らずに遊ぶことをお勧めする。
ヤモリ・トカゲ・ヘビ・リス・コバエがホテルのいたるところで付いて回る。
RasaliaPool.JPGRasaliaPrivateBeach.JPG
虫嫌いの神経質な彼女と楽しみたい貴君は、不毛の地・核兵器実験場ネバダ州のラスベガスに行くべきだろう。
客層はAsian比率が高く、日本人、中国人、韓国人が多かった。日本語は常に聞こえている状況だ。
海外で愛しの彼女とIt’s a small worldを築きたいと計画する貴君にはお勧めできる環境では無い。
ホテル内は、ローカルで5MYR=160.円で売られているビールが3倍の15MYRで売られているという物価なので、
Global・Tax Arbitrageを目的とする貴君はフラストレーションがたまることだろう。

Read More »

東南アジア横断 ~Kota Kinabalu

マレーシアに着いた。コタキナバル空港、地方空港なので、見かけも規模もショボい。
考えてみれば、首都もしくはかなり栄えた都市にしか行ったことがないので、このような地方は初めてかもしれない。
そして、不思議なことに、東京やシンガポールと比較して体感温度が低く、不快さも無い。
空港からタクシーでShangri-La Rasa Ria Resortに向かう。
所要時間は40分で、ホテル名を言えば、80MYRのチケットが空港内で買える。
ポッキリ料金、ボッタクリ無しの明朗会計いうより、都市全体でカモりムードというのが正確な記述だろう。
ホテルまでの途中で見えた現役の高床式住居。俺でも住めといわれたら二の足を踏む外観よ。
加えて、前述の「世界各都市生活費指数」で最下位の首都を持つマレーシア。
そんな環境下で80MYR=約2600円のタクシー料金高いと思わんかね?
さて、Rasa Riaだが、Luxury Hotelの代表格で、ホテルの中でダラダラしたいのなら苦しゅうない。
部屋から見えるこんな風景
RasaliaViewDay2.JPGRasaliaViewDay.JPG
日没風景
RasaliaViewSunSet.JPGRasaliaViewSunset2.JPG
レストランとプライベートビーチの一角
RasaliaBuffet.JPGRasaliaPrivateBeach3.JPG

Read More »

贅沢な休日~Chihuly Lounge The Ritz-Carlton

Chihuly Lounge
The Ritz-Carlton 1F
+65-6434-5288
14:30-17:00 土日はBuffet
(S$40×Discount10%) +10%Service+7%GST=S$42.35 DBSのカードで割引が効くようです。
お食事
 マグロといくらのわさびマヨネーズあえ
  色々ありましたが、これが一番でした。
デザート
 パイナップルのカラメルあえ
 マンゴープリン
  ケーキは今ひとつでした。
1部S$4の日経新聞がおいてあったので、ずっと読んでいました。
Luxuryさは、今までで、一番あるかもしれない。
日本人が多かった気がする。

Read More »

贅沢な休日~The Regent

The Regent Singapore
A Four Seasons Hotel
1 Cuscaden Road 249715
+65-6725-3246
土日 13:30-18:00 コミコミS$49.45なり
うーん、デザートの種類が少ない。
ミニケーキ・フルーツ・クッキー・アイスクリームが各数種類でおしまい。
かつ、各々が小さくて、あまり手をかけて作られていません。
甘いものを食べに来ているので、この点は不合格です。
かつ、食事は日本食が多い。
寿司といっても鮨じゃありません!!
チキンカレー・お好み焼き・焼き鳥・ラーメン・うどん。
私は普段、日本食は全く食べないので、許せますが、味は二流です。
結論を言ってしまえば、50はちょいと割高ですな。

Read More »

