地元の怖いT川先輩の話

私は公立中学校に通っていたのですが、同じ中学の一個上に、T川先輩という人がいました。私もT川先輩も吹奏楽部に所属しており、T川先輩は部活の先輩、いわゆる絶対服従の上下関係でした。T川先輩は卒業後もたびたびOBとして中学校にいらっしゃいましたが、私が卒業後は会ったことはありません。中学校の上下関係は卒業後も変わらない絶対的なものなので、地元に帰った時に、運悪く駅とかで遭遇したら、公衆の面前で、「T川先輩、お久しぶりです!」で90度の角度で頭下げて、2秒以上静止。この年で、そこまでやりたくないけど、無意識にやっちゃうだろうなぁ。
私は中学2年生で154cmしかないチビだったこともあり、T川先輩は体も大きく、頭も良くて、楽器もうまい。私の同級生がT川先輩の家の隣に住んでいたのですが、T川先輩の邸宅は、友人の家の6倍くらいの面積で、実家も金持ち。
あれ? 何か雰囲気違う? そうだよ、俺がありがちなヤンキー武勇伝語ると思った?
T川先輩は生徒会長でもあらせられ、楽器はオーボエで、100万円弱するオーボエを個人で持っていて、個人レッスンも受けているようなお嬢様。お嬢様=バカお嬢様と思っているなら大きな勘違いで、T川先輩はバカが付かない真性のお嬢様。吹奏楽部の三役は、部長、副部長、学指揮で、順序もその通りなのですが、T川先輩は不思議なことに部長ではなく、学指揮の立場に甘んじていました。その理由は、三役は3年生が卒部される時に、次の学年の執行役を決める制度だったので、私の2個上の先輩方が「T川に部長なんかやらせたら、一人で全部仕切ってしまい他の役に意味が無くなるから、音楽の世界に閉じ込めておかないと危険だ。」という背景があったのです。


T川先輩の輝かしい経歴に対し、私は3年生になっても上記の三役にはついていない平部員。ですが、私はタダの平部員ではございません。反体制派の大将、中学時代だけでなく、いつの時代も変わりませんねw もしもう1年早く生まれていたら、バキバキ体制派、王道を行くT川先輩に対して、良い対抗組織を作れた自信はあります。大人の社会に例えるならば、反体制派を野党とするのは適切ではありません。民主党の惨憺たる政治采配でお分かりのように、野党は単に与党に勝ちきれない負け組です。では裏社会なのか? というとそれも適切ではなく、中学生の世界で裏社会の役割を担うのはヤンキー軍団で、私とは違います。米国の政治で例えた方が適切で、二党制の中の野党、あるいは大統領制の中の議会くらいの位置づけが妥当で、私は当時からヤンキー軍団とは一線を画す表社会の人間でした。それは現在も変わりませんw
よろしいか? 暴力と騒がしい脅しのヤンキーの世界の話では無い。私が言おうとしているのは我々男の世界の怖さではなく、女の世界の怖さについて言及しているのである。男である私が女の世界を語るのは忍びないが、私が間違っているのなら、女性読者諸君は指摘してくれたまえ。
男の世界の怖さとは暴力と真実、女の世界の怖さは、嘘と沈黙である。
nakano.jpg
真実の怖さはビジネスの世界で顕著に現われ、正論という真実を述べている人には逆らえないでしょう? 間違ったことを言っている人に対しては突っ込みいれられる隙がある。仕事ができる人は、不可能を可能にする超人というより、その人の能力と限られた時間で、できることを淡々とやるというシンプルなもの。「私の趣味は人の悪口」というと、ある友人が「エキゾ君は別に悪口言ってないよね。真実を言っているだけ」。そういうこと、友人は正しい。真実は残酷なのです。
一方で、女の世界の怖さは、全部嘘というところにあるwまず、心にも無いのに、相手を褒めるところから始まり、心から馬鹿にしながらも、褒めて終わるのが基本である。あまりにも白々しい嘘はご法度、相手が喜ぶ嘘をつくこと、相手の本質・触れてはいけない部分には絶対触れない範囲での嘘と会話も重要だ。全て嘘、相手の核心には触れないで会話するものだから、女の友情なんて・・・という言葉が生まれるのである。音楽は時として、教養と財力が問われる見栄の世界でもあるから女の世界と相性が良い。私はその世界の住人ではないが、T川先輩がヒエラルキーの頂点として君臨している吹奏楽部体制派は間違いなく見栄の世界だ。音楽の世界に加えて、もう一つ、女の世界でもあるのだ。
