自炊日記

今年の1月から開始した自炊生活。その苦労の歴史を書き並べてみよう。
野菜が安いので驚くところから始まる。 キャベツが1ドル? ニンジン3本で1.5ドル?
調理道具(フライパンに鍋に・・・)、調味料(醤油あるけど、砂糖はない)を確認。
まず確認してから材料を調達すべきだった。
ご飯炊き 大失敗。簡単だろ? どうやったら失敗するんだ? と思うだろ?
電機釜が無いから圧力鍋。あるのは白米じゃなくて玄米だ。さぁどうする? できるか?
人差し指第一関節っていうから、みよう見真似でやってみた。圧力鍋で作る場合は
沸騰後10分、火を消して蒸らし15分。25分後開けてみたよ。水に玄米が浮いとった・・・。
むかついたから再度加熱、25分。さらに蒸らして10分。できあがったのはお粥ともなんとも
言い難い「糊」だった。
スパゲティ 失敗はしなかったが・・・、我が家には量りが無い。さて困った。130gだと多めだから
120g程度でいいんだが、わからん・・・。目分量で量れるほどの経験が無い・・・。
しかもスパゲティも色々な太さがあり、今家においてあるスパゲティは、これどうなんだ??
食った感想から推定するに、多分、130gくらいだったな。
赤飯 またも失敗。難しいぞご飯炊き。水の量は前回から反省して、良かった。
しかし、もち米と小豆を同時にやったのがまずかった・・・。小豆が固い・・・顎が疲れるくらい固い・・・。
小豆はまず水につけてからだな。
サバの塩焼き 冷凍のサバをトースターで焼いてみた。15分もかかった。賢い投資家はまず
レンジで解凍し、そこで塩を振り、そして5分で焼く。電気代も節約できるし味もついてると。
肉が腐ってた。買ったのは1週間前くらいだと思うが、いったいどのくらいの期間で腐るのかは未だに不明。
自炊生活も4ヶ月が経ち、ホットケーキも手馴れてきた。黒いホットケーキから、黄色いホットケーキを作れるようになった。
作るのがうまくなってきたところで冷蔵庫のホットケーキの粉がなくなって、シロップもきっちり綺麗に使い切った。もう作る
ことはないだろう。
ホットケーキに変わって登場しているのが、パンとベーコンエッグ。これにセロリ1本分と玉ねぎまで(気が向いたらニンニク
も)加える。そして、牛乳500ml。摂取するパンは6枚
という、朝から決闘でも行くのかというほどに、栄養過多、カロリ
ー過多な食事だ。
ホーカーで食べるトーストセットはカヤトースト、卵×2、コピ(練乳コーヒー)と比較するなれば、推定、カロリー2倍、栄養
価10倍くらいは取っている気がする・・・。
改めて考えると、朝からパン6枚というのは異常な食欲に思われるかもしれないが、大きさが多少小さめである。
シンガポールの標準サイズ:12cm×12cm×1cm (がしかし、真四角ではなく、凹な八角形なので実寸で
11cm×11cm×1cm程度の大きさだろう。)
一方、日本の標準物は、13cm×13cm×2cmほどあったように記憶している。すると体積ベースで考えると
121:338となり、3倍弱=2.79枚等量となる。
実家で出てきたパンなんて17cm×11cm×2cm=374だ。三倍等量。二枚は食えん。
一方、一斤というのは重さで規定されている。
Singaporeの場合、1sliceあたりの重さが、26g。
一斤340gとして6枚切りした場合、56gとなる。これで計算すれば2.15枚等量。
シンガポールのパン6スライス=日本の6枚切り2.5枚程度と見積もって良いだろう。それにしても食いすぎか・・・。
【ガラでもねぇこと特集】
2010.12.09: マカオのカジノ王ホー氏、白トリュフを2800万円で落札
2010.07.21: 日本帰国 第二幕 関西突入
2010.03.09: プーケット旅行 ~体験ダイビングに挑戦しました
2009.08.11: 初めてのビンタン 
2009.05.25: 珍しく女の子口説いてますね ~BBQ  
2009.04.13: Sentosaに行ってきました 
2009.01.02: 現代天動説
2008.12.30: 夜空の下のプール in 真冬 
2008.10.02: DBSからのプレゼント 
2008.08.07: 子供のための動物園だよね 
2008.02.05: ダンスホールに見る中国の恐ろしき男女平等 
2008.01.01: 2008年 新年早々 カラオケの洗礼