贅沢な休日 ~Lobby Court in Shangri-La

Lobby Court in Shangri-La Hotel
Orchard駅から徒歩15分
12:00-15:00と15:30-18:00
お値段 コミコミ42.35
まず、駅からはかなり遠いです。15分ですから。
そしてShangri-Laは香港のIsland Shangri-Laに比べると古い感じです。
またOrchard駅から歩いて行くと先にService Apartmentがあって、その奥にHotelがあります。
私は間違えてしまいましたので要注意です。
特筆すべきは紅茶の種類。50種類以上あったのではないでしょうか。
これだけ用意していただいてコーヒーと言うのもなんなので
ピーチとストロベリーをいただきましたが、ピーチは私には少々酸味が強すぎました。
キモイって言わないでください。
今は無き、スカイラークガーデンのフルーティーなアイスティーが好きだったんでねぇ。
どうしてもフルーティー系に走ってしまうのですよ。
ケーキよりはご飯系が充実してましたので、ご飯代わりにも使えます。
フルーツケーキ、タルト、チーズケーキ、エクレア、パンナコッタ�色々ありましたが�
ベストはマンゴーババロアでした。
うむ、紅茶が飲み放題だったので、次回は3杯を目指しましょうか。

Read More »

お昼休みの一時 ~Majestic

月に1-2度くらいでしょうか。グルメな上司が、おいしいランチに連れて行ってくれます。
今回は
new majestic hotel
31-37 bukit paso road singapore 089845
tel +65-6511-4718

  1. 蟹のサラダ


  2.  とても上品な味でした。一番◎かも。

  3. ラムチョップ


  4.  ラムというよりレバーに近い味でした。(まずいという意味ではなく)

  5. ホタテとアスパラガス


  6.  予想通りです。

  7. えびのわさびマヨネーズ


  8.  えびのプリ感もなかなかです。

  9. デザート
  10. ワイン


  11.  白ワイン、味が分からない私でも美味しく頂けました。銘柄不明。

値段は、確認してません。多分、私にとって、驚いてしまうような値段なのでしょう。
私が普段食べているご飯の20-40倍と踏んでいます。

Read More »

カブトムシツアー企画書

コーカサスオオカブトを見るためにマレーシアに行こう!
普段は超倹約家ですが、たかが、カブトムシのために、時間とお金は惜しみなく使う発想こそ、
私の中の自由と贅沢です。
早速、カブトムシを見に行くツアーのため、HIS、JTB、近ツリ?に聞いてみました。
やつらウンコじゃー!
「カブトムシ見たい」と言ったら殆ど変体電話扱い。お前らのところでは絶対チケット買ってやらん。
だけどな、ついに、つかんだぞ。
マレーシア観光局 Tel +81-3-3501-8691
超オタクだ。ちゃんとついてきた。昆虫採集専門の超詳しいおじさんがいる旅行会社の電話番号Get!
グッドラックツアー Tel +81-3-5777-8500
http://www.goodlucktours.jp/japanese/
マレーシア観光局お墨付きだけあって、超ハードパンチャー。負けました。
曰く
地元の人たちであっても森の中でカブトムシを見つけるのは難しい。なぜならば、日本のように樹液の出る
クヌギがあるわけではないので、ハンティングポイントというのを特定することができない。
ましてや、「コーカサスオオカブト見たい」なんていう種類限定はほぼ不可能に近いと言うことだ。
俺が事前に掴んでいたキャメロン・ハイランド(マレーシアの軽井沢)には、やはりコーカサスが多く居るようだ。
そこでさえ、出会える可能性は極めて低く、過去に20回行ったこのおじさんですら自然のものは見たことが無いそうだ。
camronTea.jpg
その中でも狙い目は
ストロベリー パーク キャメロン ハイランド リゾート
http://www.pelican-travel.net/hotelinfo.php?frCd=malaysia&htlCd=SPC&countryCd=MYS&cityCd=CMH
所在地: P.O Box 81, 39000 Tanah Rata, Cameron Highlands, Pahang, Malaysia
TEL: 60-5-491 1166 / FAX: 60-5-491 1949
StrawberryParkResort.gifStrawberryParkLobby.gif
 ホテルの周りに電灯があるので、夜19:30-20:00を狙って行ってみると何かには会える。
 ただし、電灯には水銀灯や白熱灯などいくつかの種類があるので、虫がいっぱい集る電灯限定だ。
 ヒメカブト�遭遇率高し。日本のカブトと同じですよね?と言ったら怒られてしまった。
  ヒメカブトは胴から出ているツノが、頭から出ているツノより長いそうで。
 テイオウゼミ・・・世界一大きなせみ。昔はいっぱい居たが今は珍しいらしい。
 テナガコガネ・ノコギリクワガタ
などのどれかには会えることを期待しても大丈夫。
最悪、天然ではないが、キャメロンハイランドのみやげものやの2Fに生きた虫たちは居るらしい。
バスターミナル・TAXI乗り場の通りを挟んで向かいのみやげや。
蝶や昆虫の看板と店内に昆虫標本などがある唯一の店。
うーん、これだけの情報で分かるのか?って感じだが、そんなに大きな村ではないらしい�。
またコタキナバル国立公園にある
Kinabalu Pine Resorts
http://www.kinabalupineresort.com/
住所 Kinabalu Pine Resorts Sdn Bhd,Locked Bag 15,88990 Kota Kinabalu,Sabah, Malaysia
telephone (+60)88 386775 ,(+60)88 389957
KinabaluPineResorts.jpgKinabaluPineResorts2.jpgPineResort.jpg
ボルナオには、コーカサス・アトラス・ウォーレンカンプなどのカブトがいるらしい。
キャメロンに比べるとコーカサスの率が低いらしいが、”素人”には、この3種の見分けはつかないでしょう?
と言われてしまった。
すいません。仰るとおり、私、ヒメカブトと日本のカブトの区別ついておりませんでした。
全くもって申し訳ございません。
負けを認め、御社(グッドラックツアー)で予約させていただきます。

