インドネシアがシンガポールを挑発(爆笑動画付)~ヘイズ問題が教える一人当たりGDPの虚しさ

私がインドネシアで遊んでいる間シンガポール居住者たちがFBなどで、真っ白のシンガポール風景写真をアップしてくれていた。民が健康被害を気にして騒ぐのはよくあることだが、シンガポール政府まで一緒になってネットで「キィキィ」言っている、そのスネオっぷりが可笑しい、とジャカルタから思う。シンガポールで起こるヘイズの震源地は主にインドネシア・スマトラ島の山火事と言われている。超大国インドネシアのボヤが、極小都市国家シンガポールでは大変な煙害になるのである。
おそらく政府間の会話では、
シンガ「シンガポール市民の忍耐も限界だ。当然ながら怒り、苦しみ、憂慮している。」
ネシア「ぉあ? だったら何!? 小僧・・・てめーに何ができんだよ。言ってみろ!」
シンガ「いかなる国も企業も、シンガポール市民の健康を犠牲にして大気を汚染する権利はない! キリッ!
ネシア「スマトラで10万人死のうが、100万人死のうがウチにとっては誤差。おめーんトコの”市民”がガタガタ言ってるのはおめーの問題だろうがよ。こっちの知ったこっちゃねぇんだよ。」
シンガ「すいましぇーん。これで何とか対策できないですかねぇ?」
ネシア「そのハシタ金で何をしろと?」
シンガ「ですよねぇ・・・、そろそろ帰りますね。ゲホゲホッ」
ネシア「せっかく来たんだから、そのハシタ金置いてけよ。悪いようにはしねぇから。なっ!」
なーんてことが話されたに違いないと想像していたら、驚愕の挑発動画が笑えるので、ご紹介しよう。
インドネシアがメディアを通じて、キィキィうるさいシンガポールを挑発


多少アジア訛が強くて聞き取りにくいかもしれないが、決して難しいことは言っていないので何度か聞けば聞き取れる。エキゾの国家間交渉予想が忠実に再現されている貴重な動画であるw 小島で小金持って、いい気になっていると、こういう時に国家としての力の差が出るのです。マリーナベイサンズだとか一人当たりGDPが日本を抜いたとかで日本では注目度が高いようですが、所詮シンガポールはこのような扱いを受けている国だということを知っておくべきです。そして、軽く一蹴したその相手は、インドネシアなのです。
アジア一国一愛人構想は、まず中国から始まり、タイへとインドシナ半島を南下し、現在インドネシアで展開させている。そこにシンガポール人なる空虚な国民(正確には国民ではなく市民だが)を入れたことはないだろう? ネット世論がこよなく愛してやまない韓国も残念ながらまだ範疇に入っていない。韓国を無視するわけではないが、アジア一国一愛人構想を韓国にまで広げるは、相当後になるだろう。なぜだと思うね?
日本を中心に考えると、海は隔てているものの、最も近い隣国ともいえるので、重要な外交先となるのは理解できる。また実質GDPで見てもそれなりの地位がある。(名目でも似たようなレベルなので単にGDPでも良いか・・・) GDP=経済=カネというものは大事な国家指標ではあるのだが、いざとなるとあまり役に立たない紙くずということを、インドネシアの挑発動画が教えてくれているのだ。
アジアから見ると、韓国の存在感は、かなり小さい。アジアの民の感覚もおそらくそうであろうが、それが直感的にわかるのは地図だ。東アジアと東南アジアをくっつけた地図を載せてみよう。
Asia-Map.png
中国があるな、ベトナムとかタイあたりが真ん中にあって、下のほう・・・大量輸送に必要な船と海という観点で、よく見るとすごい大きな範囲でインドネシアが横たわっているな・・・
自然にこう思えてくるだろう? これが東アジア・東南アジアの民の目線(単純平均)のアジアの地図と言えよう。先ほど「アジアから見ると」と述べた意味である。たかが一個人であるこの私の見解に対し、「お前にアジアの民の目線の平均が語れるのか?」と懐疑的な諸君には、さらにより確からしい情報をお届けしよう。日本最大の企業トヨタの海外子会社の資本金だが、(2013年有価証券報告書8-9ページより)アジア部分だけ抜粋すると、
Toyota-Subsidary.jpg
現地通貨建てでわかりにくいので、読者のために日本円にざっくり直すと、
インドネシア 2億円(?トヨタアストラで最低250億、トヨタ車体だけでも数百億は、あるはずなんだが・・・)
台湾 450億円
シンガポール 5億円
タイ 650億円
中国 400億円
※トヨタ通商のページに、トヨタグループ6社の、インドネシアでの40年以上にわたる累計投資額は、約27兆ルピア(内、トヨタは9兆490億ルピア)と書いてあるので、インドネシアの投資額はもっと多い。
このようになっている。これが最も簡単に見れるトヨタという大企業がアジアでのマーケティング・生産拠点として資本を振り分けた企業戦略の一つの指標とも言えよう。国と金額を見れば、私が提唱するアジア一国一愛人構想を思い出すだろう? シンガポール、泣けてきますw 韓国? どこ? トヨタさんほどの大企業ともあらば韓国に営業所くらいはあるだろう。だが、有価証券報告書では重要性の原則に基づき省略されてしまうほどの規模なので、仮にあったとしても、その他473社のどこかだ。アルカイダに続き、なんと巨人企業トヨタまでもがアジア一国一愛人構想を実行していたとは、驚いたわ。
俺は韓国が好きなわけでも、無視しているわけでもない。考えていることはトヨタと同じだ。韓国には省略をせざるを得ないほどの小さい金と時間しか使えないということだ。韓国たたきが好きなネット世論の支持者に、俺を見習えとは言わない。ただ、トヨタの考えを諸君らも見習ったらどうかね? それから韓国の可愛い女の子へ、僕は無視してるわけではないですからねー、いつでも遊びましょう~♪
【アジア関連記事】
2013.02.06 タイ全土落下傘計画 7/17 ~シラチャという街
2012.11.19 もっと知りたいインドネシア 3/3 ~文化
2012.09.11|第二次タイ攻略 13/15 ハーレムナイトからハーレムライフへ
2012.04.04|KTVデビューしました 3/5 ~タイ人と食べるタイ料理
2012.02.21: タイ旅行 5/11~タニヤのキャバ
2011.06.09: 歴史を騒がせた悪女たち6/7 ~東洋の悪女
2011.02.23: アジア発展の構図 ~アジア地域の特徴 1/4
2010.08.03: 一族家の教育 ~いろはにほへと
2010.04.20: アジアンルーレット
2009.11.30: アジア情勢を読む地図
2009.09.10: オタク川柳
2008.11.14: 国際観光動向考察による人民誘致戦略
2008.08.21: 東南アジア横断 ~総括 アジア覇者への道
2008.06.02: 男のロマン