第2次中国全土落下傘計画 8/8~中国のローカル飯は安くて、うまい

私は「中国国内でファーストフードを食べない」という自分律を侵したことがない。正確にはグローバルチェーン・ファーストフードと規定すべきか、マクドナルド、KFC、ピザハット、サブウェイ、吉野家、バーガーキング、モスバーガーなどのシンガポールでは非常にお世話になっている店では、食べない。安くておいしいローカル飯が存在するからである。タイでもなるべくそうしているのだが、ローカル飯が辛くて食べられない同行者の都合でマクドナルド、大好きなバーガーチェーン、Carls Jrがタニヤにあったので行ってしまったことがあるのでZeroではないが、中国では正確にZeroだ。
刀削麺のようなもの。13元
麺に豚肉がのっているもの。 29元
コンビニで売っているおにぎり 3元×2 (鮭もある。それ以外の中国素材も写真を見ながら想像して買うと意外にうまい)
焼き芋 8元
葱餅 2元
アーモンドクッキー 1.5元
牛肉炒飯 13元
米マン 8元 (肉まん=鮮肉包だが、それがメイヨーだったので、米が入っているマンを頼みました)
肉まん=鮮肉包 2元 (日本のコンビニ肉まんより少し小さい。)
いずれもレストランではなく、お持ち帰り専門か、外スペースに机と椅子を置いただけ。上海の寒空の下で食べる形式であるが、このようにいずれも異様に安く、味も悪くない。日本のラーメンもあるのだが、上海(海外)で食べることができる日本のラーメンはもはやプチ・グローバルチェーンで、そういう味になっており、かなり割高だがシンガポールでも食べることができる。そうするとあえて上海で日本のラーメン食べなくても良いか・・・、ローカル食べておこうかな、という気にもなる。


shanghai-street.jpg
上海の二面性、すなわち、老西門と大世界の近傍で言うならば、准海東路と西蔵南路などのメインストリート沿いは綺麗なビルが建ち並び、つまらないグローバルチェーン、外食産業だけでなくアパレルや高級服飾ブランドが多い。ところが一本脇に道をそれるだけで、いきなり古き良き中国、中国ドメスティックな世界が広がっている。歩いている人のほとんどが中国人、自転車、バイク、電気バイクが走り回り、両脇にはズラッと飯屋・雑貨屋・煙草屋・酒屋の零細ゲリラ店と洗濯物(干している)が並んでいるのだ。中国は日本以上にグローバリゼーションの影響を受けていると思うが、やはり中国ローカル、しぶとく残る。
壱升庵
http://rakurakupress.com/open/13033.html
地下鉄10号線「宋園路」から宋園路を南下⇒古羊路を右折し姚虹路との交差点近く
日本食を日本人の友人らと。おでんと串揚げが売りの店のようです。古北エリアの日本人エリアの一角です。一人200元くらいのご予算の普通の居酒屋です。上海で働く労働者諸君はみんな中国語が話せます。日本人の飲み会らしく帰りは遅くなったので、タクシーで帰りましたが50元くらいで、大世界まで帰ることができました。
灘悦天朗杵店 (すいません、該当する漢字が日本語にないため、正確な名前ではありません)
中国のマネキネコ猫ちゃんが行きたいという上海料理の店、上海体育場駅から徒歩5分です。綺麗なレストランですが、さすが中国のマネキネコ猫ちゃんが選んだ店だけあって、日本人はいません。私は上海Wheneverという日本語雑誌を手に入れていて、それを参照して決めると、日本人が多い店になりそうだ。上海蟹ヌードルもあります。(小さいサイズで58元)
「センセイは用事が無いと中国に来ません。次はいつ中国に来ますか?」
「用事が無いと中国に来ないというより、他の国、インドネシア、タイ、フィリピン、日本にも用事がある。中国だけではないのだ。いつ会うかは私が決めることになるが、どこで会うかは中国のマネキネコ猫ちゃんが決めることになる。」
浦東国際空港にて
Macau, Hong Kong, Taiwan,Internationalとなっていて、マカオと香港と台湾行きの国際空港?と思いきや、中国政府の見解では、それらは中国なので、特別なドメスティックという表記になっている。
チャンギ空港にて
KLからシンガポールは酒の免税枠はない。マレーシア航空のKL経由で、中国からKLのフライトナンバーがなければ酒は買えない。マレーシア行かないから、知らなかったわ―。
荷物が無い。マックで飯を食っていたら、バッゲージクレイムで便名を示す電光掲示板が消えてしまい、自分の荷物がどこにあるのかわからなくなってしまった。Lostの部屋まで行って、便名を伝えて、教えてもらった。これも荷物預け入れなど、したことが無いゆえの弊害だ。今回、荷物を預けたのは、マレーシアエアがLCCでないので、無料だから、大量のDVDとジェルを持っていたことによる。
高速道路の名前がわからない。タクシーで家まで帰る時、シンガポールのタクシーでよく聞かれるパターン、「PIE、CTE?」とかどちらの高速道路を使うかを問われる。
【中国文化・思想圏】
2014.02.21 悪の三国志 4/4 ~朝鮮戦争=スターリンの戦争
2013.11.06 インドネシア古代史 1/9~歴史の始まりは、やはり中国書
2013.04.25 孫文 2/5 ~今も変わらぬ中国の弱点
2012.09.27 宋と中央ユーラシア 2/4 ~宋の繁栄
2012.06.25|中国人の大学生 レイちゃんと話しました
2012.03.02|東莞(ドンガン)ナイト 中国の大和撫子
2011.12.22: 宋姉妹 中国を支配した華麗なる一族1/2 ~宋家創世記
2011.08.11: 金賢姫全告白 いま、女として6/6 ~中国とマカオの思い出
2011.01.21: 項羽と劉邦 ~軍神の伝説
2009.07.08: 世界一レベルの低いDerivatives Investorが生まれた理由
2009.07.07: 世界一レベルの低いDerivatives Investor
2008.05.13: 語録 ~中国のお友達