ブログ7周年~米英に憧れていた俺

俺は一体いつまでこのブログ書き続けるんだろう…。ブログというネット媒体は衰退しているとは聞いているが、当ブログのアクセス数は毎年、着実に伸び続けているので、時代の流れは無視して書くことにしようか。私にとってブログを書くことは、自身の経験と思考を脳から引っぱり出し、現実に存在する文書化することで、思考や発言が明確になる、というメリットがある。特に読書、読んだ本を文章に書き起こすことで、その本に何が書いてあったのか?が明確に記憶に残り、本を読んだ後の自分の発言に影響を与える。
ブログを書くのを止めるとしたら、自分自身が原因で無く、外部要因、現在私設のサーバーで運営しているので、これが無くなって、他システムに移管ができないなどの問題が生じた時に、止めることになるかもしれない。しかし「インドネシアの物価、2012年時点でビンタンビアのコンビニ価格っていくらだったっけ?」という記録は、自分のブログで調べたり、質問を受けたら、知識や経験が文書化という再現性のある形で蓄積されているこのブログのリンクを送ったりしている都合上、無くなったら個人的にも不便だなぁ。
思い起こせば、よくもここまでアジアフォーカスした人間になったものだ。かくゆえ私も28歳まではニューヨークやロンドンで働くことに憧れていた金融業界に居がちな若者だったのである。有休と自費で、金融先進国であるニューヨークやロンドンのオフィスに行き、その最前線で働いている先輩方のお話を聞いたり、現地で雇われているプロフェッショナルの外国人たちと議論したりしていて、大きな刺激を受け、相変わらず香港やアジアには、1ミリの関心も無かった。
香港には関心が無いので、自費では行くつもりもなかったのだが、たまたま出張で香港に行った時、「せっかく香港まで出張に来たわけですから、仕事もして欲しいのですが、香港の街も見てください。」と言われ、街に出た私は衝撃を受けた。
1.清濁併せ飲む、タイクーン(超富裕層・三大華僑)と貧困層の共存。HSBC本店の1階にて。
2.中国経済・中国パワーの躍進。香港の街の活気とエネルギーに圧倒された。
3.アジアの富裕層は自国通貨を信用しない。金屋(ゴールドショップ)の存在と米ドル建て金融商品嗜好。
ロンドン・ニューヨークは観光には一切関心無かったのでホテルとオフィスの往復、つまりシティとウォールストリートを中心に活動していたのであるが、香港のセントラル金融街から歩いて5分で存在する、あの猥雑な街並みに衝撃を受けた。
イギリスのポンドもアメリカのドルも基軸通貨として君臨していた2大通貨であるから、その価値を改めて考えることは無かったのだが、中国元という中国人でさえ信用していない中国政府が担保している通貨、民間銀行(HSBC、中国銀行、スタチャン)が発券している香港ドル紙幣と接することで、通貨の信認というものを香港にて、生れて初めて考えさせられたのである。測度変換という測度論上の概念が現実世界とつながった瞬間でもあった。
今にして思えば、日本は先進国で日本円はフリーフロート(変動相場制)、通貨規制無しなので、日本とアメリカ・イギリスの差より、日本と中国の差が大きいので、違いが大きい分だけ、学ぶものが大きかったのだけのことなのである。金融的に日本より遥かに遅れた中国・香港・アジアから学ぶものなど何も無いと思い込んでいた当時の私は、自分の認識の甘さと考えの浅さを思い知らされたのである。


