インドネシア中銀:2014年にデノミ実施を計画-3桁切り下げ

今年アジア主要通貨の中で下落した唯二つの通貨、インドネシア・ルピアと円ですが、ルピアはついにデノミのようです。
この1/1000デノミの議会承認は多分通るでしょ。ジャカルタの街を歩いたが、メニューは既にこのデノミを期待しており、230kとか230.とか単に230なんていう1000単位表示が散見され、ネシアの民はデノミを待っている。

Dec 15 2012 インドネシア中銀:2014年にデノミ実施を計画-3桁切り下げへ
【記者:Yudith Ho】
  12月14日(ブルームバーグ):インドネシア中央銀行は、通貨ルピアのデノミ実施を2014年に計画している。インドネシアではアジアで2番目に大きな額面の紙幣が流通しており、支払い簡素化を目指す。
  
  同中銀のペリー・ワルジヨ経済調査・金融政策局長は14日、ジャカルタで記者団に対し、1000ルピアを1ルピアに切り下げるデノミ実施には議会承認が必要で、現在の硬貨・紙幣は2016年末までに段階的に廃止されると説明した。それまでの3年間は移行期間として、新旧どちらも使用が認められるという。  
  インドネシア紙幣の額面最高は10万ルピア(約865円)で、アジアでこれより高いのはベトナムの50万ドン(約2000円)紙幣。インドネシア中銀のデータによると、10月の同国の銀行資産は4029兆ルピア。
  ジンバブエは過去10年で3回のデノミを実施。同期間に、アゼルバイジャンやブラジル、ガーナ、ルーマニア、トルコ、トルクメニスタン、ベネズエラもそれぞれの通貨を切り下げた。
原題:Indonesian Central Bank Plans to Redenominate Rupiah in 2014

インドネシア20年の悲惨な経済史はルピアのたどった軌跡だけでかなり説明できる思うので、早速それを見つめてみよう。
アジア通貨危機がもっとも酷いが、リーマンショックでも数十%の通貨が下落するというかなりな煽りを受けている。そして平時であっても、低いVolatilityで、安定的に確実に下落していく様が表れていると言えよう。
idr20yrs.gif
経常赤字、これだけの通貨下落が起きているので、通貨危機後は経常収支は黒字化した。しかしながら、IMFの借金だけでなく、輸出しようにも産業が無いので、輸出するものがなかったこと。唯一の武器で資源国であることを活かしたいが、産油国でありながらも、精製施設が虚弱で、原油輸出のガソリン輸入で収支がトントン、という悲惨な歴史がこのチャートに刻まれている。
インドネシアの消費者物価指数や政府の目標インフレ率は4-5%程度ということになっている。これもまた現地の経験から察するに、インフレは深刻な問題で、インフレ率が4-5%程度なら、ジャカルタのキャバ嬢、ジャカ1の名台詞「預金は月に1%しかつかない。」は出ない。金利が10%ついても金の価値が下がるような気がすると、経済学者でも市場関係者でもない民が体で感じてしまっているほどだ。これはもはやインフレ以前の通貨に対する不信認が大きい。
デノミ後、最高額紙幣とコインの単位が気になる。
1000ルピアが1新ルピアになるので、現在流通している最低単位貨幣100ルピアの単位を何と呼ぶようにするのか興味がある。インドでは100パイサ=1ルピーのようだが、インドネシアとインドの関連性は極めて弱いと思われるので、あっさりとセントとか呼ぶのではないかと期待している。最高額紙幣は現在の100,000ルピア=約1000円で量がかさむので非常に不便。インドネシア・ルピア・ユーザーとしては、インフレも考慮し、200新ルピア札の発行を望む。500新ルピアが存在したとしても、外国人として暮らすなら、普通に使う程度の物価ではあるが、受取拒否される率が高そうな紙幣だ。
【アジア通貨関連記事】
2012.12.14 ドイモイの国ベトナム 2/2 ~貿易と経済
2012.10.16 第二次ジャカルタ攻略 1/11 ~なぜジャカルタ?
2012.09.26|宋と中央ユーラシア 1/4 ~宋まで、宋勃興当初
2012.05.01|インドネシア株はいかが?
2011.10.27: インドネシア 多民族国家という宿命 3/3 ~国際的位置づけ
2008.03.24: アジア通貨を考える ~2つのタイバーツ
2008.02.20: アジア通貨 ~HKD 通貨発行差益(シニョレッジ)
2008.02.18: アジア通貨 ~TWD 理論的表現は不可能
2008.02.15: アジア通貨 ~KRW 少なくともFree(自由)ではないよな
2008.02.12: アジア通貨を考える ~アジア最大の中国(CNY)
2008.02.11: 通貨制度 ~Free Floatを探せ