オブデロード一族の女たち ~オクシオーヌと龍軍団参戦

つぎのアガレス戦、脱出したギルダスがHP1で参戦し、支援効果で多少HPを回復するものの、馬鹿なアルゴリズムで、瀕死の状態なのに突進して一般兵に一撃で斬られて最初ターンでまた脱出。本当にカッコ悪いギルダスであったが、それなりに緊張がある2戦であった。アガレス戦の後、オクシオーヌと4匹の龍たちが参戦してくる。神龍騎士団でLv30時には、最強能力値誇ると期待されるオクシオーヌの初期値である。(顔が変わって、運命の輪の顔になっている) ついでにラヴィニス初登場シーンも載せておこう。
TO_CV2_v158_007.bmp and TO_CV2_v158_006.bmp
Lv30の時の「全能力値の和-MP-HP/2」を計算してランキング。自軍のトップレベルを記載しておく。
自軍・御贔屓度高めキャラクター・ランキング
Charactor-Lv30-Table.png


Lv30 Expectedの値が40違うとLv30時点で約Lv1個分の能力格差があることになる。一般ソルジャー1360に対して1620あるオクシオーヌは単純計算で、Lv30時点でLv6つ分の強いことになる。敵レベル相対化で最低でもLv2つ上、さらに敵全体補正+0.5をかけると3.25×31(レベルアップ回数)分だけ能力が上がるためさらにまた2つ分ハンデが縮まり、Lv32敵ソルジャーとLv30オクシオーヌの能力差はLv2つ分弱オクシオーヌが高いと予想される。
一方、能力各値の”和”だけで強さを規定することは難しく、分散が大きく作用していることがわかっている。特にSTRとINTが大きいと攻撃力が上がるため、この2つに大きく値を偏らせると実戦で強さを発揮する。均等配分オールマイティー型のオクシオーヌの成長総合能力は、数値の割に実戦では役に立たないことが判明している。
ドラゴンの設定変更・その1 初期能力値と成長テーブル
Oxyones-Dragons.png
また低クラス・ドラゴン族を育てるインセンティブとして、低クラスドラゴンの能力初期値とAGI成長力も高めに設定してある。これは前回のオクシオーヌのドラゴン道中記の経験を踏まえている。VITが低いとなかなか最上位クラス・ドラゴンに転生できないため、VITも若干上げてある。また防御力はそれなりにあるが、これだけ数値が高いにもかかわらず、ドラゴンの直接攻撃力は使い物にならないほどに弱い。
ドラゴンの設定変更・その2 素手攻撃WAY
TO_CV2_v1581_071.bmp
さかもと(Lv5アースドラゴン)vsレクセンテール(Lv7ナイト)だが、このように11:15と低次元の攻撃反撃になる。なので物理RESを85から105に弱体化し、素手攻撃WAYを55から105に上げ21:17となるように変更してみた。
1章 第3戦 タインマウスの丘 オルバ戦
事実上の初戦だが、成分無調整オルバの割に、なかなかの歯ごたえ・・・。一般的レベルは自軍+2 が効いてます。加えてゲストレベルは自軍+0にしているのでLv3で参戦してくるカノープスはLv1でのデビュー戦となった。いつもならカノープスLv3が槍を振り回してあっという間にザコ敵を一掃するのだが、今回は龍軍団にも多少の活躍の場があり、ザコ敵も存在感があってなかなか良い設計になったと思う。今までは結局、「ボス対顔キャラ」の構造が大きかったが、周辺スタッフの働きがよりクローズアップされ、KT氏の設定変更のおかげでゲームバランスを従来型に取り戻すことができた。龍軍団が美しくタインマウスの丘を舞う姿は前回のオクシオーヌのドラゴン道中記を参照のこと。
1章 第4戦 クリザローの町 モルドバ戦
前回あまりにも弱すぎたアンデッドは成長率を若干上げることで強化している。
undead-table.png
ATはモルドバ、ゴースト、スケルトン、最速デニムの順だが、いきなりスケルトンに斬りつけられ、半分以上体力を奪われるLv3プレザンス(通常はLv4)。ゲストレベルは自軍+0を存分に活かし、Lvを少し下げるだけで、変なドーピングは行わずとも、ちょうど良い敵の強さが実現している。
クリザローの町を直線型 幅2の戦場ととらえる限りでは龍軍団の主戦場となる。
TOCV2-V158-Clitheroe-s.gif
軽歩は2段までなら上れ、3段までなら下りることができます。(ニンジャは例外的にさらにもう一段の上り下りができる)
鈍歩は1段までなら上れ、2段までなら下りることができます。
という性質上、鈍歩の龍軍団は地図上に引いた3か所の青い線を上ることができない。一方敵方は全員軽歩なので、この青い線を上り超えて(緑の矢印のように)敵が移動するとそれを追う龍軍団は迂回して追う(黄色の矢印)こととなり、龍軍団が得意とする直線型マップが、迂回型になってしまうため、青い線は突破されてはならない。よってベストは龍軍団4匹は赤いマスに留まって敵を迎え討つことになる。それ以上の深追いは迂回を引き起こすことになろう。またTOCV2ではドラゴンのブレスの射程が2(オリジナルは1)で、かつ、味方を間に挟んでいても離れた敵を攻撃できる性質を持っている。槍は射程2だが間に誰かがいるとそいつを飛び越えた攻撃はできない。この幅2の直線は2×2の正方形布陣をすると、前線は2匹だが、攻撃は4匹でできるという龍軍団に最も有利な陣形が作れる。
*射程2間接攻撃可能ドラゴンブレスは強すぎなので改変の余地があるかもしれない。