タイ全土落下傘計画2015 14/15~南十字星を求めて

初・タイ人にタイ人と間違われました。帰りのコンビニでタイ人の店員さんにタイ語で話しかけられました。パッポンで売ってるステテコと空手着のあいの子みたいなズボンとシャツ、アジア風のネックレス3つ(ワットポーで買ったリクライニング・ブッダ、今回買った三角の中のブッダ、水色の石)と数珠ブレスレッド、さらにバンコク・スクンビッド・ソイ3で購入したセクシー・サンダル。ほぼ90%タイで買った装備なので、現地化したのでしょうかw いえいえ、クラビの観光客は、ほとんど白人でアジア人見かけないので、アジア系=タイ人という勘違いというのが最も妥当な説明でしょう
budda-head.jpg
数珠やブッダ系に代表されるエイジアン・アクセ。白人しかいないこのランタ島で、これ見よがしにアジアを主張し、唯一のエイジアン感があって悪くない気分です。ジャラジャラ付けてると、バンコクでは調子に乗ってお土産買わされてる日本人に見られ、クラビでは現地の飾りをつけているタイ人、日本ではヤ○ザと思われてしまいます。当然ながらアジアでは、エイジアン・アクセは民族衣装・宗教アクセ扱いなので、「怖い」などと言われたことは一度もありません。日本におけるヤ○ザ扱いはアジアの伝統と文化、宗教に対する冒涜です。
しかし最も宗教を冒涜してるのは、異宗派を同時につけてる私だw 大乗仏教、風水、上座部仏教、イスラームを全部身につけていて、本体である私は、無”信”論者だ。今度、フィリピンで十字架でも買ってやろうかな。


ステーキハウスの文字に誘われ、久しぶりにウエスタンフードを食べてみたくなりました。パタヤも白人文化なので、パタヤでも貧乏白人セット、バーガー・ピザ・ケバブを食べたくなるのですが、ランタ島ではステーキにしておきましょう。サーロインステーキが600THB。まぁ、値段なりには、おいしいです。パタヤの場合はウォーキングストリートに行けば日本人がいます、チェンマイでもナイトバザール近辺では、日本語の看板を出しているカラオケが見られたのですが、ランタ島は白人100%だな。クラビ本島は、日本人にも知名度があるので、そんなことはないと思うが、フェリー2つ乗ると、この状態だ。
ホテルに帰り、ふと空を見上げると、満天の星空。4等星まで見えるのではないかと思えるほどだ。日本の空だと各季節の大三角形と1等星だけ覚えていれば十分だがここで星を見るにはもうちょっと勉強しないと楽しめそうに無い。オリオン座のベルトは当然として刀までくっきり。南十字星を見えるらしいのだが、不勉強で探すことができなかった。ホテルの向きで、ホテルが邪魔して南向きの空が観測しにくかったのもあるのだが。別の日にも夜空を見上げたが、2日目の夜が最もよく見えていたので、日によって見え方が異なる。
ちなみに南十字星の見つけ方はケンタウルス座の足、2つの一等星、黄色のリギル・ケンタウルスと青白いハダルを目印とし、その先にある。リギル・ケンタウルスは太陽系から4.39光年しか離れておらず、最も近い恒星系だそうだ。4.39光年しかと書いてあるので、km換算すると、41.5兆kmで、第二宇宙速度(懐かしい単語だw)の約2.5倍の時速100,000kmで、宇宙の旅をすると仮定すると、47000年”しか”かからないことになる。う~ん、近いw 南十字星自体は、2つの一等星を持ち、十字架の下と左に当たる星、アクルックスとべクルックスが目印となろう。ケンタウルス座と南十字星が持つ、2×2の4つの一等星を星空の南側から探すことになるのだが、なんせ見慣れない南の空。ナコンファノムではカシオペア座が観測できてたんだよね。どのくらい違うかというと、
ナコンファノム N17,E104 クラビ N7.5,E98
一応ナコンファノムよりクラビは10度ほど南だけど、ナコンファノムでカシオペア座がくっきり観測できていたので、これ、やっぱ冬はみえねーんじゃねーの? あー、クラビ(ランタ島)でカシオペアか北斗七星を探せばよかったか…。北の空があれだけ見えていたんだ、23.4度の地軸の傾き、多分、冬はタイでは南十字星が見えない時期だね。
