Category: 小さな贅沢・観光

第二次フィリピン遠征 4/10~一人で遊べるセブ

アンヘルスの空港からセブへ
空港の入国管理官、田舎の空港だけあって、職権濫用。荷物をがさがさしてなんとか違反を見つけられないかと粗探し。70,000PHP入った封筒を見つけて、「多すぎる。10,000PHPまでだ」と無理ないちやもんをつけるも、「そんな話聞いたことが無い」と私が答えると、もういいや、と解放してくれた。困ったものですが、セブやマニラの空港でこのようなことは起らないだろう。
セブ:※重要(アジア一国一愛人構想フィリピン・セブ支部の設立が決定されたほどにw)
cebu-beach-maktan-island.jpeg
セブについては私自身、そして一般的な日本人も大きな誤解があると思うので、最初に記述しておこう。セブ=ビーチリゾートforファミリー・カップル であろう? だから、私の先輩の「セブに出張」発言を聞いて、思わず「会社のカネでやりすぎじゃないですか?」と言ってしまったほどだが、セブには工場地帯もあり、多くの日本企業も進出しているため、ビジネスでの出張もありうるような地域である。そしてまた、男一人で行っても、楽しい夜の遊びも充実していて、何よりもとても安い。

(さらに…)

Read More »

第二次フィリピン遠征 3/10~ゴーゴーバーの聖地

クラーク・アンヘルスは駐在米軍の空軍基地があった場所で、米軍撤退に伴い衰退しているが、まだその残党が残っている歓楽街である。なので、日本人向けのカラオケはほとんど無く、白人ウケのよいゴーゴーが中心となっている。マニラから車で4時間ほど、アンヘルスに空港はあるが、マニラから、マニラへの便はなぜか無い。シンガポールからダイレクトに来ることは可能だ。街としてはマニラに比べるとやはり小さいので、ごく短期滞在なら良いだろうが、アンヘルスで2週間は少し厳しい印象だ。
タイにおけるバンコクに対するパタヤの位置づけと、フィリピンにおけるマニラに対するアンヘルスが同等であろうが、タイとフィリピンの国力の差の分は、思いっきり違うことを考慮して、イメージすると良いだろう。エマージングにありがちな独特な暗さ、街に照明が十分に配備されていないので、夕方~夜にかけては、街全体がなんとなく暗いのである。その薄暗い街、公園(地図中央)やバス停(地図中央左)などに、多くの人が犇いているのが、一種独特だが、タイよりもインドネシアに近い荒廃感がある。
日本食もわずかだがあるが、マニラとは比較しないほうが良い。フィリピンは現地の料理は期待できず、日本食は安く質も悪くないので、長期滞在者は、日本食は知っておいたほうがいいだろう。
Yu-Fu-IN ゆふいん (焼肉と居酒屋)
2/F First St./ Balibago, Angeles City
日本人も多く、日本国外であることと、値段を考慮すれば味も悪くない。ゴーゴーのある通りから少し離れているが、歩ける距離である。それから無駄に従業員が可愛いく、サービスも良いw

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 11~脱ジャカルタ

さて、遊蔵は最後になったが、まだ残りがある。ついにジャワ島、初のジャカルタ脱出を手引きする頼みの綱は、やはりアジア一国一愛人構想中、最も私が信頼を置いている重鎮級ネーさんのジャカ1である。
「Bandung(バンドゥン)に温泉があるから行ってみないか?」という私にとって魅力的な誘いを、ジャカ1から去年受けていたので、今回実行した。正確にはBandungではなく、Ciater, Subangというところだが、Bandungからそう遠くなく、ジャカルタから車で3時間の距離である。Cikampekをひたすら東に行き、Padalarang?あたりで降りる。ジャカルタから約80km、高速料金は21,000IDR(210円相当)、市内からだと約90分。ここまでならジャカルタから電車によるアプローチもあるらしいのだが、ここからは、下道・山道をまた車で90分なので、車と運転手をチャーターした。Bandungの標高が768mで、Subangに行く際も、車で相当上った気がするので、おそらくこのくらいの標高であろう。
ジャカ1が友達も一緒で良いかと言っていたので了承したのだが、まさか二人来るとは思わなかった。ハーレムライフのはじまりである。ジャカ1とジャカ1のBlok M時代の同志、すなわち日本語が若干できる友人、そしてその友人の妹だ。彼女らのためにホテルは2部屋取ってある。遠征するとステークホルダーが増えるの法則は、アジア共通の事象である。ジャカ1の家族は敬虔なモスリムなので、私を紹介するわけにもいかない事情wで、増えるお世話するお友達。という事情もあり、用意した車は8人乗りのちょっと大きい車でゆったり移動。しかしCikampekを降りた後の下道は山道に入ると、対向車とすれ違う時は減速しなければならないほど狭く、でこぼこに穴が開いているような状況である。しかし、マレーシアのキャメロンハイランドを彷彿とさせるようなお茶畑、ゴムの樹、緑多い山岳風景になり、排気ガスにまみれたジャカルタとは雰囲気が変わってきました。
Sari Ater Hotel & Resort
sari-ater-pool.jpg
温泉付きホテルで、我々はホテル、メインはビラです。一部屋一泊800,000IDR(8000円相当)レベルの可も不可も無い普通のホテルである。山岳リゾートなので、ファシリティはプアで、ホットシャワー、Wifiはあるものの、セイフティーボックスや冷房は無い。もっとも標高800mのせいか、午後3時の昼間なのに、半袖で涼しい、夜は半袖だと少し寒いくらいの気候なので冷房は必要ないが。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 10~最後の遊蔵

鮨清 Sushi sei
Plaza Senayan Parking Area 4th Floor (と言いながら3階にあったような…、この周りにあった鉄板焼きやしゃぶしゃぶもおいしそうでした)
Jl.Asia Afrika No.8, Jakarta 10270
(62-21)-5725510
sushisei-jakarta.jpg
シンガポールから来た若い衆2人が帰ったと思ったら、今度は同じくシンガポールの先輩が「出張でジャカルタに来たので飯でも食わないか」ということになりました。若い衆とは、焼肉やとんかつ、ラーメンなど、過激な肉系のお食事が多いですが、私よりも先輩なので、しぶく魚、鮨です。シンガポールに住んでいるので、割高なアジアの日本食も許容でき、グルメ・酒好きで、経済力も十分にあるので、非常に付き合いやすい先輩です。彼は九州出身なので、焼酎が好き、九州は関係無いのですが、シャンパンやワインも好きなのが玉にきずです。彼が飲んでいる一流の焼酎は、アジアでは稀少で非常に値段が張るもので、焼酎やワインの味が分からない私は、それを飲みたくないのです。(それを彼がいつもご馳走してくれるのですが、無料であっても私は飲みたくない。味のわからない私が飲んだら、もったいない、無駄だからです) もちろん、彼が山崎25年(これアジアではほぼ入手不可能じゃないかな?)など良いウイスキーをご馳走してくれる時は遠慮なく飲んでいます。山崎25年@シンガポール、数万円分飲ませていただきましたが、おいしかった、ご馳走様でしたw
日本人の板さんが付いてくれているので、カウンターで任せで頼みます。20代の頃は、「おっさん、寿司屋行って、なんで刺身食うんだろう? 寿司屋は握りだろ?」と思っていましたが、今では私もおっさんになり、あまり量も食べられない年になったので、刺身がちょうど良いです。我々の世界も狭いですが、寿司職人の世界も広くは無いようで、鮨清の板さんは、シンガポールの寿司屋のこともよくご存知でした。シンガポールはジャカルタに比べると仕入れが楽、税関・輸入手続きがスムーズ、仕入れの曜日は、火曜日と金曜日だそうです。(この日行けばもっとも種類が多いです) しかし、鮨だけではなく、自動車業界も、税関・輸入のところでモノが止まって大変らしいから、税関職員の増員もまたインドネシアの課題です。
お腹いっぱい食べて、日本酒一人2~3杯飲んで一人2,000,000IDR(20,000円相当)でした。値段と質のバランスは取れていると思います(アジア基準)。一人で食べると少し寂しいので、心強い先輩が一緒でとても美味しく食べることができました。まだお酒が足りないので、二次会は遊蔵でw いきなりケチくさいな。互いにBlok Mのキャバで大騒ぎするような年齢ではないので、おとなしく持ち込みのウイスキーを飲みました。2人で70,000IDR(700円)。どんなに高級なウイスキーを飲んでも、持ち込みなのでw 値段は変わらないのが遊蔵の良いところです。もっともインドネシア国外から持ち込まないと良いウイスキーは手に入れることが非常に困難ですが。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 9~ホテルムリア