もう一つの、女の世界の沈黙の恐ろしさは、集団・チームプレイによって発揮される。真実を全員で隠蔽し、自分達に都合の良い真実にする。下層の者は何も知らなくて良いという、情報量による独自の身分制度化もしかりである。歴史的な例で言うと、秦の始皇帝の死をひた隠しにした趙高、遺言・勅令の改竄をし、次期皇帝を自ら決めてしまったことは、まさに女の世界の恐ろしさなのである。えっ?男? 趙高はホラッ、女じゃないけど男でもない宦官だからw
Elizaveta_Boyarskaya_05_04.jpg
さて、中学時代の話に戻るが、年に数回、中学校内の音楽室にて小さな発表会を行う。父兄の参加のもと、一人一人、ピアノの伴奏をつけてソロで演奏するものである。部員数50~70名ほどの規模だったので、参加する父兄の数も大体そのくらいなのだが、中でも一際目立っていたのが、T川先輩の一族w お婆様、お母様そして妹といつも3人でお越しになっていて、お母様とT川先輩は顔こそ全く似ていないものの、お母様はすごい厳しそうなお顔つき、体付きは母娘クリソツの巨体。その2人が並んでいるだけで、巨塔2つが立っているような威圧感があった。対照的に、お婆様は白髪で、いつも笑顔の穏やかな表情であらせられ、若い時分はさぞかしお綺麗だったのでしょうね、という静の迫力を兼ね備えた、T川家の総本山という感じであった。ご熱心に毎回演奏会に来る3人の女たちに対して、T川先輩のお父様を私は一度も見たことが無いという典型的女系家族である。
T川一族という女の世界で生まれ、戦ってきたT川先輩にとって、女しか居ない吹奏楽部を仕切ることなどお茶の子さいさい。T川一族は家族なのに戦い? 存在します、それが顕在化したのはT川先輩がご卒業した後のことで、その戦いに敗れた犠牲者は、T川先輩の妹でした。T川先輩が私の1つ上で、妹は2つ下で3つ離れているので、二人は同時に中学には通っていない。私は1年だけ一緒だったので記憶しているが、妹さんは、ごく普通の良い子であった。姉妹は顔はクリソツ、だがやはりお姉様であるT川先輩は凛としたお顔つきだが、妹さんは少しボーッとしたよく言えば優しい感じである。しかし、世間の風は厳しい。「T川先輩の妹さんですか・・・、ではさぞかし・・・」という特別扱いを常にされており、妹さんはT川先輩の御威光を背負わされたのだ。妹さんはごく普通の生徒さんで劣ったところなど特に無い良い子だったのだが、お姉様であるT川先輩の亡霊と戦うにはあまりにも無力であった。後に、周囲からの期待と重圧に屈し、妹さんは不登校になってしまったと、後輩から聞いている。
T川一族の中で「お前(妹さん)は姉(T川先輩)に比べて・・・」などという叱責は無かったと推測する。彼女らの罪は、姉妹間の能力差を認めることなく、黙殺したことだ。女の世界の沈黙の犠牲となった妹さんを、今でも気の毒に思う。
T川先輩は今も女系家族の連鎖を続けているとしたら、あのお母様がお婆様になり、T川先輩と2人で、娘の授業参観の後ろに立っていると思うと、想像するだけでも恐ろしい・・・。
【昔の思い出】
2014.08.06 いびつな絆 関東連合の真実 2/3~変わりゆく時代
2014.06.04 相場観の無さは、大学時代から既に 1/2 ~あっ、俺には才能が無い!
2013.10.09 ジャカルタ・リラクゼーション・アワー 15/16 ~悲しい女
2012.12.10 ウルフっぽく髪を切ってみました、今時のウルフって
2012.10.02 目が逢う瞬間 近代派歌謡曲の音節と歌詞について
2012.02.10|東電OL殺人事件 2/2 ~容疑者と現場
2011.06.15: 名作ドラマ 高校教師
2010.08.12: アルツと私 ~病魔の果てに辿り着いたところ
2010.02.15: 通信隊 それは陸のOff-Shore
2010.01.06: ミゼラブルキヨシ
2009.10.28: 女の好みも時と共に成長する
2009.04.08: 試験の評価がスペシャリストを殺す
2009.02.13: 女系家族の掟
2009.02.06: 博打における女性誘致
2008.08.07: 子供のための動物園だよね
2008.08.06: 老後もアマくない日本の現実
2008.08.05: 一族の素敵な仲間たち