円が安い、そうだ、日本に行こう 3/4~美容院で縮毛矯正

昨日は、わずかな日本酒で寝てしまったので、午前中からランニングをしておきましょう。午後からお友達と約束があるのこともあり。若かりし頃、中学・高校時代くらいは、早朝ランニングをしていたので、そのショートカットコースを走ることにしました。このランニングコースは、最初の200mが自転車を立ちこぎしないと上れない程度の緩い上り坂で始まります。これがいきなり心をへし折ります。シンガポールのいつものコースは高低差がほとんどないので、上り坂がキツイことは走る前から分かっていました。ちなみにシンガポール最高峰のブキティマ山の標高は163mなので、高低差などあるわけないのです。実家の周りは田舎では無いのですが、高齢化が進んだゴーストタウン、中学時代と現在と、変化はほとんど無い状態です。郷土愛はほとんど皆無なのですが、自分が育った町を走るのはちょっと楽しいので、予定していたコースを少しだけ延長しました。
ブックオフ一次遠征。100~200円で購入できて、面白そうな本は読み尽くしたwというと言い過ぎですが、もうほとんどなく、ゼロではないものの、読みたいと思う本は1000円近傍に集中しています。読みたいと思っていた、「溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録」だけはアマゾンで価格をチェックしていたのですが、アマゾン500円(送料込み)に対して、900円で提示されており、1000円以上の書籍はお持ち帰り案件となりました。
横にある100円ショップで消耗品であるイヤホンを買います。パソコンのスピーカーは質が悪いので、イヤホンは必須品なのです。言っときますけど、アジアでイヤホン、100円では手に入りませんよ!何度も書いていますがシンガポールのダイソーは2SGDショップ(180円)、タイは60THBショップなので216円程度なのです! 100円ショップはモノによっては、アジアより割安なのです。


美容院。去年も利用したところなので美容師に「縮毛矯正と揃える程度に3~4cm切りたい。去年は先生の腕がよすぎて女性からの評判は良かったのですが、男性諸君から『普通になった、怪しさが消えた、前の方が儲かりそう』などと言われてしまいました。かっこよくしないでください。今の怪しさを残して、整える程度でカットをお願いしたい」と伝えます(正確には女性の評判が良かったというよりは、「髪を切れ」と言われなくなったというマイナスがなくなった程度です)。「わかりました、イメージが涌きました。」まず重い後ろ髪を落とす。「髪の量が多すぎて落ち武者みたいなんで、減らしてから縮毛矯正したほうが効果が高い。大丈夫です、髪の量は減らしますが短くはしないので、今の長さのまま真っ直ぐにしたら、怪しさは残りますから!」。減らした方が効果が高いかどうかは知らないが、「落ち武者」とは何人かに言われたことがあるw さすがプロ。次に結んだ時にチョロッと余る襟足をカット。1液つけてアイロンで伸ばし、2液つけて流して、2回目の仕上げカット。後ろ髪の両サイドを少し短くして後ろから見た髪を丸くしていた。
Pulp-Fiction-00646.PNG
美容院の付加価値は、美容師の経験の価値。私の指示は「縮毛矯正と3~4cm切れ」だけである。後ろ髪の量を減らせ、とか、横の髪はどうするとか、一切指示をしていないが、彼はプロとしての仕事をこなしたのだ。上記の手順を事細かに言えば、その通りやってくれる髪切り屋さんはアジア中どこにでも居て1000円くらいで十分だが、私は髪の素人。デリバティブを含んだ金融商品でも同じだが、お客様は素人なのでリクエストはしてくれないのだ。言われたとおりの商品を提供する”技術”に価値があるのではなく、こちらからお客様にご納得いただけるような商品を”ご提案する”のが仕事なのだ。それは美容師であっても同じことだ。今年は2回目なので、仕上がりは、気持ち悪さと怪しさがバッチリ残っていて完璧だw 女性の前にこのまま出ることはできないというくらい気持ち悪い印象の髪型だが、男性諸君らとはこの不気味さをアピールしたいので、このままの姿で会おうぞよw
妹から紹介された美容室なので「当たり障りの無い下らん話をする美容師にイライラするな。」と警告されていたのだが、去年は美容室の経営、オペレーションの最適化。限られた椅子の数でアシスタントが一部の隙もなく、サービスし続けながら、全権を握る美容師が100%フル稼働するオペレーションについて説明してくれた。見ていると美容師は常に客に対峙し、無駄な時間が発生することがないようにアシスタント達が動いているのが分かる。今年は、グローバルアービトラージ、「脱色用の薬品として、厚生省許可のオキシドール6%含有の薬品しか使えない。しかし日本人の髪は黒く、もう少しオキシドールの含有率を高めれば、劇的な効果が生まれる。海外ではオキシドール30%の使用も認められており、日本で、それを使えば美容師の資格は剥奪される」というような話までしてくれている。私以外の席の客には、客がお笑いが好きなのか、お笑いの話をしていた。髪を切っている最中に、女相手に真剣な議論など誰も望んでいないから、「当たり障りの無い下らん話」をしているだけで、彼はプロフェッショナルだよ。ちゃんと客を見て話をしている。
私は髪が長くなったので「今日美容院行ったのになんで気づかないの?」という女性心理の裏側が理解できるようになった。今回のカットは、長さはほとんど変わっていないのだ。後ろ髪を大量に落として、後ろの両端を短くしただけ。床に落ちた髪の量を私は見ているので、かなり切った気はするが、長さは変わっていなければ、相手は気づかない可能性もありうる。「長さは大して変わってないのに、なんで美容院に行くのだ?」と疑問に思っていたが、女性が髪型を保つためには、最長部分だけではなく、量の調整などで思った以上に鋏が入っているという舞台裏を身を持って知ることはできたのは良い経験だった。
いつも日本に帰ったら真っ先に会う友人と。
彼に車で自宅まで迎えに来てもらいブックオフ二次遠征、アマゾンとの価格比較の参考に終わる。お酒ショッピング、友人はお酒を飲まないのだが、お付き合いしていただく。今回は飲むとすぐ眠くなる日本酒を多めにして、日本にいる間のアルコール摂取量を減らす計画を敢行する。日本酒を2升、昔は紙パックの合成清酒を飲んでいたのですが、年をとって量より質の考えも理解できるようになったので、一升瓶のお酒にグレードアップしてみました。久保田の千寿も買っておこう。それからジャパニーズ・ウイスキー、なつかしのサントリー・オールド。焼酎はあまり飲まないのですが、せっかくの日本なので、神の河という焼酎の小瓶を買ってみました。
今度はご返杯。彼の趣味である熱帯魚屋に向います。アロワナもいましたが、1cmくらいのエビが10,000円以上して、香港発のブリーディングで投機的な値段がついているようです。珊瑚などもやはり10,000円。ヘラクレスオオカブトやクワガタ、成虫、幼虫で売っている。気持ち悪かったのは、餌のラットが冷凍状態で売られていた。
Cocos対シンガポールのサイゼリア。シンガポールにサイゼリアがあるので、行ってみたが、目玉焼きハンバーグを頼んでみた。驚愕のクオリティー、ハンバーグが、冷凍ハンバーグ。日本のサイゼリアでは、セントラルキッチンで調理された風wハンバーグだが、シンガポールでは完全に冷凍ハンバーグだ。なのでCocosでもハンバーグを頼んでみたが、同じような値段で安心のクオリティー。ドリンクバーの種類が多い、コーヒーは似たようなものだが、お茶とジュースの種類が圧倒的。やっぱりシンガポールの数店舗のためにセントラルキッチンとか無理なんだろうなぁ・・・。
【ガラでもねぇこと特集】
2015.02.03 サラリーマンは面白い、SEのお仕事
2014.08.19 グーグル秘録 完全なる破壊 2/7~検索エンジンのマネタイズ
2013.07.10 エアバスの真実 ボーイングを越えたハイテク操縦 1/2 ~オートパイロット
2013.03.04 マルタの鷹
2012.04.17|おおきなかぶ、むずかしいアボカド
2011.09.28: ダイヤモンドの話4/5 ~研磨とカット
2011.07.04: お料理シリーズ 朝のホットケーキ
2011.05.25: 自炊日記
2010.12.09: マカオのカジノ王ホー氏、白トリュフを2800万円で落札
2009.05.25: 珍しく女の子口説いてますね ~BBQ  
2008.12.30: 夜空の下のプール in 真冬
2008.10.02: DBSからのプレゼント