遊蔵
完全に途中経路と化している遊蔵だが、次のCJ’sに備えて、ここでウイスキー需要を満たしておく必要がある。持ち込みボトルをロックでバシバシ飲む。3人で飲むとボトル半分くらいは簡単に空いてしまいますね。「さて、お前ら靴に着替えて、短パン止めろ」。連れの友人、シンガポール住みだが現地化が激しく、みかけは「東南アジアのだらしない男」である。それでも一応、外資系銀行で働くデリバティブのトレーダーたちであるw 彼が遊蔵で立膝をして座っていたら、遊蔵の女の子がインドネシア語で「XXX(インドネシア語)、道端で座って飯食ってる単純労働者にそっくりだ」と笑っていた。東京育ちで都会的センスもあり、高学歴で高給取りなのに、みかけは完全に「東南アジアだめんず」なのはなんでなのだろう? 二人とも、まず話し方や姿勢がだらしない。座っている時に、足を投げ出したり、椅子の上に足を乗せたり、寝転がったり、机に肘をついたり。俺を見ろ! 飲んで酔っ払っていても背筋がシャン! 話し方は常にはっきり! それに加えて、ホテルのドレスコードにひっかかるような服装とだらしない着こなし。ダサいのではなく、だらしないのだ! 例えばベルトをしない、ズボン下げの腰パンファッションとまでは言わないが、私の世代の価値観ではありえない。キチッとしろキチッと!
今回2回目、CJ’s Bar @ Hotel Mulia
2013.09.11 ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 11/16 ~民としての生活と物価
2012.10.18 ジャカルタに行ってきました 6/9~ナイトクラブHotel Mulia
「ホテルムリアやリッツの周りだけしか見ていないようではジャカルタと見たとは言えない。」と発言している割にはホテルムリア大好きだなw 毎年来ていて、今回も2回目w というかホテルムリアのためだけに靴までも持ってきたほどのお気に入り? シンガポールでたまにロバートソンキーとか行きたくなる感じと同じなの、わかってもらえるかな? でも、バーというかディスコというか、雰囲気も悪くないです。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 8~ローカルディスコ

シンガポールのお友達二人が週末を利用して、ジャカルタに遊びに来ました(私はジャカルタに引っ越したわけではなくて1ヶ月住んでいるだけです)。金曜仕事終わりからのフライトなのでジャカルタのBlok Mに着いたのは23:30でした。むぅ、遅いな。とりあえず遊蔵で飲もう。私も2本のウイスキーをシンガポールから持ち込んだが、半月ほどで全部消費してしまったので、追加で彼らに2本持ってきてもらいました。早速飲みましょう! 今から遊びに行くのなら、キャバは壊滅だから、CJ’sかな、とか話していたら、遊蔵のとある女の子が、「ディスコ行きたい」といい始めたので、連れて行ってもらうことにしました。逆ハーレムナイト、男:女=3:1で彼女はとてもご機嫌です
Golden Crown
royal-crown-disco-jakarta.jpg
ウイスキー・シーバスリーガルを1本入れて1,600,000IDR(16,000円)なので、それなりの値段します。氷はタダだったような気がします。ジャカルタなので酒は安くありません。インドネシア・ドメスティックですが、ジャカルタのディスコは照明が真っ暗なところもあるなか、比較的健全で過ごしやすい雰囲気でした。朝5時まで飲んで一本ボトル空けちゃったかな。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 7~軍事博物館

ジャカルタの軍事博物館 Museum Satriamandala
museum-satria-mandala.jpg
http://www.museumindonesia.com/museum/47/1/Museum_Satriamandala_Jakarta_
Jl. Gatot Subroto no.14 Jakarta 12710 ジャカルタ中心部の南側エリア。
開館時間が火曜から日曜(月曜休館)の9:00~14:30まで、入場料は2,500IDR。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 6~最大手カラオケ

ジャカルタ市内の南下が渋滞する理由
お遊び時間前のピークアワー(17:00~20:00くらいまで)のジャカルタの渋滞は、南下する方向に強く現われ、北上は比較的混まないということを以前書いた。その理由は、ジャカルタの南部がインドネシアの民の住宅地として展開されているからである。北部は海抜0メートル地帯、雨が降ったり、海が荒れれば浸水し、家が汚れたり、道路が埋もれ交通が麻痺することが居住エリアとして嫌われている理由だ。ただ、華僑系インドネシア人には、何か政治的混乱や華僑排斥論が高まった際、国外退去・逃亡する必要があるので、空港に近いからという理由で人気があるそうだ。
CJ’s Bar 
the-cascade-lounge-hotel-mulia.jpg
ホテルムリアの私のお気に入りのディスコ? バーというより生バンド付きのナイトクラブという感じです。サンダル・短パンは禁止の高級クラブで、720mlのCanadian Clubが1,900,000IDRもします。ちなみにナイトクラブといっても女性が付くわけではありません。ただ、そういう女性はたくさん入り込んでいます。私はいつも女性同伴なので、声をかけてきませんが、男だけで居ればすぐにアーブしに来てくれるので、どっちでも大丈夫ということです。お持ち帰りの相場は1,000,000IDRだそうです。(私の経験談ではありません、人から聞いたちょっと古い話なのでインフレしている可能性があります)
今回は私のお友達とその友達(インドネシア人女性)と3人で来ているのですが、このお友達とは女の好みが大きく異なるねぇ。いつもながらw 一緒に遊びに出かけても指名がかぶることはまずないだろうね。20代後半で熟女化してくる欧米人に比べると、日本を含むアジア人女性はとても若いですが、東南アジア、特にインドネシア女性はアジア人女性の中でも若く見えます。若いというより幼く見える娘が多いので、ロリコン傾向が強い日本人には良いかもしれません。私は大人でしっかりした女性が好きなので、彼のように幼い可愛い感じの子をあえて選ぶことは絶対にありませんw インドネシアは宗教の影響で、お酒の飲み方がまた幼稚。高校生・大学生と飲んでいるような気分になります。私たちがロックでバンバン飲んでいるので、「私も~」みたいに真似してくるのですが、非常に危険な感じですw 「これ見えるかな? アルコール度数40度もあるのよ。あんまり一気に飲むと危険だからゆっくりゆっくりね。」前にも遊蔵で彼が指名した女の子が、お二階ではしゃいで、グラスになみなみウイスキーを注いでいたので、「ビールじゃねぇんだから、そんなに注いで飲めないでしょう? おじさんに渡しなさい。飲んであげるからw」と諭した記憶があります。私もムリア(CJ’s)に行くとテンションが上がるので、ハイペースで飲みすぎてしまい、早々と退散したのですが。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 5~ジャカ1との1日

テレホンカードビジネスはどうだ?
スラウェシのヤツに50万ルピアほど、未払いのまま逃走された。
カラコンビジネスは?
こっちは安全だね。取りっぱぐれはほぼ無い。ただ規模が縮小しているな。
将来、ママになる気はあるの?
厳しいから夜の仕事からは引退したい。
カラコンビジネスは私も感心している。余った金はインフレで減価するので即座に換金性の高い商品=カラコンに換え、キャバ嬢のクレジットリスクを取り、給与を担保に掛けで売り、回収に失敗する=借金を踏み倒した女のレッテルを貼り、Blok Mから叩き出すという脅しをもって、銀行=大資本が取れないゲリラ戦ビジネス、ジャカ1でないとできないビジネスなのである。
このようなビジネスのために資本が必要なら、私に言って欲しい。今回も事前にジャカルタに来ることは連絡しているわけだから、来る前に! 必要な資金と使途を説明してくれれば、応じないことも無い。ジャカ1はもう引退したいのか、「不動産を今買わないのか? どうせ上がるだろ。」という楽観的な見方をしているようだ。だが私の決断は厳しい。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 3~独立記念パレード

