ナショナルデーパレードを見て思う民の国家貢献

シンガポールの生活について、書こうと思って書き出したら、最初から最後まで悪意ある偏見に満ちた文が出来上がってしまった。偏見とはいえ、シンガポール政府発表の数値に基づく、シンガポール市民99.9%は該当する偏見だ。なので全くの嘘ではないw しかも、内容が結局、税金の話で、生活にほとんど触れていない。ごめんごめん、別に隠してるわけじゃないのだが、生活に関心がないから、どうしても内容が・・・。
自分はシンガポールに対する「愛」が無い、と「アジアに対する愛に満ちた後輩」と行動を供にすると改めて思いました。8月9日はシンガポールの独立記念日でしたが、シンガポールにかれこれ、8年も住んでいるのに、独立記念パレードなど、見に行ったこともありません。今年も8月9日は特に用事もなく暇なくせに「パレード見に行きましょう」と言われても、「う~ん、どーせ人混みだし・・・」と消極的。
「せっかく自分が住んでいる国なのだから、高い関心を持って、積極的な生活を」
という彼の主張も、もっともなので、初めてNational Dayのイベントを見に行きました。シティホールの駅は赤い服を着て、ちんたら歩く民に溢れ、私は居るだけで嫌悪感でいっぱいでしたが。国としての権威を示すための軍事パレードは、「俺の会社」、この「の」は所有格の「の」だからね、ロッキードマーチン製のF16がいっぱい飛ぶので、いささか機嫌が良くなりました。シンガポールは国家予算の歳出のうち、3割教育、3割不動産開発、3割が軍事費です。日本の国家予算と比べると鼻毛のような金額、ざっくり5兆円と思ってもらってよいです。なけなしの国家予算の3割を、俺の会社の製品の購入にあてていると思えば(実際には軍事費のうち、F16の購入代金はかなり少ないはずだがw)、シンガポールの納税者の皆さん、俺のためにどうもありがとう、これからも労働と納税にいそしんでくれたまえ。と思える。
ndp.jpg
しかしながら、パレードを見学している、赤いTシャツを着たシンガポールの民は、シンガポールの国家予算にはほとんど貢献していない。「シンガポールの世帯収入のメジアン(中央値)は月額7000SGD程度」である。「月収63万円か、けっこう良いじゃん」と思うかもしれないが、これには誤解しやすい単語が2つ含まれていて、1つは、中央値なので、平均値にすれば実は月収はもっと高い。2つ目は、「世帯収入」で、シンガポールは共働きが基本なので、個人収入に直すと、月収は半分の32万円程度になる。またボーナスはダブルペイ、ある月に2倍払う、というのが標準的だから年収=月収×13で、416万円(45,000SGD)ほどとなる。
年収45,000SGDの民の国家貢献、すなわち所得税だが、まず基礎控除が20,000SGD、配偶者控除が2000SGD、子供控除が一人につき4000SGD、給与所得者控除2000SGD、年金控除が8000SGD程度で、独身であっても、課税所得は15,000SGD、子供が二人居れば5,000SGDとなる。なので、独身者のグロス所得税額400SGD、子供二人世帯はなんと100SGD、しかも税額控除で半額なので、
所得税額の中央値は、独身者は200SGDと子供二人世帯は50SGDとなる。所得税率に直すとそれぞれ0.4%と0.11%だ
しかも、所得控除は他にもあり、シンガポール人が対象になりそうなのは、両親控除で、この驚愕の所得税額より、さらに下がる。ふざけてるよなぁ・・・。シンガポール人400万人のうち、高めに見積もって6割が労働しているとして、100ドルの所得税を払っているとしたら、大体、約200億円。国家歳入の5兆円の1%にも満たない。な、コイツら税金納めてないって言っただろ?


シンガポールの税収は51bilSGDでそのうち所得税(シンガポールの場合、個人・法人含む)が21bil、個人所得税が8bil、法人所得税13bil程度の内訳だ。この中央値世帯が納めている所得税は、0.2bilにすぎない。では残りの7.8bilの個人所得税は、一体、誰が払っているのか?
それは外国人である。シンガポールの外国人は2種類。飲食店、工事現場などで働いている労働者、これが数が多いが、月収は3,000SGDにも満たない、いや2000SGD以下かもしれないので、何人いようが、所得税はゼロだ。労働者すごいからね、リアル「カイジ」の世界だ。早朝、トラックの荷台に詰め込まれて出勤、暗くなるまで働いて、職場から居住区まで、脱出できないように鍵がかかっているような現場だ。一日外出権を100万ペリカ出して買えば、リトルインディアやゲイランで遊ぶことができる。いいかね? ゲイランなどで、女を買うでもなく、ウロウロしている、バングラ・インパキ人風の労働者を見て、「コイツら何してんだよ・・・」などと思わないように! 彼らは一日外出権で外の世界を楽しんでいるのだから。
所得税を納税している主人公である、もう1種類の外国人と一部のシンガポール人の高額所得者の所得税額をシュミレーションしてみよう。平均世帯の約2倍、日本円で、きりよく、年収1,000万円相当の所得の場合どうなるだろうか?
まずSGDに直すと、年収は110,000SGD、控除は上記と同じだが、異なるのは年金控除で、年金は従来収入の20%程度だが、上限があるので、年金控除金額がほとんど変わらず相対的に減ってしまう。なので、グロス所得税額は4500SGD。そして、民は税額控除で半分返ってくるが、その上限が1000SGDなので、実所得税額は3500SGDとなる。実にシンガポールの一般市民の35人分の納税額である。しかし、よく見ると、所得税率はわずかに4%弱。3500SGDの納税額で個人所得税8bilを賄うとなると約200万人の外国人を誘致しなければならない。実際には外国人は100万人しかいないので、年収1000万円程度では、シンガポールの所得税収入には貢献していないことがわかる。
年収1milSGD(9000万円相当)の場合を計算すると、控除は公平(年金や税額控除は金額上限にふりきれてしまうが)だが、所得税率は累進が効いているので、所得税額は・・・・ 173,000SGD 実に一般市民の1700人分を一人で負担している、愛国者もいるのだw 1milを越えてくると、1milの所得税率約17%を見れば分かるように、累進所得税率の最高率である18%に近づいていることから、1mil以上の所得の場合は、所得×最高税率で、所得税額を計算すれば、ほぼ狂いは無い。1mil SGDを一つの基準とすれば、それが40,000人居れば、シンガポールの個人所得税は賄える。シンガポールは人口400万人、それに加えて外国人が100万人ほどいるわけだが、100万人の外国人枠のうち、数万人がシンガポールの個人所得税を支え、そのような外国人には永住権を発行して、所得税を支払い続けてもらおうという政策なのである。
※かなり悪意のある書き方で、シンガポール人にも高額納税者は居るので、すべてが外国人ということは無いw
ちなみにシンガポールの税収51bilのうち、法人税13bil、所得税8bil、固定資産税(不動産)4bil、自動車税1.6bil、タバコ税1bil、酒税0.5bilとなっている。俺が納めている年間のタバコ税は、約6割シンガポールに滞在するので滞在日数は220日、3日に1箱なので73箱、1箱10ドルで8割税金とすれば、年間584SGDもタバコ税を支払っていることになり、パレードを見ながら蠢く民の平均で6人分、子連れの民の5世帯、20人分の貢献となる。ビールを飲み、タバコを吸いながら、パレードを見ていたのだが、外で喫煙も可能なのに、タバコを吸っているシンガポールの民はほとんど居なかったことから、私は憎々しげに、民を見つめていた。
言葉に愛がねぇな・・・愛が。まぁ無いものは無い。しょうがねぇw
【Tax Arbitrage個人】
2015.04.13 リクルート事件・江副浩正の真実 5/5~国税との攻防
2015.02.12 一族アセットマネジメント採用試験 解答例=運用の実態
2014.08.07 鬼のように面倒な国家間銀行送金
2014.07.01 三田氏を斬るステージ2 1/8~信者が居るほどに偉大な三田氏
2014.02.06 税金の論理 4/4 ~付加価値税としての日本の消費税
2013.07.26 同和と銀行 3/6 ~大阪国税局との密約
2013.02.15 東南アジアより日本の方が安いモノとは 1/3 ~酒類
2012.12.13 ドイモイの国ベトナム 1/2 ~建国の歴史
2012.03.15 FX所得 1億円脱税容疑、海外移住の役員逮捕
2011.06.22: 大金持ちのための税金の手引き
2011.04.05: エキゾさんは国際主義ですか?
2008.11.10: あなたもやってる?疑わしい取引
2010.05.28: SingaporeのPermanent Residence申請方法
2010.04.19: おら東京さいくだ from ドメ秘境編
2009.05.15: 納税通知書が来た
2009.05.13: 所得控除
2009.03.11: 海外駐在員を応援する