読者で、星座オタクwいねーと思うけど、間違っていたら指摘してくれ。
私の泊っていたホテルに勤めているリーラムが、「今夜はホテル開催のムエタイがあってチケットを売る仕事をしなければならない」という日があったので、ちょっと夜の街に繰り出してみました。ここは原則、一人で来るところではなく、ご家族、カップル、友人と来るところです。クラビに一人で行くって聞いたことないですよね?ww 
どの店もみんな複数人のグループで占められており、一人で飲むような店は無い中、Karaokeと書いてあった看板を昼間見た気がするので、そこまで行ってみました。するとそれらしきセクシー嬢が店の前でおいでおいでしてるので聞いてみたら、「ブンブンするマッサージだよ」と教えてくれました。「ブンブンしなくて良いからさ、俺一人だからタイの女の子と飲むような店は無いの?」と聞くと、「別にここで飲んでいっても良いよ」というので、軽く飲むことにしました。とはいえ、ブンブン・マッサージの店なので、仕切りのママが見ている前で、私だけがビールを注文しw その子と話していました。やはりその子はタニヤの経験有、すなわち日本人が好きということです。だから私が店の前に来たら、積極的に近づいてきたのです。でも、ここにいるということは、タニヤ歴は短く、日本語はカタコトしか話せないようなので、英語でお話ししました。シンハビールが100THBだというので、それを飲みながら、「俺、今夜は一人だから、女の子付く店無いの?」と聞くと、50mほど先にあるというので、そこに行くことにしました。今夜の遊びの情報料、お礼にチップ100THBだw
50mほどバイクで走って、バーのような店に。入るとすぐに女の子が付いてくれました。レディースドリンクという概念は無いようなので、私の分と彼女の分と2杯頼みました。
「クラビの人? 違う、じゃあどこの人?」、イサーン中部の出身のようです。
「ここに来る前は何をしていたの?」、自動車の販売。
「いつここに来たの?」、数か月前。
「ここ白人しかいないけど、タイ人以外の外国人っているの?」、最も多いのはマレー系モスリム。
「本当?見たことないな。西部?今日行ってきたけど、学校は見たがモスクは見なかったな」
などとたわいもない話をしていました。ここも奥でブンブンできるそうですが、まぁ今日のところは用事なしと。帰りはバイクで10分くらいかかる距離なので、当然、酔うことはできません。2人で2杯ずつ合計4杯飲んで切り上げました。670THBでした。う~ん、バイクは200THBだし、カネかからねぇな…。
【宗教関連記事】
2015.03.19 中国全土落下傘計画廈門編 2/4~南普陀寺
2015.02.23 「空気」の研究 2/4~日本が自由でない理由
2014.06.18 実録ラスプーチン 1/8~貴族社会の中の農夫
2014.03.19 人名の世界地図 1/2~名前の基本
2014.02.04 第5次タイ攻略 後編 7/14~リーの様子
2013.12.04 インドネシア古代史 9/9~離反する各地
2013.11.07 インドネシア古代史 2/9~サンスクリット語とインドネシア現地語・文字
2013.05.23 わが闘争 下 国家社会主義運動 2/7~国民の精神
2013.02.26 聖戦ヴァンデ 3/3 ~ショレの敗走
2013.01.25 君はヘブライ語を知っているか?
2012.09.20 ジャカルタに行ってきました 3/9~さっそく夜遊びネシア・キャバ
2012.07.24|記紀以前の資料による古代日本正史 2/2
2012.02.14|タイ旅行 4/11 ~バンコク入り
2011.11.18: 姑獲鳥(うぶめ)の夏 2/2 ~憑物
2011.09.22: ダイヤモンドの話1/5 ~宗教がかったその魅力
2011.07.14: 父親の条件4/4 ~現代史の権力者たち・その父と子
2010.09.24: 世界四大宗教の経済学 ~ユダヤ教とお金
2009.12.10: 公明党・創価学会の真実
2009.07.22: タイ旅行 農業と宗教vs金融と資本主義