インドネシアの独立記念日は8月17日。2日ほど前に日本では終戦記念日だったが、なんか近いな・・・、と思った諸君は東南アジア史を勉強なさいw 偶然近いのではなく2つはつながっている。いつの時代も大国の動乱は他国にも波及する。日本の敗戦の決定は2日でインドネシアに伝わったのだ。だから、アジア一国一愛人構想なのだ。わかるか?
8月18日は、MONAS(独立記念碑)の傍で記念祝典パレードが昼過ぎくらいから行われる、との情報が先輩から届いた。暑いし、一人だしなー、プラザインドネシアで日本飯でもついでにとも思うんだけど、朝飯食べちゃったし、昼飯いらないんだよなー。と気が乗らなかったので、日本市場の終わりはインドネシア時間では13:15であるから、そこで〆て14時前くらいに出発した。タクシーで行けば50,000IDRで到着するのだが、それが高い気がしてきたので、民バスに乗る。民バスとは、窓なし・ドアなし・冷房なし・バス停なしのボロボロのバスなので、バスが来たら手を挙げると速度を落としてくれるので、飛び乗る。料金は3,000IDRだ。これでまずBlok Mまで移動。
sukarno-peci.jpg
ただ、バスに乗る前に、Blok M Square(Squareが汚い方で、綺麗な方がPlaza Blok M)で買い物だ。アジア・ファッションのインドネシア版ペチ(Peci)=インドネシアの偉い人がかぶっている帽子だ。そして、これを東京で着用するのが私の目的だ。タイやフィリピンではペチの宗教的意味も通じるので、ペチを被ってバーで酒を飲むという矛盾が格好悪く、またイスラームがマイノリティなので面白くない。宗教のことなど誰も知らない日本では、このファッションの宗教的意味合いが殺され、単なるアジアンテイストになるという高次元のお洒落の追求なのだ。
頭にペチ(インドネシア)、ネックレスはワットポーで買ったリクラインニングブッダ(タイ)、ブレスレットは天珠虎目(中国)に身を包んだアジア的ファッションwは、イスラーム・仏教・風水と宗教も滅茶苦茶で、ある意味冒涜的なファッションでもあるのだが、「信じるものは巣食われる、これマーケットの真理なり」という投資家らしい主張を貫きつつ、アジアが香る抜群のファッションセンスなのである。
インドネシア・ファッションの代表格はバティック(Batik)というシャツがあるのだが、日本語で言うとガラ・シャツのような感じで、これらをすべて組み合わせると東南アジアのヤクザ? みたいに東京では思われてしまいそうなので、バティックは敢えて外す。ペチはブレスレットやネックレスに比べると圧倒的に存在感あるので、バティックまで着用するとインドネシアに偏りすぎ、バランスが崩れてしまう理由もある。私ももう少し顔がよければ、バティック+ペチで東南アジアのエリート・ビジネスマンと言ってもらえる風貌になるのだが、整形でもしない限りその組み合わせは、電車で周りが空いてしまいそうで嫌だ。

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 1~KOST(アパート)の様子

ジャカルタ、スカルノハッタ空港着。シンガポールからわずか2時間。時差がシンガポールと1時間、日本とは2時間あります。空港から信頼のブルーバードタクシーで、Blok Mから徒歩15分の秘密の潜伏場所まで、140,000IDR+高速代13,500IDRなので、色をつけて180,000IDRほど渡しておきました。
リアルジャカルタ パサールの前
Jakarta-EM-street.jpg
日本ではなじみの薄いグロスミッチェル種、フィリピンのキャベンディッシュ・バナナと違いが分かりますか?
Jakarta-Gros-Michel.jpg
すごい通りです。メインストリートからのわき道、幅わずかに4~5mくらい道ですが、車と人が激しく行き交い、違法駐車の車があったりすると、すぐに渋滞して人も通れないような状態になります。両脇に野菜を売っている屋台がズラッと並び、野菜くずを道路に捨てているので、蝿が飛んでいます。ジャカルタの定番、道の脇で臭いを放つドブ。来たナー、ザ・ジャカルタ、これぞインドネシアのエマージングのかほりです! ホテルムリア(ジャカルタ)、バリ? ビンタン? そんなもんはインドネシアじゃねぇ!

(さらに…)

Read More »

ジャカルタ潜伏 0 前哨戦

インドネシアも大分こなれてきたので、今回はホテルには1泊も泊まらず、いきなりKOST(インドネシアの民が住む長屋風アパート)に泊る。去年のジャカルタ滞在で、マンスリーアパートの契約の仕方や土地勘が無く苦労した様子が、
ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 5/16 ~ジャカルタのマンスリー・アパートの契約
に書かれている。今年は、ジャカルタの密偵「東南アジアのとがり顎」が控えているので、私が去年泊ったKOSTに直接電話し(英語が通じるオーナーなのもありがたい条件なのだ)、手付金は東南アジアのとがり顎が、直接物理的に届ける。去年と同じところなので、場所とファシリティはわかっている。Blok Mから歩いて15分、Wifi、エアコンは完備。シャワーはお湯無し、トイレットペーパーやタオルもついていない。去年はトイレットペーパーなしで1ヶ月ほど暮らしてみたが、あの強力なトイレシャワーで洗っても、今一つ、落ち切らないwので、今年はトイレットペーパーとタオル持参で。

(さらに…)

Read More »

バリに行ってきました 4/4~ヌサドゥア

博打教育
去年はブラックジャックだったが、今年は一段レベルを上げて、ギャンブルの王様、ポーカー
「ババ抜き? ババ抜きも良いけど、ポーカーに挑戦してみよう。ポーカーは運だけのゲームでもあるが、ババを引いて笑っているようでは、ポーカーでは勝てないぞ。」
まずは10個の手役をカードを並べて説明する。役の名前と強さの順列こそ正確に記憶できなかったものの、瞬間で10個すべて記憶できるってのは、若さというのはすごいですね。今回、投資一族でもなんでも無いアカの他人が一人、紛れ込んでいるのですが、ソイツは、年だし、頭悪いし、絶対覚えられないこと間違いなしだ。そういうヤツを相手にする必要は無いので、投資一族だけで早速開始!
クローズドポーカー、5枚配りの2回交換あり。ハンドのみの強さを競うというシンプルなポーカーで、カード交換と役を覚えてもらう。2回交換しているのは、インフレを起こし、フルハウスやフラッシュが出やすくなり、役を覚えてもらうため、役作りの楽しさを理解してもらう目的で行っている。これを10回程度繰り返した後で、ジャックポット、ベットの概念を導入する。コール、レイズ、フォールドの3つの選択肢があり、レイズはスプレッドリミット。カードの交換回数は1回に落とし、ベットはカード配布後と交換後の2回。
たったこれだけのシンプルなルールだが、運と駆け引きだけのゲームとしては最高峰だ。先ほどまではバンバン出ていたフルハウスやスリーカードは滅多に出なくなり、基本的にワンペア・ツーペア・スリーカードの争いとなり、A絡みのツーペアでもちょっと強気になるほどのシブい(まぁ通常だが)ハンド。
「ワンペアでも勝てちゃうんだ…」
「せっかくフラッシュだったのに、これしかもらえない…」
「最終的にはハンドの強さを競うゲームに変わりは無いが、大事なのはベット。いかにして早く下りるか、いかにして相手を挑発してポットを増やすか。ハンドとベットの組み合わせが大事なんだ! ポーカーは誰でもすぐに覚えられるとてもシンプルなゲームだが、アンティ(参加費)とマキシマムベットのバランス、参加者の人数によって最適行動が変わってくる複雑さを兼ね備えている。現在設定した夏休みの自由研究の課題が平易で満足していないなら、『アンティ3、マキシマムベット5の場合のポーカーの最適行動』というタイトルで分析しても良いかもしれない。学校の先生ではその分析を評価するのは難しいであろうから、その分析をするのなら、この俺が直接、評価してやろう。」
ちょっと小学生には厳しすぎたか…。だがルールの理解は当然として、Aワンペアが配られた時点であると、そこそこ良い手だとか、押さば引きのベットの仕方のキャッチアップのスピードは、さすがに早い。「後でポーカーやろう」という発言が後に出たこともあり、ポーカー・ギャンブルの楽しさを理解できたのは合格だ。
「お前ら気付いておるか? ベットの仕方に思いっきり各々の性格が反映されている。慎重で用心深いベット、行け行けドンドン系のベットと対象的な打ち方をしている。将来、彼氏や旦那さんを選ぶ時、言葉で嘘をつくことは簡単だが、博打は嘘をつくことは難しい。特に、本当のお金を賭けている時は、その人がどういう人間か、賭け方を見ているだけで分かる。」
ヌサドゥアに移動
Nusa-dua-map.gif
ヌサドゥアはバリ州政府主導のもとに開発されたリゾートエリアです。確かに道路が綺麗です。また湾岸高速道路は、空いていて早そうです。急ぐ時は、「10,000IDR(100円)なので、払うから高速で」という選択肢もありそうです。
Swiss-Belhotel Bay View Suite の大部屋4人泊まれるスイートルームでしたが、当然お値段はお安く一泊16,000円。150㎡くらいあって、2ベッドルーム、キッチン、バルコニー付ですが、近所にスーパーは無く、ホテルのルーフトップレストランが安い(バーガー50,000IDR程度)ので、キッチンは利用しませんでした。お部屋の感じはかなり良いです。バリのプチ・マリーナベイサンズ、屋上にはふち無しプールあります。(サンズというと怒られてしまうくらい小さなプールです)。この屋上のレストランは景色が良くて◎です。1階にもプールがあり、広さもまずまず25m程度。
swiss-belhotel-bay-view-pool.jpg
Bay Viewとなっていますが、歩いてはいけないくらい海から距離があり、外出はタクシーか無料シャトルバスに乗る必要があります。シャトルバスの行き先は、ヌサドゥアビーチ・バリコレクションとクタショッピングセンターの2つで、全部で6~7本(行き帰り各で)出ていました。またホテル内に建設途中で放置している部分もあり、ちょっとゴーストタウン的な場所もあります。
Bali Collection
ヌサドゥアのショッピングセンターです。SOGOとかもあるのですが全体的にショボいのでお勧めしません。
ヌサドゥアビーチ
プライベートビーチ、ホテルに泊っていないと入れないような雰囲気です。ベルビューホテルは海沿いではないですが、いくつかのホテルと連携した共有プライベートビーチ、ホテル宿泊客には、パラソルとリクライニングベンチを人数分貸してくれます。クタと比べると圧倒的に静か、ただ、局所的な問題かもしれませんが、海草や少々のゴミが海に浮いてます。(クタは無かった) 遠浅で腰ぐらいのところが延々続く感じです。
※ヌサドゥアビーチは綺麗だという意見もあります。
バリは、東南アジア・マスターの投資一族の継承者たちには、ちょっと生ぬるいところではありますが、旅慣れていない日本人には、とても良いところなのではないでしょうか。「バリ? そんな王道リゾート珍しいですね…」と友人に指摘されてしまうほど、無難なところです。
【一族家の教育方針】
2013.10.29 初フィリピン・ボラカイ編 5/6 ~アジア・コミュニケーションの真髄
2013.08.23 ハプスブルク家の悲劇 5/8 ~ルドルフの血統、インブリード
2012.12.06 どうか子供たちに関わらないで欲しい
2012.11.16 北京・ハルビンに行ってきました 11/13 ~中国の赤ちゃん
2012.04.19|真面目系クズについて 2/2
2012.02.13: タイ旅行 3/11~地図クイズ
2011.09.16: 最近の若い衆は
2011.06.24: カラオケと義務教育
2010.11.17: 知られざる技術大国イスラエルの頭脳
2010.08.06: 学業は良い子の遊びじゃねぇんだよ
2009.09.17: 名前をカタカナや漢字で書いてはならない
2009.07.29: 学成り難し
2009.04.08: 試験の評価がスペシャリストを殺す