Read More »

贅沢な休日 ~Cafe L’Espresso

Cafe L’Espresso (Hi Tea)
Goodwood Park Hotel  Orchard駅から徒歩10分
時間帯 11:30-14:00と14:00-17:00までの2種類
また1階なので景色はそれほどでもありません。
ケーキの質は前回よりも◎。特に気に入ったのは以下の2つです。
 クロワッサン+えび+マンゴー
  なんだこれは?という印象の組み合わせだと思いますが、意外にうまいです。お試しあれ。
 プリン2種類
  プリン好きとしては、うれしい限り。

  1. カスタードプリン
  2. 卵の熱凝固性によって固めるものなので、ちょっと固め。
    最初の口ざわり、柔らか、中はしっかりという跳ね返り係数高めのプリンです。
    あって嬉しい花一匁~♪私が最も好きなこの固いプリン。モノホン卵ですわ。

  3. ケミカルプリン+カラメル
  4. ゼラチン・寒天などで固めるので、やわらかめ。最近のなめらかプリンなどはこの種類でしょう。
    このホテルのは、ちょいと苦い本格カラメルが載っていてそれは○。

  5. 香港風マンゴープリン
  6. これはプリンではないのですが、プリンと呼ばれているので一応入れておきます。
    このホテルのマンゴープリンは固めておらず、ジュース状で置いてあります。
    香港の許留山のマンゴー・ジュースと思っていれば間違いありません。

お食事系は、クロワッサンで、さっきのえびと生ハムチーズ、しいたけの3種。
サンドイッチは山ほどありますが、サーモンとキャビアは苦しゅうない。
ソーセージベーコンまき・ピザ・ナゲットなどもありました。
その他ケーキは、イチゴタルト、チーズケーキ、マンゴーショートケーキ、チョコレートケーキ
エクレア、チョコファウンテイン、フルーツなどなどです。
3段トレー・バスケットは、ありませんので、それを期待する人は別の店へ。
欠点は飲み物は2杯まで。その後は、水で持久戦となります。
$30+10%S.C+7%GSTで総額$35.3ポッキリです。

Read More »

