オクシオーヌのドラゴン道中記 中位クラスドラゴンへ転生

3章 開始
パラメータ調整に失敗していることに気付き始めた・・ボスの強さに対して、一般敵が弱すぎる。
ボス以外の敵の強化策
は・・・、あるわ・・・BNE2、敵ステータス作成。敵全体補正+1
敵全体補正+1とは、Lv Up時のステータスアップが1上がるということである。つまりLv13 のステージであると、全ステータスが12上がって出てくる。
これ、かなりきつい設定のような気がするがとりあえずやってみましょう。敵全体補正0.5とかあっても良いかもしれない。
敵全体補正+1で相当強くなる一般敵ユニット
TO_CV2_v148_155.bmp TO_CV2_v148_158.bmp
案の定、いきなり激ムズ。何度Super Chariotしただろう・・・。


ゾード湿原~景仰のフェルナトーレ
コリタニ城・城門前~障碍のジルドア
コリタニ城・城内~騎士ザエボス
コリタニ城・場内は直線型マップで単純なので、横一列に並べば一度のChariotくらいでザエボスの攻撃を交わせる。ジルドアは意外に苦戦しました。ネクロマンサーの成長率をINT8、MEN6にしているため、魔法攻撃が強すぎてドラゴンですら一発で6-7割HPを持っていかれるので、Super Chariotというよりロールバックを何度かやりました。フェルナトーレ戦のフレイアが川でも突っ込んできて槍攻撃してくるので、それを交わすために、一番Super Chariotした。
コリタニ城・城門前 激昂のアーバイン
激ムズ過ぎてやむなく断念。
OriginalからTOCV2に向かって
ウィザード->ヴァンパイア ×2
アーチャー->シルフ ×3
リザードマン->デーモン ×2
と変更されており、移動が飛行・ワープ型になることで、3重の波状攻撃、またヴァンパイアは2重攻撃されるだけで、誰かが死んでしまうという激ムズステージだったため、一人を残し、ヴァンパイアとシルフを元に戻し、ヴァンパイアの装備をショートソード、ブラックドラゴンの竜玉石を外し、弱体化させた。
完全にゲーム・バランス失ってますね。
Lv16にて、龍軍団のクラスチェンジ。下位ドラゴンから中位ドラゴンへ。若干防御力がアップし、WTが上がっている。
TO_CV2_v148_167.bmpTO_CV2_v148_171.bmp
この成長テーブルが下位ドラゴンからの育成インセンティブを与えている。原則として、上位ドラゴンに行くほど、成長率を高め、初期値を下げることで育成インセンティブをつけることができる。
Dragons-Ability-Table-v148.jpg
3章最後は龍軍団で〆ます。
まず、最初はオズを龍囲いで瞬殺。固まっている敵には、モルドバとオクシオーヌのスタンスローターで足止め。
TO_CV2_v148_173.bmp TO_CV2_v148_175.bmp
その後は龍軍団のブレス攻撃の波状攻撃。オズマの毒・魅了攻撃にはかなり厳しいが耐えながらプチプチと個別に撃破。毒ダメージは意外に強く、クリアランスかヒーリングかという選択を迫られ、龍軍団も瀕死の重傷を負いながらも、最後はオズマも龍囲い。チーン