Read More »

バリに行ってきました 3/4~ウブド・大人のリゾートホテル

ヌサドゥアでシュノーケリング
ヌサドゥアビーチは主に東海岸ですが、アクティビティスポットはヌサドゥア北東部にあります。タクシーで「ヌサドゥア、シュノーケリング」というだけで連れて行ってくれます。クタ南部のMelastiからだとメーター価格50,000~70,000IDRで行けるはずですが、130,000IDRの言い値でDoneしました。十分に払っているので、10,000IDRの湾岸高速を利用して快速コースです。すっかり気をよくした運転手さんは、待ってるから帰りもお願いしますというので、待っててもらうことにしました。
シュノーケリングはここのアクティビティの中ではもっとも安く最低人数2人、1時間、一人30USDもしくは、370,000IDRです。かなり日本人慣れしているので、そこにいるおじさんは丁寧に日本語で説明してくれます。おじさんが適当に「シュノーケリングは400,000IDRだよ」と言っているより、料金表があるので、日本人には安心です。シャワーは無料です。「保険が入って無いですから、フィン・シュノーケル・ゴーグルを失くした場合は、弁償してくださいね。ここにサイン。ホテルの名前とあなたのお名前よろしいですか?」というような感じです。船はちょっと面白いボートで、上にはきちんと屋根がついていて(直射日光を浴びなくて済む)、下がガラス張りになっているので、シュノーケリングしなくても海底が見えてしまいます。「波あるし、海水口に入るし、日光強いし、眼鏡かけられないし」とやる気の無い私は、2~3分だけ海に出ましたが、後はずっと船の上から海を見ていました。視界の広さに多少違いはありますが、マジで十分です。
シュノーケリングの際に良いボート、屋根付き、船底ガラスは最高です! (海に入りたい人は屋根だけで良いかもw)

(さらに…)

Read More »

バリに行ってきました 2/4~クタ・物価

インドネシアなんで飯のことは忘れよう! 煙草だ煙草!
サンポエルナ~どこえ~あるか~~ コンビニ一個売り価格
サンポエルナ マイルド メンソール 15,000~20,000IDR (最安値150円)
マールボロ 赤 17,500IDR~20,000IDR (最安値175円かつアジア最安値、多分世界最安値)
PulpFiction00716.jpg
サンポルナ マイルド メンソールは、私のお気に入りのインドネシア煙草です。インドネシアの煙草は非常に特徴があり、あまくクローブが入っているので、吸うとパチパチと音がします。日本にお土産で持っていくと、「これ本当に合法?」と不安に思ってしまう人がいると思うので、極親しい人に1本あげるくらいが適切かもしれません。独特の香りとニコチンが強いので、サンポルナ マイルド メンソール くらい(タール18mg、ニコチン11mgなので、マイルドでも、赤マルと同等)が普通に喫煙を楽しめるレベルです。もっとヘビーなインドネシア煙草ファンは、グダンガラムになるでしょう。

(さらに…)

Read More »

バリに行ってきました 1/4~日本人優遇

シンガポールからバリへの飛行機で一人で乗ってるヤツ、見る限り俺だけ。ご家族かカップルのみ、寂しい男です。バリ・デンパサール空港で、日本から来る投資一族たちと待ち合わせです。
入国税が25USDから35USDに値上がりしてる!
キレイになったバリ・デンパサール空港

Denpasar-Old.jpg

Denpasar-New.jpg

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 10/10~中国の真面目な大学生たち

張家界学院大学、卒業記念飲み会
中国のマネキネコ猫ちゃんと夕食をしていたら、「大学の飲み会が近くで行われているので、先生も来てしまえばよい」と中国のマネキネコ猫先生に言われたので、おじさんが大学生のコンパw に出席。張家界学院大学は、新しい大学なので、教授陣も若い女性(20代なので教授じゃないかもしれませんが)。そして、語学クラスなので、学生さんも8~9割が女性です。先日、女子会に居た中国のマネキネコ猫ちゃんの友人、周さんが「私は先生とお話したい。隣良いですか?」、私の左腕を取って、「この腕輪は日本で買ったものですか?」 素人女子大生ですが、酒も飲んでいないのにキャバ嬢のような動きで、周囲の女子大生を圧倒し、牽制する周さん。中国の女性は積極的で強いですね。中国にも男女の違いはあるのですが、男女間の強弱や序列がほとんど存在しないという意味で男女平等に思えます。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 9/10~中国の自動車

中国の超都会、北京・上海においては、どうしても外資系=合弁系メーカーの車が多く走っているように見えるのだが、湖南省では見たことも無いエンブレムの車、すなわち、中国国産車=民族系メーカー車も無視できないほどに走っている
中国の自動車産業について、少し触れておこう。
・合弁系
上海、東風、中国第一(一汽)、長安、北京、広州となるが、実際には合弁会社なので、
上海GM五菱、上海GM、上海VW、一汽VW、重慶長安、北京現代、東風日産、一汽トヨタ というような名前になる。外資系は主にVW、GM、現代・起亜、トヨタ、本田、日産、フォード・マツダ、PSA、スズキ、BMW、ベンツ となっている。
小型車10万元前後だが、多くは15~25万元
・民族系
奇瑞(2000年生産開始)、BYD、華辰、江淮、吉利(1999年生産開始)
独立色の強いドメスティック企業だが、完全コピーであることが多いレベルで、コピーからの応用にまで発展してないらしい。BYDは電気自動車でバフェット銘柄らしいです。
10万元以下 の販売価格にほとんどが集中している。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 8/10~森林公園