実生活で言うなれば、同業種・同職種の似た者同士だけの世界で生きるよりも、赤ちゃんや子供、あるいは想像絶するくらい貧乏で頭の悪いフィリピンのキャバ嬢のような連中と接すると、その差が大きい分だけ、新たな発見と発想が生まれやすいのである。もう少し高次元で真面目な話で例えるならば、
2010.07.23 数学を使わないオプション解説 GammaとVegaは何が違うの?
こんな疑問はデリバティブのプロ同士の会話ならありえないのであるが、ズブの素人だからこそしてくる質問で、その回答に、一つの記事が生まれる生産性がある。
以上が、私が(=このブログが)、アジアにフォーカスすることになった起源である。
さて、去年宣言したように、今年からはユーザー(読者)による記事別のアクセス数ランキングは廃止する。アクセス数は客観指標であり、民主的な結果ではあるものの、大衆の関心はあまりにもくだらない記事に集中するものだからである。2013年11月24日~2014年11月23日の記事の中から、私の主観による力作をピックアップした。
今年一番の観光地
2014.06.27 中国全土落下傘計画 湖南省編 6/10~天門山の絶景
中国湖南省・張家界(チョウカカイだが中国語で読むとジャンジャンジェー)の天門山・国家森林公園の岩山
日本ではあまりメジャーでは無い観光地だが、なかなかの絶景なので、お薦めしたい。私は”中国のマネキネコ猫ちゃん”という地元の協力者がいたため、一切の不快感なく楽しむことができたが、上海や北京に比べれば田舎なので、悪い人も少なく(ゼロじゃないぞ)安全と予想される。またトィチー(納豆と味噌の中間のような食べ物)を多用した湖南料理も美味だ。
今年一番の稀少体験
2014.02.03 人民元売却計画ステージ2 4/16~翡翠市場
中国広東省広州にて、翡翠の商取引の現場に潜入した時の記録である。消費者向けの小売ではなく、バイヤー向けの市(イチ)にて、中国語、価格交渉力、そして石を見定める目が必要となる。あっ、私はその全てが無いのですが、お友達の翡翠社長はそれがあるので、それを後ろで見ていただけなんですけどねw
今年一番の独創的解釈
2014.02.25 株のBuy&Hold戦略が持つGamma Long性
株のBehaviorをデリバティブ的に解釈してみたわけであるが、あまりの基地外発言に、誰も理解できないかと思いきや、一部のプロフェッショナルからは、「非常にわかりやすく株の動きを説明している」とおほめいただいた。株やデリバティブを全く理解していない素人にはただ混乱させるだけの記事で、これを読むことで理解が深まったり、新たな知識を得ることはない。株やデリバティブを元々よく理解している人が、「ああ、こういう説明もある、こういう風に説明すればいいんだ」と確認・再認識するという価値しかない。このブログは一般公開している(=不特定多数相手)ものの、そういう教養ある読者を想定しているということです。
今年一番のオモシロ画像
2014.10.21 中国のエネルギー事情 3/6~輸送経路(パイプライン地図は重要だ、今回は読んどけ)
画像というより地図です。中国のエネルギー戦略、パイプライン敷設計画を視覚的に、たった10秒ほどで見ることができるのがこの地図です。忙しい人こそ見ておいてください。
今年一番の共感
2014.10.10 日本人へ 国家と歴史篇 4/6~脱・円中立速度
外住み長い人から見た日本。なので国内に住んでいる人よりは、永住組、長期滞在者が読むと、ウンウンと思える内容です。これもB&HのGamma Longの記事と同じで、読んでためになるのは国内居住の人間なのだが、多分、読んだだけでは感覚を理解できずに終わると言うジレンマがある。

日本人へ 国家と歴史篇
日本人へ 国家と歴史篇 塩野 七生

文藝春秋 2010-06-20
売り上げランキング : 21813

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今年一番お薦めの本
2014.11.04 株式投資の未来 1/5~成長(グロース銘柄)の罠
シーゲル先生。書いてあることは当たり前のことなのだが、よく表現できている名著。買っても損は無い本でしょう。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす ジェレミー・シーゲル 瑞穂 のりこ

日経BP社 2005-11-23
売り上げランキング : 49045

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【過去の記念記事】
2013.11.24: ブログ6周年
2012.11.24: ブログ5周年
2011.11.24: ブログ4周年
2010.11.24: ブログ3周年
2009.11.24: ブログ2周年
2008.11.24: ブログ1周年
2007.11.24: