円が安い、そうだ、日本に行こう 4/4~ケチは遺伝する

国家の奴隷、会社の奴隷、家族の奴隷のなれの果て。私の父との会話。
自分の健康と食事以外、ほとんどすべてのことに無関心なオヤジが、意外にもシンガポールの気候にも詳しい。「朝は26度で最高気温は32度」とか言っているので、「ほぅ、正しいよ、どこでそんなこと調べた?」と聞くと、「ラジオで世界の気候をやっていて、ニューヨークや北京、タイ、シンガポールの気候を説明してくれる」と答えた。私がシンガポールに住んでいることは意識しているのか、リークアンユー死亡ニュースも認知している。
髭剃りは一枚刃か三枚刃かで議論。オヤジは一枚刃、3つで100円のT字剃刀を使っているようだ。私はオヤジ譲りで肌が弱いので、安い剃刀では負けてしまい出血するので、ジレットの3枚刃。「剃る時泡つけてる?」「いつも付けてるよ!それでも負けるんだよ」などと、髭を剃る話は母とすることはできないのでオヤジとするメンズトーク。
カネのことは何も知らないオヤジとカネの話になる、「月3万円、月初にもらって、女房が旅行に行く時はプラス1万円!」と、とても嬉しそうな顔をしていた。100万円詐欺師に取られた男が、詐欺師に対して「あの人を悪く言いたくない、3万円もおごってくれた」という名ゼリフをはいた男が思い出される。月3万円というのは、趣味に使うカネではなく、平日の朝・昼飯はオヤジが自分で作らなければならない規則なので、飯にかかる費用である。月3万円でゴルフとか無理だよね? 知らないけど。40年間も会社の奴隷として働き続けた男、退職後、労働から解放されたと思ったら、今度は家庭の奴隷としての立場が待っていた。


nishikiyama-akira.jpg
オヤジと散歩。オヤジは俺のことを今でも赤ちゃんのように可愛いと思っている。俺は何歳なんだ?w 散歩中、オヤジの知り合いと遭遇すると「私の息子です。はい、私よりも10cm背が高いんです。今シンガポールに住んでまして・・・、ええ、年に一回しか帰ってこないのですがね。」と嬉しそうに話している。誰がどう見ても怪しいこの俺を引き連れて、自慢の息子と思い込んでいるオヤジが少し憐れだ。近所の人も俺の実家・住所・両親・素性はよくご存知なので、見かけは露骨に怪しい男ではあるものの、少し意地悪な興味本位で「今、お仕事は何を?」と聞いてくるので、「会社勤めはしてないのですが、自分で株式の売買をしています、ニコッ」と返しておきました。いいかぁ? 俺のオヤジ怖いぞぉー、オヤジ理屈通じねーから。オヤジにとって可愛い息子である、この俺に手を出そうもんなら、オヤジに刺されちゃうぞw
警察署で免許更新。500円のスピード写真を用意している(通常800円)。優良ドライバーの更新料は3100円。ぎゃー、2日遅れて4月1日以降だったら3000円に値下げだったのに! 100円も無駄遣いしてしまった。いつも退屈な交通安全公衆が意外に面白かった。最近の道路交通法変更について教えてくれる。日本でもラウンドアバウトが導入され、全国64箇所、神奈川県だと金沢区に一つあり、環状交差点と呼ぶそうです。実際日本で見たことある人いますか?それから自転車にも交通規則や罰金が適用されるようになったようです。日本に住んでいたら、みんな知ってることなの?
新免許が交付されるまで1ヶ月以上かかる、俺は暇だから良いけど非居住者はどうしてるんだろう? 警察署更新は遅いのでしょうか?
眼鏡
今年、バンコクのタニヤ近辺のTop Chareonという眼鏡屋で新しく作ろうとしたのだが・・・。

2013.04.26 春のタイ 前編 ソンクラン前 2/9 ~タニヤのチイママ
当時1,400THB程度だったのだが、1年半のインフレで、1,600THB程度。これだと約6,000円。日本の福岡で作った眼鏡を見せました。乱視とちょっと薄いレンズだから、これと同じレンズだと2500THB=約9000円と言われました。これなら日本で作ったほうが安いと判断しました。
前回、日本の福岡で作ったのは、Zoff。これかなり安くて質が良いです。それと同様評判が良かったのが、JINS。両方とも実家のそばにあります。値段はほぼ同じだったので、前回作ったメガネの調整もしたかったので、またZoffにしてしまいましたが。乱視、レンズのカラーを入れて、最安値フレームで、8500円。さすがZoff様。バンコクでも、確かに最安値を求めれば、6000円とちょっとだけ安い程度でしかありません。同じ質を求めると、9000円で最安値フレームの選択肢は3つしかなく、今一つ気に入らない感じ。カラーレンズの色は、今まで茶色でしたが、今回はブルー系が良いなと思っていました。バンコクではサンプルは6×4種くらいあるのですが、ブルー系が良いなと言ったら、「それは今はない」と言われてしまいました。日本はちょっとカネ出すだけで薄いレンズ、乱視を入れることをでき、最安値フレームは20~30種類、レンズの色は100種類以上から選ぶことができます。「東南アジア住みなら、日差しが強いので、少し濃いめに色を入れても良いかもしれない」とZoffのネーさんが言うのでアドバイス通りに。
眼鏡は日本で、ZoffかJINS ! アジアより割安に作れます!ちょっとクールなクリアブルーのレンズです。ちょっとした贅沢は日本は安く、選択肢が多い。一方、日本は、質が悪い、最安値(眼鏡の例で言うと昔ながらの分厚いレンズ)は選択肢として存在すらしない。
よく日本人が勘違いしているので、繰り返すが、後進国に行けば安く生活できると言うのは間違いだ。後進国はなんでも安いわけではなく、日本には存在しない最安値が存在し、後進国の民は最安値圏で生活しているだけなのだ。日本の最安値は、最安値にもかかわらず高付加価値商品で、これを求めると日本のほうが安くなる。私が挙げている、薄いレンズ、フレームやカラーレンズの選択の幅、あるいは美容院の縮毛矯正、など、わずかな付加価値は日本は割安なのだと言うことを知っておいたほうが良い。
【一族家のお家騒動】
2014.11.27 ジャカルタ潜伏 12~男尊女卑社会でも地位の低い男性
2013.09.17 初フィリピン・ボラカイ編 1/6 ~ビーチで遊ぶ=船は小さい!
2013.03.06 祖母の歌
2012.01.16 自分が父親になるのが楽しみな理由
2011.11.14: ギリシャ神話と親子対決
2011.10.06: 一族家の食卓
2011.02.10: 母がシンガポールに遊びに来ました
2010.05.24: 親父に対する息子の愛
2009.09.17: 名前をカタカナや漢字で書いてはならない 
2009.05.08: 私はカネ目当てじゃない ~怒りの代償 
2009.04.09: 金(カネ)の重み 
2009.02.13: 女系家族の掟 
2008.07.09: 妹が見た悪夢 
2008.03.17: 一族家における投資教育 ~貯金と金利