国家森林公園張家界 250元 3日間有効
行き方は何通りかありますが、張家界のバスターミナルから行くのが一般的です。私は中国のマネキネコ猫ちゃんの吉首大学張家界学院前でバスを拾います。いずれも12元、所要時間は40分程度です。
金鞭渓:森林公園入り口から続く沢です。
chokaka-shinrin-kinmuchi.jpg

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 7/10~鳳凰

houou-kawa.jpg
バスは張家界のバスターミナルから65元で3~4時間。中国のマネキネコ猫ちゃんの友人が2人ほどジョインします。言うまでもないことですが、いかにも真面目そうな中国の若者です。鳳凰でバスを降りると勧誘のおじさんがいっぱいいます。1元で街中までのバスがありますが、彼等の言い値は「1人5元で車に乗せてやる」という類のものです。中国のマネキネコ猫先生がついているので無視。途中で、1元の電動トラック(ミニバス)に乗ります。これ乗らなくても大丈夫、バスだけでもOKです。とにかく川沿いに近づけば鳳凰のメッカです。川沿いはホテルとバーが建ち並び、後はお土産系です。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 6/10~天門山の絶景

今回の旅行の目的、天門山 入場料は258元
chokakai7_c.jpg
映画のアバター、ドラゴンボールなどでも採用されている絶景ですが、ゲーオタ諸君は
TEKKEN 3 / 鉄拳3 レイ・ウーロンのエンディング


うーん、ここかどうか確信はないが、まぁとにかくすごい光景なんだよ。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 5/10~張家界の街

chokakai-shinrinkouen.jpg
張家界と長沙の違い
張家界に来てわかったのが、同じ地方都市でも、まったく違います。張家界は、いわゆる普通の中国で、それに比較すると長沙はかなり綺麗です。普通の中国というのは何かというと、若干古い目な感じ、例えば、狭い路地にさらに所狭しと露店商(焼き芋、中華まん、揚げ餅、果物、野菜など)と零細食堂が建ち並び、人、バイク、車がひっきりなしに行き交う。また建物もちょっと古く、湖南省の岳麗書院にあった薄い瓦が現役で使われています。中国はどこの都市でも新旧入り混じっているとは思うのですが、広州と張家界のちょっと古い感じが似ているなと思いました。
張家界は長沙より暑い。正直、この2地域、距離300kmでそれほど大きな差は無いはずですが、晴れているか、曇っているかでかなり気温に差があります。だから朝・夜の冷えは、シンガポール住みには厳しく、Tシャツ一枚では風邪を引きそうなくらいで、日本から来た人は下着+長袖+1枚羽織るくらいでちょうど良いです。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 4/10~湖南大学、岳麓山

長沙3日目
chosa-kaorinabe.jpg
昼食 香鍋 火鍋とは違って、食卓で煮るのではなく、具材を選んだ後、調理場で煮たものが出てきます。ネット前払いのディスカウントで25元(1人分負担)。入り口が狭く、奥が広い変な構造。店内喫煙OKなのが、中国の醍醐味w
昼ご飯を終えて、プラプラ歩きます。パイナップル3元、1/6カットして串に刺してあるもの。1個丸ごとだと15元。タイ・バンコクのカット・パイナップルが15THBですから若干高いです。
・不動産価格
単房、ワンルーム・ルームシェア系の部屋貸しは、450元広告あり。一方、中国のマネキネコ猫家は5000元/月で、7人家族が住める家、今売ったら80万元というのがこのあたりの不動産価格のイメージです。もちろん、天心区の中心がこれより高いのは言うまでもありません。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 3/10~湘江を歩く

長沙の街の全体像をつかむために、最初に地図を載せておこう。ちなみに青地の矢印が我々の進軍経路であるが、徒歩で歩くにはかなりな距離であることがご想像いただけよう。
Chosa-City-Map.jpg
川沿い ギャンブルと警察利権
Chosa-City3_c.jpg
立っているのがヤクザ。座っているのが客・プレイヤーで、

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 2/10~長沙の規模

湖南省・長沙の街は小さくないのだけど、田舎と思われる特徴。
・住宅地、しかもかなり綺麗で30F建クラスのマンションは散見されるが、企業・オフィスビル・商業ビルのようなものが見えない。
・Google、Facebook、You tubeこのあたりは中国はできないことが多いが、Twitterまでできない。
・一番目立つ銀行はABC 中国農業銀行。
・セブンイレブンがない。
・けっこう綺麗なホテルなのに、クレジットカードが使えない。英語はほとんど通じない。
・携帯のシムカードも、パスポートでは買えず、中国の人民カードの提示を求められる。
後に調べたことであるが、湖南省は決して田舎ではない。地方都市と呼ぶのが適切であろう。GDPはさすがに比較にならないが、
 湖南省 vs 日本国
人口 6800万人 1億3000万人
面積 21万k㎡ 38万k㎡
さらに湖南省の省都である長沙市(中国の行政単位は省・市・県と並んでいるので、市は県よりも大きい概念ですが)、大阪市ではなく大阪府と比較するくらいの規模で
 長沙市 vs 大阪府
人口 710万人 890万人
面積 12000k㎡ 1900k㎡
このように、人口密度が日本の都市部に比較すると、極端に低いので長沙市到着後、数時間で極一部しか見ていなかった私には、長沙が田舎という印象を受けたのです。
chosa-restaurant5.jpg
レストランでお食事。ご家族、お父様、お母様、お兄様と義理のお姉様とその赤ちゃんで、お食事です。湖南料理です。
チンジャオロースー、豚足、マーボーナス、魚の油がけ、ここまで普通、ちょっと珍しいのは、豚・レバー揚げ(油の中に豚肉と香草を入れて、目の前で、ジュワーと揚げるのが流儀のようです)、香芋(火屯)牛楠というオックステールと里芋のスープです。長沙のこの近所で一番のレストランらしく、お父様は常連らしいです。確かに全部おいしくいただきました。

(さらに…)

Read More »

中国全土落下傘計画 湖南省編 1/10~きっかけは中国の女子大生

アジア在住の諸君はご存知だろうが、中国についてあまり知らない読者に合わせて、基本から。まず湖南省の位置だが、海は無く広東省に接するほどの南部です。位置程度は最初に知ってもらった上で、細かいことを後述していく。湖南省へ行くきっかけを助けてくれたのは、”中国のマネキネコ猫”(仮名)ちゃんである。
China_Hunan.png
湖南省は北京・上海に比べれば、ローカル色が強く、中国語以外はほとんど通じない攻略が難しい地域だが、中国のマネキネコ猫ちゃんの協力により、初回攻略を果たしたこの私の記録を見れば、ガイド付きのツアーなど無くとも観光できるであろう。また、北京・上海に比べて、治安が良く、外国人相手にボったくる悪い人は少ない地域なので、それも諸君らを助けるであろう。地図を中心に丁寧に解説したつもりである。

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 長野編

TMNB長野支部臨時復活。MNB氏は昨年日本で結婚式を挙げたが、
「金を貯めようと思ったら、使わないことだよ。あんたは葬式があれば1万、結婚式があれば2万と出すだろ?そんなもん出していたら金は残らない。」 by マルサの女 権藤
の精神を地で行く私は、結婚式への参加・不参加を問われた際、「一つの理由だけで日本に行くためにカネを使うことは許されない。アジア一国一愛人構想の発展形である日本全土落下傘計画を検討してから返事をする。」  結局、去年は落下傘部隊が見当たらず、結婚式への参加は断念した。ここから約半年で3つの落下傘部隊を擁し、即実行。横浜に30年住んでいたせいか、日本の地方都市に友人が居ない。日本国内旅行は、子供の頃に家族旅行で行ったことがあるが、貧しい出ゆえに回数・箇所も少なかった。九州、東北は初、長野は軽井沢と志賀高原に行ったことがある。今回は、長野の飯田線沿い伊那。
新宿からスーパーあずさで2時間で上諏訪。そこから飯田線。この飯田線の頻度が致命的に少ない。飯田線は、電車のドアの横に、開けるボタンがついているw 単線、無人駅、二両編成。うーん・・・キテル。今回で一番の田舎だ。無人駅の場合、車掌さんは大忙し。駅に着くたびにホームに出て、切符の回収や定期を見るのです。諏訪湖が川のように大きくあり、天竜川沿いを走ります。オリンパスの工場がありました。

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 8/8~中洲の魅力

4日も通いつめているので、私が段々太客化してきました。同伴、着替え中のお付の者、店長・店員、一日目に席に来た子たちの扱いが変わってきました。一日目に席に付いた子たちは、「クソー、運が良いヤツめ、逃したわ」という感じがありますが、チャンスは平等。子供用携帯だからこっちからかけられないので、ホテルからで非通知になってしまう。夜中の非通知着信に勇気をもって出て、かつ次の日にもっとも早く返信した者が彼女なのだ。厳しい世界よのぅ。お店が空いていたので、店長が気を利かせて、別の女性を送ってきてハーレムナイト化。
お好み焼き・焼きそば ぼてじん
週末ウクライナにロシアが軍事介入したニュースを受けて、今日のアジア時間は下げに始まり、夜は米国市場で少し取引をしたかったので、23:00頃にはホテルに戻って準備、我ながら真面目すぎる。2時間ほどで取引を終え、今夜のお夜食はお好み焼きにしてみました。キャナルシティから徒歩3分です。お好み焼きとぼてじん焼きがあり、ぼてじんは山芋と卵がふんだんに使われた生地です。また 豚てき というのは豚のステーキの略らしいです。ぼてじん・豚てきで1100円。そこそこしますがおいしかったです。デフォルトの味は若干薄めです。ソースを頼むとくれます。

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 16/16~香港日本人村に属さない日本人

Novotel Century Hong Kong Hotel 世紀香港酒店 の Lao Shang Hai 老上海飯店
住所:238 Jaffe Road, Wan Chai 灣仔謝斐道238號世紀香港酒店地庫1層
電話:2827 9339 (予約したほうがいいです)
老上海(ラオシャンハイ)は私が香港に居た時から通いつめていた日本人御用達の上海蟹のレストラン。香港人達からは「レストランで上海蟹? そこらへんで蟹買って、鍋で蒸せば誰でも作れる料理をホテルで食うとは愚の骨頂!」 と嘲笑されていましたが、私は頑固な日本人なので、香港人に否定されても、老上海は止めません! 名店だと思うんですけどね。2013年現段階では2007年に比べて、客層は日本人が減り、香港人が多かったので、香港人にも価値が認められたのではないでしょうか。
私の推奨メニューは、上海蟹のあんかけ麺と上海蟹の獅子頭の2つです。私たちは3人だったので、これに加えて後1-2品で十分でしょう。3品も頼んでしまったのは少し失敗でした。しかし、十分に上海蟹を堪能できまして良かったです。ビールと紹興酒を頼んで1人800HKD+程度で、十分に満腹です。香港滞在当時は上海蟹尽くしのコースを頼んでいましたが、蟹を剥くのが手間なので、この上海蟹のあんかけ麺と上海蟹の獅子頭は最も効率的に上海蟹を楽しむことができるといえましょう。

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 7/8~福岡ドメ

博多 藪 そば、かつ丼・かつ重、天ぷら
博多区中洲4-2-2
hakata-yabu.jpg
キャバ嬢お勧めだったので、お夜食にカツどんを食べてみました。お夜食のカツどんという感じですw つまりガッツリでは無く、肉は小さめで、衣と玉子で食べる感じ。おいしかったですけど。凄い時間なのにほぼ満席でした。さすが日本、夜中の2~3時でもご盛況。そういうところが田舎シンガポールはダメですねw

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 6/8~同伴三昧の太客

博多 水たき 濱田屋
博多区店屋町3-33
TEL 092-283-2002
営業時間 17:00~22:00
定休日 日・祝日
mizutaki-hamadaya.jpg

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 14/16~懐かしき支店研修

富聲魚翅海鮮酒家 3F
353 Lockhart Road Sunshine Plaza
日本人が中心の集まりなのですが、香港人がディナーのセットアップをしてくれました。分厚いチャーシュー、アーモンドスープと3つの足(豚・鶏・なんだったっけ?)、子豚の丸焼きなど沢山。細かいの忘れました。おごってもらって領収書も無いのでどうしようもありません。おごってもらうのは、お財布には良いのですけど、記録には不向きです。値段も不明ですが、それなりに量と質があったので多分、高いw バブリー先輩の仕切りなのですが、セットしてくれた香港人とは6年ぶり、日本からのゲストが偶然にも知っている人で12-13年ぶりでしょうか。なので、昔話に花が咲いてしまい料理の内容の記憶が薄いのです。

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 5/8~福岡入り

ショックが大きすぎて、思わず筆が止まってしまったが、熊本の最終夜、どこかでJRパスを紛失してしまった。すべての計画を変更し、大阪・飛田新地・京都はパスして、福岡から一気に横浜に帰ることにしました。(泣
高鮨
バブリー先輩の行き着けのお店なので、大将のまかせ でいただきます。食べログスコア4.3というの驚異的に高いらしいです。たけのこから静かに始まり、しらこ茶碗蒸し、刺身の盛り合わせ(普通にマグロ、イカ、赤貝、こはだ、ほたてなどなどあるのですが、特徴は あら、タイラギ、のどぐろ が入っていることです。場合によってはクエも出てくるらしいです)、アナゴ・うに・いくら、鯖鮨(こんぶ巻き)が絶品。くじらもありました。鮨ネタがひとひねりきいているというか、標準と少し変わったものを出してくれるのが面白いですね。さらに焼酎のラインナップは強烈に贅沢で、森伊蔵、魔王、万寿が標準で、言うとプレミア、ヴィンテージモノが出てきます。お値段はそれで一人12000円程度と良心的です。焼酎を飲みすぎて22時に撃沈。

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 13/16~香港大学MBAの大人な女

愛しのジャクリーンの登場
Caroline-Bouvier-Kennedy.jpg
ジャクリーンは、私が香港に居た時、同じ会社の債券部門で働いていた香港人である。ジャクリーンは私のお気に入りであったものの、気弱な私は直接飲みに誘うこともできないので、日本人を使って飲みに行った時の話が、以下であるが
2011.03.29 すれ違い続ける二人の愛 ~ロングバケーションin香港

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 4/8~熊本

豊肥本線、九州横断特急で大分から熊本に移動します。信長の野望的には攻められない難所・阿蘇山ですが、現代は技術の力で、電車が走っています。一箇所、スイッチバックと呼ばれる走法、舞い落ちる木の葉のような動きで電車が下る個所があります。大分からだと阿蘇駅を越えたあたりです。片道3時間、2両編成、1日3-4本という電車です。便利さではソニックで、小倉から行った方が良いでしょうが、これはこれでオツな移動手段だと思います。
熊本駅、熊本は駅ではなく、城下町なので、城を中心に町が発展している都合上、熊本駅は小さいです。路面電車が走っており、バスのような感覚で乗ることができます。熊本の銀座通りがあり、それに垂直に”下通り”(しもとおり)と呼ばれる通りがありますが、ここは巨大資本が入り込んでいて、あまり観光客にとって、面白くはありませんが、下通りのソイ(小道)は・・・、
熊本って、日本のバンコク?

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 14/14~シンガポールへ

リーラム、私と二人っきりですでに1週間が経過した。ご家族と一緒の場合は民主的に行動が決まるので、早寝早起き、よく食べてよく飲んでよく寝る田舎スタイルとなろうが、たった2人の場合、どちらか一方の独裁的な行動パターンに帰着する。私は自分のライフスタイルをリーラムに押し付けようという気は無いのだが、彼女があまり強く自己主張しないため、私のペースで日々が進んでいく。彼女が思っている私の時間の過ごし方の特徴を推測してみよう。
1.よく寝る:ベッドでゴロゴロしている時間も含め、徹底したインドア派。
2.よく歩く:外に出たと思ったら、15-30分は平気で歩く。暑いよー、トゥクトゥクにしない?と思っていることであろう。東南アジア人は日本人より遥かに歩かない。彼女にしてみたら、たかが徒歩15分は地獄の行軍に思えていることであろう。チェンマイの夜は涼しい、渋滞は酷く、トゥクトゥクからも乗車拒否されたら、歩くしかないでしょ? バス・ソンテウ・電車が民の足と表現してきたが、最も基本的な民の足は、自分自身の足に決まってる!
3.ほとんど食べない:おそらくこれが最も地獄な要因だ。胃袋が小さいタイ人は一日中少しずつ食べ物を口にしているように私には見える。そんな習慣のタイ人は、空腹を感じる前に食べ物を口にしているであろう。一方、私が常時敢行しているプチ・ラマダン、空腹を感じ始めてから数時間経ってから食事を取る。食事の感覚・間隔が合わないとはまさにこのこと。日本人の女性でさえ、私と72時間以上二人きりで過ごした後は、「あなたに合わせて生活していたら、ダイエットに成功した」、「どうしてあなたがそういう体(痩せ型)なのかよくわかった」などという報告を何度か受けている。これは3つの習慣のうち最も重要な要素だ。「狩りも農耕もしていない現代人」は、明らかに運動不足なのだから、満腹になるまで食べてはならない。

(さらに…)

Read More »

日本全土落下傘計画 九州編 3/8~大分ローカル

府内城跡、大友宗麟の居城です。城跡なので、天守閣はありません。堀と城壁だけです。信長の野望ではかなり大きな城でしたが、城跡は歩いて周るに苦労しないほどの大きさでした。府内城の後ろ(海寄り)は、大分のお役所どおり、県知事公舎、警察署、税務署、弁護士会館、建設会館などが密集しており、大分利権が、芳しく香る通りですw
Redwood
大分市の大手町1-3-2にあるバーガー&ビアのお店です。嬉しい開店時間が11:00-24:00。大分で昼から酒が飲める名店です。ただ、ビールがImportedなので、外国から遊びに来た私からすると少し価値が落ちます。アジアビールではなく、アメリカン・ビアに強いお店のようなので、そっちをオーダーします。
地魚 ふぐ処 しんのすけ
大分市千代町1-2-8
TEL 097-538-0075
sinnnosuke.jpg
ふぐ刺し、ふぐ鍋、雑炊のコースでいくらだと思いますか? 驚愕の3500円! 

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 11/16~読者とオフ会

今夜はブログ読者から、「会いましょう」とのリクエストがあったので、それに出かけます。正直、2回しか会ったことのないタイっ子を訪ねてタイの奥地に行くことと比較すれば、香港で見知らぬブログ読者と会うこと? 比較にならないリスクの低さだね! なので読者のみなさーん、気軽にお声掛けください。特に女性読者は歓迎光臨でございますよw
茶餐廳の値上がりと質に失望していたので、ワンチャイで中華をリクエストし、いただきます。ワンチャイの駅から徒歩0分の茶餐廳でお食事します。ショウロンポウ、チャーハン、鶏肉野菜煮、などをいただきましたが、3人で食べているせいかとてもおいしゅうございました。二次会は
Dog House
Shop A3,G/F Hay Wah Building,72-86 Lockhart Road,Wan Chai
Tel:2528-0868
Mojitoとブラッディーマリーをいただきましたが、ブラッディーマリーがスパイシーで美味しゅうございましたので2杯ほど。
Hanzawa-ep10-5325.jpg

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 13/14~チェンマイ・ロイクラトン

ピン川沿いのレストラン
ChiangMaiNightBazzarPlace.jpg

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 12/14~チェンマイのお食事

チェンマイのレストラン クルア・ペット・ドイ・ガーン
http://franny.exblog.jp/16859716
に記載されている通りに従って、私は、白ウコン(クミン)のサラダ「ヤム・サーモンプライ」と言われる生ハーブのサラダと牛の内蔵のスープ「トム・セーップ」を注文、一方、リーラムは、野菜スープの「ゲン・ケー」とソーセージ「サイクーア」を注文。私のお勧めは、白ウコン(クミン)のサラダ「ヤム・サーモンプライ」です。
kurua-pet.jpg
(写真は上からサイクーア、ゲン・ケー、トム・セーップ、ヤム・サーモンプライ)
まったく辛くないのですが、タイの田舎から出てきたばかりの私にはw なんとも都会的な味わいで、最初は少し青臭さを感じますが、食べるほどにハマります。これは必須でしょう。またご飯はカオチャーオではなく、コーニャオを選択するほうが良いでしょう。ここのコーニャオは赤飯になっており、粒の固い米が入っていて二穀米のような仕上がりで独特なので、頼んで損は無いでしょう。

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 11/14~チェンマイ入り

明日からチェンマイ、家族の車、3日までなら使ってOK、ついでに5000THBの特別小遣いをくれとお母さんにお願いしたら、弟が「みんな真面目に農作業している中、遊んでいる奴に、そんなものやる必要ない!」と喧嘩になったようだ。当然だ。お姉さんであるリーラムは大卒で、シンガポールでも働いたことがある国際感覚を持っているが、お父様、お母様、弟は、この地しか知らない農民だ! 昨日、弟は私とリーラムが英語で話しているところを見ているではないか。お姉さんは大学を出ていて英語も話せる。弟からしたら、お姉さんはその分、現金で家族に貢献して当然だ。それに使わない余分な車など保有している余裕は無いはずだ。
5000THBと車を家族に返すんだ。チェンマイで遊ぶ金は俺が出す。チェンマイへはバスで移動する。心配するな。」

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 8/16~深圳・羅湖へ

深圳・羅湖への行き方が、完全に記憶が飛んでいて、少し行き方に戸惑ってしまったので、まずは香港から深圳・羅湖への行き方から。
MTR尖沙咀から、西鉄線の尖東駅(尖沙咀東)まで地下道で歩きます。尖東駅から紅磡(ホンハム)まで1駅。
紅磡から東鉄線に乗り換えて羅湖。尖東から羅湖までは38HKD前後(現金が高く、オクトパスは若干安いです)で尖沙咀からイミグレ等の時間含みで1時間程度で到着します。
羅湖の駅とイミグレは08年の記事(古い!)で既に書いていることですが、なんかとても好きです。香港に比べると、深圳は歩いているだけでグッと緊張感が増します。実際に怖いことに会ったことはありませんが、多額の現金を持って歩くのが極めて危険そうな雰囲気は漂っています。
2008.04.15 国境 ~統治権の狭間 より

狭く天井の低い通路と橋を渡り、イミグレを抜けるとパァーッと広がる風景
一歩歩くたびに、深圳の雑踏に体が溶けていき、闇に全てを隠せる…そんな錯覚に襲われます。
法律・税制・通貨・物価・言葉が変わり、パスポートがないと超えることができず、様々な持ち込み制限があります。
その変化を噛締めながら、世界最強の日本パスポートで、すぅーっと、国境を越える瞬間、開放感と優越感に浸ってしまうのは私だけでしょうか?

miki000.jpg

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 9/14~リーの物価

タイ・マッサージはなんと100THB/1時間
驚愕のお値段です。あまりにも安くて申し訳ないので「チップで50THBくらい渡そうか?」と聞いたら、キーニャオなリーラムは「そんな必要は無い。行くぞ。」と言ってとっとと店を出てしまいました。土地代が安いというより、マッサージという需要があまり無いようです。確かに、バンコクのマッサージって客は全部外国人です。ただここの場合、外国人慣れしていないので、かなりやりにくそうにしていました。若い女性でしたが、超田舎顔。手の感じもずしりと思い、農民パワーで揉んでもらいました。一応仕切りはあるものの、店内は明るく、バンコクのマッサージ屋でありがちな悪意あるいたずらもなく、健全な1時間でした。リーラムは、マッサージは嫌いそうな顔をしていたので、1000THBほど握らせて、「これで買い物でも行って来いや」と1時間待っててもらいました。
ディーゼルは30.7THB/Litter(ガソリンは40THB/Litterくらいします)

(さらに…)

Read More »

バンファイパヤナーク観測計画 11/11 ~ハーレムナイトinナコンファノム

最終夜
「飯でも食おうや」とご家族がホテルまで迎えに来ます。ここで一番上のおネーさん出現、もうやっぱり記事は後で書かないと整合性が取れなくなりますね。置換すれば解決なのですが、もうファノム姉と名付けてしまったので、一番上のおネーさんはファノム大姉と名付けましょう。タイ人は他人でも「シスタァー」と言ったりするので、よくわからない家族関係ですが、推測通り、お母様とお父様の関係は破綻しており、お母様はファノム姉の母ではあるものの、ファノム妹の母ではないことが最終日に判明しましたw 俺は最後まで勘違いしてお前に気を使ってお母様に媚び媚びしていたのに、圧力の矛先はファノム妹ではなくファノム姉に向っていたことになります。
思い返せば、お母様のご実家でも、お母様の横にずっと座ってゴロゴロしていたのはファノム姉で、ファノム妹は随分消極的にお母様と接しているなという印象でした。さらにノンカーイからの帰り、ファノム姉が車の中でいきなり泣き出してお母様と喧嘩していました。理由は、帰り道にお母様のお友達の家に寄り道しました。お母様は20年ぶりの同窓会だったようで気分が高揚しています。