贅沢な休日 ~High Tea & Afternoon

「お前は休日何をやってるんだ?」
また嫌な質問だ。答えはInternet。我ながら暗い・・・。
「うまい飯屋でも探求したら良いじゃないか?」とバリ君より。
グルメじゃないし、酒も好きじゃないし。
食事に関しては、こだわりがないせいか、何を食べるのか自分で決めることはできない。
目上の人と行けば、それに従い、同じ年の人と行けば「お前が適当にみつろっとけ~」で終わり。
だから自分一人の食事はおのずと価格優先で収斂していく。
でも、一応バリ君のアドバイスにしたがってみることにした。
なにせガイドブック一冊さえ持っていないから、情報が0の状態。中古本屋を探し出し日本語ガイドブックを調達。
最初のページが、いきなりAfternoon Teaだ。
デザートは食事とは別だ。デザートは、明確な自分の意志で選んでいる。
こりゃ良いね、というわけで
CONRAD Centennial Singapore Lobby Lounge に行ってまいりました。
時間帯は15-18時
御代は26SGDに+10% Service Charge+7%GSTで占めて30.6SGDまで跳ね上がる。
円換算で約2300円だから日本のホテルより割高だ。
まず、ロケーションは、City HallのMRT駅から歩くと結構時間がかかる。
1階なので、景色は大したことは無いが、生ピアノの演奏。雰囲気も苦しゅうない。
3段トレーバスケット+ビュッフェ スタイル
最上段 スコーン
中段  サンドイッチ(ハム・サーモン)
下段 サラミサンド・チーズサンド
で、3段トレーは、どれも大したこと無い。
一方、ビュッフェのクロワッサンとチーズケーキは◎です。

Read More »

上海旅行 1日目 ~バブルと貧困

今回の上海旅行は、上海在住のmurakami氏を訪ね、氏に色々と案内をお願いしました。
murakami氏、どうもありがとうございました。
空港からホテルまでのタクシー
 いきなりやられた。murakami氏からは150RMBと聞いていたが、エライ勢いでメーターが上がっている。
 途中でmurakami氏に電話で確認したら、150RMBのはずで200RMB以上はおかしいとのこと。
 時間も無いし、243RMBだから、連れと割れば、ダメージ半分でまーいっかということで黙って払っちゃいました。
 金融機関以外には俺もアマイか?
白タクチェック法
 料金を払う前にレシートをもらう。これ基本らしい。それはできていたのだが、
 今手元にあるのを見ると在号みたいな漢字のところに車体番号が書いてあり、A・V0000とある。
 これは絶対無い番号だから消費者センターに問い合わせても無駄ということ。
 しかし、裏を返すと、恐ろしき中国政府が、ボッタクリタクシー撲滅に動いているため車体番号さえチクればかなり戦えるそうな。
murakami氏と無事会う事ができた。いきなりタクシーの運ちゃんと中国語で話した氏に対し驚き。
同じ在住1.5年にして、俺の5分でバレるハッタリ広東語とはレベルが違う。
香港と違い英語がほんとに通じないから話せないと本当に困るそうで。
バブリーな夜の街の中、子供の乞食、つばを吐く人、名物手鼻も歩いてわずか15分で遭遇。
子供の乞食はあまりに気の毒だったので、つい2RMB募金してしまった。
バブリー中国が今回のテーマだということを理解してくれた氏が用意してくれたお店Moon Sha
外灘の夜景を見渡せ、革張り真っ赤なソファー椅子。
普通の飲み屋なんだけど、見かけは俺のイメージするところの高級キャバレーだな。赤のソファーよ。
コース料理の値段も400-800RMBまで随分幅広い。
800はいわゆる見栄っ張りのための見せ玉で、高い値を見せて安い物を敬遠させる手法だとか。
個人的な話が多かったので、ここでは割愛するが、私の相場観との対決があったので
私「RMBの3年定期を考えている。5.4%は香港のRMBと比べてあまりに魅力的だ。」
「3年?長過ぎる。万博も終わるし、中国の景気は持たないだろう。金利はしょっちゅう変わるから
3年固定はリスクが高い。」
景気は悪くなってもCashは大丈夫だからその点はOKなのだが、確かに
この半年で1%、1年で1.7%ほど、3年定期の金利は上がっている。
よし、全部一気に3年は待とう。というよりそもそも定期は3月いっぱい待ってみてもいいな。
テーブルそろそろ変わりそうな雰囲気あるし。
イヤーなコメントが
「そういえば、口座から意味不明に17,000RMBが無くなってんだよね。小さな金額ではないから
使ったならば記憶があるはず。どうしてだろう?」
おーぃ!不安にさせることを言わんでくれぃ。これは徹底追求してどうなってのか聞くべきだろう。
その後は、バブリーナイトクラブ(ディスコ)に行った。白人比率高し。
氏が苦々しく言った。
「ここでは日本人はもてないよ。欧米人と仲良くしてるとカッコいいという価値観を持ってる中国人が集まってくる場所だ。」
うーん、是非、私の同期のL君を紹介したい。彼はきっと同意見だろう。

Read More »

旅行(出張)準備備忘録

明日はいよいよ上海に向けて出発だ。旅支度に必要なことをまとめておこうと思う。
1.必須
パスポート&香港ID
クレジットカード(現地通貨か売りたい通貨決済)
現地の銀行カード(持っている場合)
携帯&充電器(USB経由ミニ)
2.お勧め
ボールペン(入国カード等の記入に使える)
お気に入りWeb siteのInternet addressのメモ
Airport Express (Round Trip Ticket Voucher)
現地通貨(前回の残りの小銭)
着替(ビジネス、下着)
名刺
3.オプション
歯ブラシ&歯磨き粉(大きすぎると空港で没収されるリスクあり)
ゴシゴシタオル(ホテルには100%置いてない)

任天堂DS (充電する必要がある場合は変換機も)
男の身だしなみ
これだけ書いても、着替以外は実質荷物にならないので後悔しないよう全部持ってけ。
なんか他にあったかな?旅の前にこれだけ見とけば困らないようにしておきたいな。

Read More »

パスポート再発行

パスポートの写真欄を油につけて変色させてしまった。
シンセンに行った時、行きも帰りもイミグレで機械が反応せず、いちいち止められて大変だった。
今日、領事館で1240HKD(18000円)+40HKD(スピード写真)も払って再発行しましたよ。
うーん、無駄な出費。マッサ10回行けるぞ。
写真も10年使うことを思うと、頭はボサボサだし、写りは悪いし。実物よりはマシだと突っ込まれそうですが。
まー、ポジティブに考えれば、ICチップ化できたし、発行地が香港だし、申請の際、本籍は書いたものの、
住民票は無いから香港住所。日本Exposureがまた、一つ軽くなった感じで苦しゅうない。
でも日本国籍(Passport)はどこの国でも簡単に入れるという意味で使えるから、これは捨てる必要が無いな。
中国パスポートは大変だよ。どこの国行くにもVisaが要るとか要らんとか。
これに加えて、今はHKIDがある。メリットは、香港空港でクイックチェックインくらいかと思いきや、意外な一面を発見した。
HSBC香港でCNYを買うには、HKIDが必要。私は赴任早々銀行口座はまず必要ということでHKID発行前に、
パスポートでHSBCの口座を開いた。
今は買えないけど、特権を活かして、IDステータスの変更をしておきました。
だから4営業日後には買えちゃいます。オホオホ、羨ましい??
これを永久居民にまで格上げし、シンガポールのパーマネントまで作ることがAsian Tax Arbの必要条件かな。
Neutral Currencyの選択権というオプションまで付いてくるし。あぁ今夜も妄想が止まらない…

Read More »