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 8/14~家族の会話

タイの農家
坂の途中にあり、入り口は狭いが広さはそこそこにあるが、現在、コーンの収穫中、昼間は誰も居ない。地下室のようなところに、袋に入ったコーンが山積みにされている。いすずのトラック、クボタのトラクター、いすゞの軽トラなどなど、日本銘柄オンパレード。坂の途中というか山の斜面にあるので、視界が狭く、どのくらいの広さかはわからない。実は改装中の家が別にあって、ここは仮住まい。完成したらもっと広いし綺麗だし、お前の部屋も用意できる。とのことだ。宿泊するところを探し求めて、20-30分かけてメインストリートに戻り、さらにメインストリートを北上して20-30分したところで、お父様から電話、「車を使うから家に戻せ」ということで、呼び出されて、また1時間かけて実家に戻る。
田舎嫌いのリーラム
一応、軽く挨拶はしたものの、一緒にご飯を食べるでもなく、即撤退だ。リーラムは、家族が嫌いなのではなく、結局、田舎の感覚が合わず、彼らと話すことがあまり無いのだ。誰も英語を話せないので、言語と感覚がずれまくっている私は、さらに家族と話せるはずが無いと踏んでいるのだ。確かにそうなのだが、話さなくていいんだよ、一緒にご飯食べて、酒飲んでいればw リーラムの弟は既に結婚して子供までいるのに、それよりも年上のリーラムが独身を貫いて、遊び続けているので、「早く結婚しろ」と言われ続け、それがうっとおしいのだ。
リーラムの話を聞いていると、状況がわかるわ。会話が合わないという意味では、国は変われども、私も似たような状況だ。
父と私
「飯食ってるか?」 「食わなければ死ぬ」
「シンガポールは暑いか?」 「季節は無い、常に暑い」
「じゃ、体に気をつけて」 「毎度どうも」
いつ会っても変わらない意味の無い会話だ。

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 5/16~広州の街

一人で歩く・行動する広州の街
Di Shi Fu 第十甫路の様子
Di-Shi-Fu.jpg
天河という地域が本当はメッカなのですが、私はHoliday Innからの徒歩圏を少し歩いてみました。翡翠社長は広州に住んでいた経験から「この街は香港や上海と違って古い町。当然ながら近代化・都市化は以前とは比べ物にならないほど進んでいるが、昔からの伝統が残る傾向が強い。」と語っていましたが、私もまったく違う観点、タクシーから見える風景で、一瞬金融街を通り抜けましたが、工商銀行、建設銀行、農業銀行、中国銀行などの超大手に加えて、従来ならあるはずのHSBC、Citi、Deutsche Bankなどの外資系銀行の看板はまったく無く、代わりに広東省地銀と思われる広大銀行・証券などの広東省の広がつく金融機関の看板が目立ったことから、伝統・地元意識が強いのだろうと推測していました。

(さらに…)

Read More »

バンファイパヤナーク観測計画 10/11 ~ノンカーイ入り

ついに辿り着いたバンファイパヤナークの地
イサーン3県、ナコンファノム-サコンナコン-ノンカーイ 投資一族の進軍経路
Isan-Map-Nakhon-Phanom-to-Nong-Khai.jpg
後から確認したところによるとSo PhisaiのWat Porn Sawan(寺の名前)と言うのですが、So Phisaiはメコン沿いではないし、Wat Porn Sawanもメコンから8kmも離れているのですよ。正確なところはわかりませんが、Wikipediaによれば観測地点はノンカーイ内に20箇所ほど存在し、一番有名なのはSi Chiang MaiのWat Hin Mak Pengと書いてありましたが、私が見たところはPhon Phisaiのどこかからだと推測しています

(さらに…)

Read More »

第5次タイ攻略 後編 7/14~リーの様子

車が着いた先はリゾート。サコンナコン、ノンカーイで既に経験していた非ホテル形式の宿泊形態ではあるが、英語で言うたらモーテルだ。車で直接乗り入れて、車を降りたら部屋がある。モーテルという説明が一番しっくり来る。泊まったところの名前と電話番号もわかっているのだが、住所は書かれていないわ、英語ができるスタッフなど当然居ないので、ここに書いても意味が無いので省略する。500THB/1泊とちょっとお高め(サコンナコン、ノンカーイでは300-400THB)だが、冷蔵庫、暑いお湯が出るシャワー、バンコクのホテルよりも速いWifi、朝食が付いているので、この値段となる。今、ちょうどリー・ラムプーンの寺で催し物があり、バンコクなどから大量の観光客がここに来ていて、ここら辺のリゾートが埋まっているのも、強気プライスなのかもしれない。ちなみに、ここは2泊しようとしたら予約でいっぱいと言われたので、次の日に泊まったリゾートは、冷蔵庫無し、水シャワー、Wifi無し、朝食も無し、だと驚愕のプライス200THB/1泊だったw

(さらに…)

Read More »

人民元売却計画ステージ2 4/16~翡翠市場

翡翠社長の仕入れとは、中国で女性を買い取って、日本に売り飛ばす・・・ とかいうヤクザめいた人ではなくて、石の仕入れです。中国でも香港と同じように忙しないのですが、ホテルにチェックインしたら即、仕入れにお出かけです。
Hanzawa-ep08-4115.jpg
石ビル、宝石ビル、もっと具体的にいうと翡翠ビルまであります。歩いて5分程度の距離です。
Di Shi Fu 第十甫路(だいじゅうと読めると思うので、だいじゅうとDi Shiが音が近いのはお分かりいただけますね?)は、ショッピングモールではなく、ショッピングストリートで、日本で言うなら原宿の竹下通りのようなものです。(私は竹下通りに行ったことが無いので実際知らないんですけどねw) 北京の王府のようなものと思っていただいて良いでしょう。若者と消費の象徴のような通りは5分で通り過ぎ、翡翠社長は石ビルで仕入れ開始です。石ビルについての解説は、次の日に行く、”石市場”との対比で考えると説明しやすいので一度、ここで止めておきます。ここで電話「今、石ビル2の3F、3A91に居るからちょっと来てくれる?」とバイヤー仲間を呼び出します。インド人・中国人が呼び寄せられ、石の生産状況と末端価格、各石の市場動向、石ビルの各店の情報などが交換されます。一口にバイヤーと言っても、仕入れに強いバイヤーもいれば、販売に強いバイヤーもいて、翡翠社長は販売に強いので、買い付け・仕入れの部分では、仕入れバイヤーに助けてもらう必要があるのです。

(さらに…)

Read More »

初フィリピン・マニラ編 14/14 ~熾烈なキャバ嬢の世界

いよいよやってきました。最終夜です。最終日もある客先で話をしていたので、同伴できませんでしたが、お客様が私に気を使って、「エキゾさんが通いつめた店でも行きましょうか。」と言うので、またもB&Aに突入です。店ナンバーワンの太客エキゾ先生が、3人でやってきた! 嬢たちの期待が膨らみます。しかし、私の連れの2人は「フリーで」、指名をせず20~30分おきに嬢が変わる制度を頼みます。では私も一人でいつものように3人付けするのも気が引けたので、マニラ香里奈だけが私の席に、お付の2人は「今日はお客さんと一緒だから駄目だ、ごめんね」と合図を送る。嬢たちのテンションは一気に冷え込みましたが、私はとても良かったです。2人の連れのところに20~30分おきに、嬢が来て、合計8人くらい見ることができたからです。中でも一人、私の目を引いた娘が居ました。
事件はこの後起こります。
太客の動きは店内の誰かが必ず見ています。最終日前日、私は、「マニラ香里奈、怒るなよ・・・。ナンバーワンはお前だ。だけど今日はセクシーな女の子見つけたぞ。あの子だ。」と指差した。席ではマニラ香里奈とその友人2人にがっちりガードされているので、セクシーな彼女は呼ばれることも無く、「ハハハー、パロパロか?」と一言で、いなされ、何事も無かったかのように過ぎて行きました。しかし、誰かが「太客のエキゾ先生がお前のことを指差していた。」とセクシーな彼女に伝えていたのです。最終日に、私の席に来た8人の中で私の目を引いた娘には、私は3回「可愛いね」と言っています。指差したセクシーな彼女と「可愛いね」と言った娘は従姉妹同士、席を立って待ち受け場所に座った時、従姉妹同士、姉「どうだった?」、妹「指名もらえなかったが、エキゾ先生に可愛いねと3回言われている。」 姉は、私に指をさされ、妹は気に入られた。私達は従姉妹同士…ということは? 「私達の顔はエキゾ先生好み」!!! その時「太客を狩りに行くぞ!」 と決意したのでしょう。
JK35-066-Hunting.jpg

(さらに…)

Read More »

Qualia Systems Inc. 2016 | All Rights Reserved. Theme by Flythemes