私のお気に入りの焼肉以外の韓国飯屋

1週間に及ぶ韓国出張も終わりなので、グルメネタでも。
カンチャンケジャン

kunkiwachipu.jpgkanchankejan.jpg
店の名前:큰기와집(クンキワチッ)
住所: 鍾路区昭格洞122-3
住所(韓国語) :서울시 종로구 소격동 122-3
電話: (02)722-9024
交通アクセス: 地下鉄3号線327 景福宮駅5番出口徒歩9分
営業時間: 11:40~15:00、17:00~21:30
定休日: 旧正月、旧盆3日間
ご飯と蟹だけで十分です。韓国は頼まなくても小皿がついてくるので他のモノは頼む必要なし。
二人で食べて、84000KRW。安くはありません。だけどマジうまい。
生ものだから韓国以外で食べるのは難しい。香港で食べたら最悪でした。香港では生ものは数売れないので、長い間醤油につかっているとのこと。塩辛くて食えたものではありませんでした。
ウニ粥

unizentai.jpg
店の名前:小公粥家(ソゴンドン)
住所 : ソウル市 中区(チュング)北倉洞(プッチャンドン)86-1
住所(韓国語) : 서울시 중구 북창동 86-1
電話番号: 02-752-6400 / 02-752-1049
営業時間: 8:00~21:00(旧正月時-8:00~19:00/20:00)
定休日: 年中無休 ※2007年秋夕(韓国の旧盆)-無休
蟹に比べ、このくらいなら他でも食べられそうな感じでありますが、焼肉に疲れたならば、朝からでもイケます。
イカキムチ(もやしの左の赤いモノ)が実はかなり美味いのです。キムチも各店独自の味なので同じ味を探すのは難しいです。昨日はちょいと塩が強めでしたが、イカキムチは食べる価値あり。
15000KRW。朝ごはんだとしたらちょっとリッチですが�。
この店、地図だけの知識でたどり着くのは至難の業かもしれません。私は足で探したので、記憶をたどって行けますが、小道が続く秘境の中にあります。

Read More »

俺もフケたか 時差ボケが直らん

ロンドンから帰って1週間も経つというのに、時差ぼけが直らない。
夕方に眠くなるのだが、夜に目が冴え、睡眠時間が減る。
睡眠不足のはずなのだが、眠りにつけず、ブログを書いておる。
あーつらいのぅ。年を取るというのはこういうことなのかもしれない。
ところで昨日食べた老上海の蟹粉獅子頭は激ウマだったな。
sisitou.jpg
http://www.sinp.jp/tour/oversea/hong8/r-old1/old1-c.html
に詳細は載ってる。
留園飯店のも美味しいらしい。

Read More »

やっちまった。飛行機乗り遅れた。

パディントンの駅って空港行きだけじゃないのね。知らなかったよ。完全に思い込みで
乗ったら、なんか違う感じ。途中の駅で気付いたとき、ドアが閉まりかけていた。
まだ18時台。飛行機は20:30。なんとかなるだろ? 次の駅に着いたら、折り返して�、

�おーぃ! 何分走るんだ?

Padington、Reading、から次。駅の名前は忘れたが、走る走る、なげーなげー!
しかも、降りたわ良いけど、全然、電車来ねー! 電車着たときには、19:30。
パディントンの駅に着いたときは、既に絶望的な時間だった記憶があるから30分以上
乗ってたのだと思う。

空港内で何とか最速の便を手当てしてくれぇ!と祈っていたら、
受付のネーさんが美しい発音で 「18:40」
俺「あー、ソーリー、エイティーンフォーティ?トモローイブニング?アラウンド24アワーズ!」
と意味のわからないクレームをして、モア、アーリータイム、プリーズ?
受付「今日の便はもうありません。」
俺 「おぅ!ラウンジは?キャヌアイステイラウンジ?
   (わしゃ、そこに泊まるぞ、風に言いたいところだが)。」
受付「Sorry、threw the nightはやっておりません」

男一人でSheratonに泊まったさ。承認降りなかったら自腹だよ。200ポンド。
Sheratonって高級のイメージあんだけど、値段は高級だったが、超ボロかったぞ。

今日の教訓 電車に乗るときはどこ行きなのか、確認してから乗ろう。
土曜着で日曜日に時差ぼけを取るつもりが、香港に着いたのは日曜の夕方でした。

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes